命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
毎年恒例、コント「何でもひな壇」
   今日は、3月3日。今年や昨年からの読者の方も多いでしょうから、一昨年まで恒例であったひな壇コントを何度目かで掲載してみます。(われながら実にばかばかしいと思います)

 2009年3月4日

ウ「昨日は、ひな祭りだったな」
ヤ「オレ、今年も新しいひな壇考えたぞ」
ウ「またかよ?今度はどんなんだ?」
ヤ「危機の時代のひな壇だ
ウ「なんだそれ?」
ヤ「第5回日本伝道会議のテーマは危機の時代における宣教協力だからな」
ウ「危機の時代を表現したひな壇ってわけか」
ヤ「まあ、そういうことだ。見てみろよ。この設計図

ウ「おまえ、何で内裏と雛が背中合わせなんだよ」
ヤ「いや、熟年離婚間近で、家庭内別居状態なんだ」
ウ「いきなり家庭の危機かい!」
ヤ「どうだ、すごいだろう」

ウ「右大臣が天井からひな壇に降りてくるのは何だよ?」
ヤ「天下り・・・」
ウ「じゃあ、すぐに右大臣から左大臣に移るのはなんでだよ?」
ヤ「わたり・・・」
ウ「おい、大臣達は元官僚かよ!」
ヤ「二度にわたる退職金はすごいぞ」
ウ「そんなのとっとと廃止しろよ」

ヤ「三人官女は全員欠席だ」
ウ「どうしたんだ」
ヤ「高齢になった親たちの面倒をみているんだ」
ウ「なんだよ、それ?」
ヤ「これがホントの三人介護・・・」
ウ「高齢者の介護問題かよー」

ヤ「五人囃子はどうだ?」
ウ「おまえ、四人しかいないだろ?」
ヤ「おっとどっこい、壇の下で一人笛吹いてるだろ?」
ウ「四人と思ったら五人かよ?」
ヤ「というわけで、これがホントの誤認囃子・・・」
ウ「でも、何で一人だけ壇に乗らないんだ」
ヤ「派遣社員でお囃子雇ってたんだけど、維持が大変で、人権費削減のため、リストラされたんだ」
ウ「おいおい、次は派遣切りかよ!祭りより雇用確保だろうが」
ヤ「壇の下で笛吹いているのは、今日はボランティア参加。何でも職安の帰りらしいぞ」

ウ「桃の花も、もう散ってるな」
ヤ「ああ、温暖化の影響でひな祭りのかなり前に満開。今は散ってしまったぞ」
ウ「牛車も壊されているな」
ヤ「タクシー強盗が多発していてなー」
ウ「ひし餅はどうしてゴミ箱に入ってるんだ?」
ヤ「原料が汚染米だと発覚してさー」
ウ「相変わらずの食品偽装かよ」
ヤ「どうだ、危機的なひな壇だろう?」

ウ「家庭・政治・高齢者介護・雇用問題・環境問題・犯罪多発・食品偽装とどの壇も危機ばかりだな
ヤ「これが危機の時代のひな壇だぞ」
ウ「どうも暗いと思ったら、ぼんぼりの灯りも消えてるじゃないか」
ヤ「どうしてだと思う?」
ウ「何か理由があるのか?」
ヤ「この危機の時代に灯りをともすのが福音宣教だろ?」
ウ「なるほどな、うまいこと言うな」

ヤ「というわけで、第五回日本伝道会議アピールコントでした」
ウ「コラ!勝手にコントなんかでアピールするな!」


 ロックひな壇2007バージョン

ファンキー「今日はロックひな壇だ」
ヤンキー 「ひな祭りなら、もう先週終わってるぞ 」
ファンキー「ブログのアクセス数が今月のトップだから、無理やり続編だ」
ヤンキー 「なら、聞いてやろう」
ファンキー「お内裏様とお雛様、英語なら何だ?」
ヤンキー 「まあ、キングとクイーンか?」
ファンキー「だから、最上段はキングクリムゾンとクイーンだ。」
ヤンキー 「最上段重すぎ!そもそも全員乗れるのか?いきなりひな壇倒壊だぞ」
ファンキー「右大臣はジミヘンで左大臣はクラプトンだ」
ヤンキー 「ブルースセッションかよ。ボンボリでギター燃やしそうだな」
ファンキー「三人官女はクリームだ」
ヤンキー 「暑苦しいひな壇だなー。せめてポリスにしてくれ」
ファンキー「五人囃子は誰だと思う?」
ヤンキー 「ツェッペリンか?」
ファンキー「四人だろ」
ヤンキー 「じゃあ、ビートルズだ」
ファンキー「それも四人だろ」
ヤンキー 「エプスタインは五人目のビートルズだぞ。」
ファンキー「だめだめ。マネージャーは除外」
ヤンキー 「じゃあ、五人囃子はどのバンドなんだ?」
ファンキー「初期のジェネシスだ」
ヤンキー 「なんでだ?」
ファンキー「ガブリエルが牛車で登場して重箱かぶって歌うんだ」
ヤンキー 「マニアックな落ちだな・・・・」


 ロックひな壇2008年バージョン

ファンキー「昨年は反省点も多かったが、今年のロックひな壇完璧だぞ」
ヤンキー 「じゃあ、言ってみろよ」
ファンキー「お内裏様は、最高権力者だから、殿様キングス
ヤンキー 「それ、演歌だろ?」
ファンキー「お雛様は姫だから、かぐや姫
ヤンキー 「それも、フォークだろーが」
ファンキー「どうだ、最上段すごいだろ?」
ヤンキー 「それのどこがロックなんだよ?」

ファンキー「右大臣はライトハンド奏法の代表、ヴァン・ヘイレンだ」
ヤンキー 「ようやくロックらしくなってきたな・・・」
ファンキー「左大臣は左手でギターを弾く松崎しげるだ
ヤンキー 「・・・それロックかよ?」

ファンキー「そして、今年の三人官女はすごいぞ!」
ヤンキー 「クリームやポリスでなくて、今年は女性なんだろうな?」
ファンキー「当たり前だろう?女性のロックトリオだ」
ヤンキー 「そんなのいたか?」
ファンキー「聞いて驚くなよ・・・・ゴーバンズだ!」
ヤンキー 「確かに女性トリオだが、もう、誰も覚えてないぞ。それに日本人バンドだろうが!読者がグーグル検索するぞ・・・」

ファンキー「今年の五人囃子も完璧だぞ」
ヤンキー 「どこがどう完璧なんだ?」
ファンキー「ちゃんと笛も太鼓もいるぞ」
ヤンキー 「そんな5人のバンドあったけ?」
ファンキー「それがあるんだよなー。」
ヤンキー 「誰だ?」
ファンキー「ブルーコメッツ!フルートもドラムもあって5人だろう?」
ヤンキー 「それはGSだろうが。ロックじゃないだろう」
ファンキー「オレ、はずしてるか?」
ヤンキー 「演歌にフォークに、歌謡曲、もう、はずしまくりだろうが!」

ファンキー「まあ、そう怒るなよ。今年は最後にばっちり決めてやるから」
ヤンキー 「ちゃんと決めろよ」
ファンキー「やっぱり、ひな祭りといえばボンジョビだよな?」
ヤンキー 「どうしてだ」
ファンキー「歌にもあるだろう、♪灯りをつけましょボンジョビに・・・・って。」
ヤンキー 「それは、ボンボリ!」

ファンキー「どーもー、失礼しましたー!」


 2007年3月 フォークひな壇

ヤンキー 「対抗してフォークひな壇考えたぞ」
ファンキー「どんなだ?」
ヤンキー 「内裏と雛はチェリッシュだ」
ファンキー「オレは山下達郎、竹内まりや夫妻がいいな」
ヤンキー 「右大臣が吉田拓郎で左大臣が泉谷しげるだ
ファンキー「二人でボンボリ倒してひな壇燃やしそうだなー」
ヤンキー 「三人官女は、かぐや姫だ」
ファンキー「それ男だろ、女性シンガーで三人そろえろよ」
ヤンキー 「姫だからいいんだよ。」
ファンキー「強引だなー、じゃあ、五人囃子は?」
ヤンキー 「えーっと、オフコースって何人だっけ?」
ファンキー「おまえ調べとけよ。ほかのグループにしろよ」
ヤンキー 「じゃあ、チューリップって何人だっけ?」
ファンキー「しらねーよ、そんなの」
ヤンキー 「じゃあ、五つの赤い風船ってことで」
ファンキー「人数が合ってりゃいいのかよ!」
ヤンキー 「なんか、70年代フォークひな壇だな」
ファンキー「ところで松山千春は入っていないのか?」
ヤンキー 「ちゃんと入ってるぞ。」
ファンキー「どの人形なんだよ」
ヤンキー 「ボンボリ
ファンキー「・・・・」
| ヤンキー牧師 | コント集 | 13:52 | - | - | - | - |
バレンタインデーについての一考察(4度目の掲載)
  三年前の記事をまたまた掲載。当時の世相を反映しており、懐かしさを感じたり、もう通用しなかったり・・。では、笑ってやって下さい。

ウンチク「そういえば14日はバレンタインデーだな。」
ヤンキー「まあ、俺には関係ないぞ。」
ウンチク「いきなり敗北宣言かよ。」
ヤンキー「余計なお世話だ。それに教会には関係ないだろ?」
ウンチク「でも元来は、ローマ皇帝が兵士の結婚を禁止する中、結婚の司式をして殉教したバレンタイン司教の命日が由来らしいぞ。」
ヤンキー「そうなのか?全く教会と無関係ではないんだな」

ウンチク「でも、愛の殉教という起源などどこへやらだな?」
ヤンキー「やはり、チョコレートメーカーの戦略かよ?」
ウンチク「年間売り上げの2割がこの時期らしいぞ。大儲けだよな」
ヤンキー「それに年々、チョコを渡す範囲を広げてるよな」
ウンチク「見事なマーケット拡大だな」
ヤンキー「昔は本命だけだったよな?」
ウンチク「まずは義理チョコで、マーケット拡大」
ヤンキー「昨年は、友チョコで女性同士もマーケット拡大」
ウンチク「今年は逆チョコとかいって、さらにマーケット拡大」

ヤンキー「オレなんか、もらった板チョコを空けたら、中はカレールーだったぞ」
ウンチク「何だよ、それは?」
ヤンキー「逆チョコならぬ、ギャグチョコ
ウンチク「・・・・カレールー、そのままかじってろよ」

ヤンキー「でもよー。これからはどうマーケット拡大するんだろうな?」
ウンチク「まあ、いろいろ戦略を考えているんだろう」
ヤンキー「いっそのこと全国民がチョコもらうってーのはどうだ?」
ウンチク「何だよ、それ?」
ヤンキー「・・・・定額給付チョコ。これで内閣支持率もアップ!」
ウンチク「衆参共に即否決、世論も猛反対だぞ」

ヤンキー「じゃあ、福祉目的チョコ」
ウンチク「チョコである必然性ないだろーが」
ヤンキー「ならば、国際親善チョコ。世界に広げようチョコレートの輪!」
ウンチク「おまえは国連大使かよ?他の食文化もあるだろーが」
ヤンキー「じゃあー、工業用チョコということで、塗料として・・・」
ウンチク「今度は農水省かよ?お菓子の家の壁でも塗ってろよ。アリだらけだぞ。」

ヤンキー「そういえば、チョコを具にしたおにぎりをコンビニで見たぞ!」
ウンチク「そんなわけないだろ?ミエミエの嘘つくなよ」
ヤンキー「本当だって!」
ウンチク「じゃあ、パッケージになんて書いてあったんだ?」
ヤンキー「かかお
ウンチク「おまえ、それ、おかかだろ?」
ヤンキー「あれっ・・・・右から読んじゃった。でも、チンしたらチョコが溶けてうまいかも」
ウンチク「どうも、溶け出しているのはチョコではなくてオマエの脳みその方らしいな」
ヤンキー「・・・・・」
| ヤンキー牧師 | コント集 | 11:37 | - | - | - | - |
四年連続掲載コント「大晦日」
  大晦日恒例、お約束のコントを4年連続掲載です。

ヤンキー牧師とファンキー牧師のショートコント「大晦日」

ヤンキー 「もういくつ寝るとお正月だな
ファンキー「いくつって、一つしかないだろ!数えるなよ」
ヤンキー 「お正月には凧あげるんだよな」
ファンキー「今時、誰もあげねーよ」
ヤンキー 「コマを回して遊びましょうだよな」
ファンキー「コマなんか回さねーよ、はやりのゲ−ムだろ」
ヤンキー 「早く来い来い、お正月だよな」
ファンキー「だから、明日だって言ってるだろ!」

ヤンキー 「そうか、明日か。すると今日は大晦日だな」
ファンキー「今夜は教会で何かプログラムあるのかよ?」
ヤンキー 「おう、あるぞ」
ファンキー「何だよ?」
ヤンキー 「紅白対抗賛美合戦&新年カウントダウンだぞ」
ファンキー「おまえらしいミーハーな企画だな」
ヤンキー 「悪かったな、一度ぐらいおまえも来いよ」
ファンキー「行ってやってもいいが、カウントダウンの後はどうするんだ」
ヤンキー 「ラーメン食べるんだ」
ファンキー「おいおい、年越しはそばじゃないのかよ?」
ヤンキー 「それが、おっとどっこいラーメンなわけよ」
ファンキー「何でラーメンなんだよ?」

ヤンキー 「実はゲームでさー、みんな目隠ししてラーメン食べるんだよ」
ファンキー「どんなゲームなんだ?」
ヤンキー 「そのラーメンがどんな味か、当てるんだよ
ファンキー「醤油とか味噌とか、塩とかトンコツとかか?」
ヤンキー 「そうだ」
ファンキー「そんなの誰でもわかるだろうが!」
ヤンキー 「それでいいんだよ」
ファンキー「なんだそりゃ?」
ヤンキー 「毎年、味噌ラーメンに決まっているんだ」
ファンキー「何だ、決まってるのかよ」
ヤンキー 「みんな、目隠ししながら一口食べて、思わず言うんだ」
ファンキー「何て?」

ヤンキー 「おお、味噌かって(大晦日)」

ファンキー「おれ、やっぱり帰るわ。紅白見よ・・・」
ヤンキー 「・・・・・・」

 というわけで皆さん、よいお年を。
| ヤンキー牧師 | コント集 | 10:30 | - | - | - | - |
コント「フライング福袋」
ヤンキー牧師と ウンチク牧師のコント「フライング福袋」

ヤンキー「おまえ、フライング福袋って知ってるか?」
ウンチク「ああ、年内に福袋を売り出す店とかが登場したんだろ」
ヤンキー「何でも、新年の福を先取りするってコンセプトらしいぞ」
ウンチク「なるほどな」
ヤンキー「それで、おれも、フライング考えてみたぞ」
ウンチク「またかよ?仕方ないから聞いてやるよ」

ヤンキー「まずは、フライング書初めだ
ウンチク「それ、何か意味あるのかよ?」
ヤンキー「じゃあ、フライング福笑い
ウンチク「ひとり寂しくやってろ」
ヤンキー「これならどうだ?フライング初夢
ウンチク「悪夢にうなされてろ」
ヤンキー「これで決まりだ!フライングおせち料理!」
ウンチク「待ちきれずに、つまみ食いしてるだけだろ!」
ヤンキー「まあ、そういうことだけど・・・・」

ウンチク「他にはないのかよ?」
ヤンキー「教会でもフライングはどうだ」
ウンチク「また、ろくでもないことだろう」
ヤンキー「いいや、新年の祝福を先取りして、フライング元旦礼拝だ」
ウンチク「それは、無理だろ」
ヤンキー「どうしてだ」
ウンチク「来年の元旦は日曜だぞ」
ヤンキー「そうか、フライングしても、元旦は主日礼拝か・・・・」

ウンチク「そもそもおまえが牧師していること自体がフライングだろーが」
ヤンキー「オレは、ボルトかい?フライング一発で失格かい?」
ウンチク「まあ、おまえの伝道者生涯も短距離走になりそうだな」
ヤンキー「・・・・・・・」
| ヤンキー牧師 | コント集 | 17:01 | - | - | - | - |
コント「家政婦のミタ姉妹」

牧師「先週の礼拝は休んだようだけど、どこで何してたの?家政婦の仕事?」
三田「消費・・・・しました
牧師「買い物してたんですか?それで、今日は何してたの?」
三田「消費・・・・しました
牧師「大丈夫?買い物依存症じゃない?これから何するの?」
三田「消費・・・・

牧師「うーん、クリスチャンはね、消費行動で自己確認したり、消費で心を満たすんでなくて、神様との関係で、自己確認や心を満たすんだよ。」
三田「牧師様、それは業務命令でしょうか?」
牧師「あのねー、神様と人の関係も、人相互の関係も、そういう機械的関係でなくて、人格的関係なんだけどなー」
三田「申し訳ありませんが、わたくしには理解ができません。」

牧師「だいたいねー、あなたの笑顔見たことなんだけど、主にある喜びとかあるの?」
三田「牧師様、わたくしにはそのようなものは想像もできません」
牧師「クリスチャンなら、救われた喜びがあるはずだから、一度笑ってごらん
三田「できません」
牧師「心でイエス様を思ったら、喜びが湧いて、笑顔になるからさー」
三田「どうしても笑えとおっしゃるなら、教会生活、お暇をいただきます

牧師「おいおい、これは重症だな。姉妹、これからは、主にある本来の自分を回復していただくため、定期的にお会いして、一緒に祈りましょうね」
三田「承知・・・・しました

〜数ヵ月後〜

牧師「いやー、数ヶ月前とは別人だねー」
三田「牧師様や信徒の皆様の愛とお祈りのお陰で、わたくしにもようやく一筋の光が見えてまいりました」
牧師「今日は、三田姉妹が笑顔で賛美しいてる姿を見て、感激したよ」
三田「(笑顔で)勝利・・・・しました

| ヤンキー牧師 | コント集 | 19:52 | - | - | - | - |
コント「変えられる恵み」

 リ=リョウシキ牧師、ヤ=ヤンキー牧師

ヤ「俺たち牧師にとっては信徒が成長して変えられていくのが大きな喜びだよな」
リ「おまえ、今日はまともなこと言うな」
ヤ「誰でもキリストにあるなら、新しく造られるというのは本当だよな」
リ「そうだな、そこに牧師のやりがいの一つがあるよな」
ヤ「栄光から栄光へと主の似姿に変えられるって約束も本当だよな」
リ「まあ、おまえなんか、分かりやすい典型かもな」
ヤ「俺の場合、前がひどかったからなー」
リ「結構、名残も残ってるしなー」
ヤ「それは、言うなよ。現在も変化は進行中なんだから大目に見ろよ。」

リ「本当に別人のようになる信徒っているよなー」
ヤ「そういう信徒が起こるたびに、別人として番号をつけたらどうだ?」
リ「何だよ、それ?」
ヤ「一人目は、別人1号で、二人目は別人2号だ」
リ「そんなことして、どうなるんだよ」

ヤ「俺の牧する教会の正会員は、28人だぞ」
リ「それがどうしたんだ。」
ヤ「全員が主にあって、別人のように変えられるのが俺の目標だぞ」
リ「それは、志が高いなー」
ヤ「最後の正会員が、別人に変えられたらすごいぞ」

リ「何がすごいんだよ」
ヤ「これが、ホントの別人28号(鉄人28号)だ。」
リ「・・・・・・」
ヤ「どうだ、すごいだろー」
リ「信徒をリモコンで、操縦するなよー」

| ヤンキー牧師 | コント集 | 08:27 | - | - | - | - |
納涼コント「流しそうめん」を再掲載
 能登はよいところであります。昨夜は、中高生キャンプで夜店が出るというすごさ。かき氷、焼きマシュマロ、花火に水風船つり、さらには本格的なライフル銃での射的は迫力ありました。もちろんおもちゃの空気銃ですが。今日の昼食は豪華流しそうめん。充実のトッピングに感動。というわけで、読者の皆様には、せめて流しそうめんの納涼感だけでもお分かちできればと願い、かつての思いっきりしょーもないコントを再掲載。


残暑お見舞い申し上げます。
読者の皆様にお送りするヤンキー牧師とオタク牧師の納涼コント「流しそうめん」

ヤンキー「この前、礼拝後の流しそうめん、盛り上がったよな。」
オタク 「食べ物を流して涼しさを味わうという日本文化の発想はすごいぞ。」
ヤンキー「きゅうりの細切り、プチトマト、うずら卵まで流れてきたのは、感動したな。」
オタク 「あれを流したのはオレだぞ。」
ヤンキー「そうか、プチトマトに混ざってスーパーボールが流れてきてさー、オレ食っちゃまったぞ。」
オタク 「それもオレが流したんだ。」
ヤンキー「おまえ、何考えてんだ?」
オタク 「受けるかと思ってさ・・・」

ヤンキー「まあ、楽しかったけどな。」
オタク 「オタクのオレとしては、他の麺類も流したかったな。」
ヤンキー「何を流すんだ?」
オタク 「パスタ類。」
ヤンキー「・・・・・」
オタク 「流れカルボナーラなんて最高だろ?」
ヤンキー「流れねーよ!」

オタク 「じゃあ、カレーうどんだ。」
ヤンキー「暑苦しいだろーが!」
オタク 「冷やしスープカレーで流せばいいだろう。」
ヤンキー「そうめんは清流で涼しいけど、それじゃあ濁流だろう。」
オタク 「トッピングで一口カツやエビフライも流すと壮観だぞ。」
ヤンキー「それじゃあ、原油漏れのタンカーの風景だろ。」
オタク 「最後に真っ赤な福神漬けを流せば拍手喝さいだぞ。」
ヤンキー「大ひんしゅくだよ!もっと、ひんやりするもの流せよ。」

オタク 「じゃあ、あれしかないな・・・・」
ヤンキー「何だよ?あれって・・・・」
オタク 「夏にひんやりと言えばあれしかないだろ?」
ヤンキー「だから何だよ。」
オタク 「妖怪・・・・・」
ヤンキー「おまえ、まさか鬼太郎のオヤジ流すんじゃないだろうな?」
オタク 「・・・・・・」
ヤンキー「やっぱりそうかよ。おまえ、何考えてんだ?」
オタク 「これがホントの流し目だ。」
ヤンキー「・・・・・・」

オタク 「どうだ、涼しいだろう?」
ヤンキー「オレにはオヤジのウォーター・スライダーにしか見えないぞ。」
オタク 「じゃあ、他の妖怪を流そうか?砂かけ婆とか一反もめんとか・・・」
ヤンキー「保健所呼ぶぞ。」

残暑厳しい折り、食中毒にはご注意下さい。

 

サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
| ヤンキー牧師 | コント集 | 17:47 | - | - | - | - |
コント「K−POPブーム」
 ヤ:ヤンキー牧師  フ:ファンキー牧師

ヤ「最近は、K−POPが大ブームのようだな」
フ「まあ、電通が流行らせているという話しもあるようだがな」
ヤ「そうなのか」
フ「おまえ、少女時代とか知っているか?」
ヤ「ああ、知ってるぞ、最初見たときはビックリしたぞ」
フ「どうしてだ?」
ヤ「女子十二楽坊って、こんなにダンスうまかったっけ?とビックリだったな」
フ「おまえ、完全に時代から取り残されているな」

ヤ「でも、KARAなら知ってるぞ、テレビで何度も観たぞ」
フ「そうか、おまえはどう思うんだ?」
ヤ「J-POPも負けずに頑張って欲しいと思うぞ」
フ「どう、ガンバりゃいいんだよ?」

ヤ「おう、ちゃんと考えたぞ。KーPOP対向型のJーPOPユニットを!」
フ「またかよー、長い付き合いだから聞いてやるよ。言ってみろよ」

ヤ「まずは西田敏行と上島竜平のユニットでKARAに対抗だ」
フ「何だよ、そのユニット」
ヤ「名づけて”KABA”」
フ「・・・・・」
ヤ「KARAのヒップダンスに対抗できるのは、KABAの腹踊りだ。どうだすごいだろう?」
フ「そんなの誰も観たくねーよ、暑苦しいし」

ヤ「じゃあ、ゆるキャラの遷都君と鹿たちでユニット結成だ!」
フ「なんだよ?そのユニット・・・・」
ヤ「KARAに対抗してNARAだ・・・」
フ「それ、ゆる過ぎ!」

ヤ「じゃあ、農村系ユニット、WARAとか・・・」
フ「素朴すぎ!」
ヤ「それなら、脱力系ユニット、DARAとかはどうだ・・・」
フ「それ、単なる無気力系だろーが」
「妖怪人間系ユニット、BERAってーのは?」
フ「それじゃあ、ホラーだろ、人間になってからデビューしろよ」

ヤ「やっぱり、だめかなー」
フ「牧師なんだから、少しは宣教的なの考えろよ」
ヤ「じゃあ、キリスト教式婚活ユニット”KANA”ってのはどうだ?」
フ「どんなメンバーなんだよ?」
ヤ「男女のデュオで、デビュー後何年かしたら、二人が教会で結婚するんだ」
フ「それはとっくの昔に、ヒデとロザンナやチェリッシュがしてるだろ?」
ヤ「そうだっけ?」

フ「相変わらず発想が貧困だな」
ヤ「いやー、そう言われてもなー」
フ「まあ、オマエの場合、頭の中身が”KARA”だよな」
ヤ「それは最高だな。今度の牧師会は、オレが頭振りダンスでデビューだ!」
フ「見ているほうが、別の意味で頭痛がするわ」

サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉

| ヤンキー牧師 | コント集 | 09:15 | - | - | - | - |
過去の七夕記念特別コントを再度掲載
 よく考えれば本日は7月7日、過去のコントを読み返したら、あまりにばかばかしくて、再度掲載することにしました。呆れるか笑うかはご自由に。

 2007年7月8日
 ヤンキー牧師とオタク牧師の七夕コント(1)
「誰も知らないウルトラマンの苦労」

オタク 「そう言えば、昨日は七夕だったな」
ヤンキー「近所の子どもが短冊に『ウルトラマンになれますように』って書いてたぞ」
オタク 「それは大変だぞ!」
ヤンキー「どうしてだ?」
オタク 「もし、本当にウルトラマンになったらどうするんだ?」
ヤンキー「なれたら最高じゃないのか、正義の味方でかっこいいぞ」
オタク 「お前は、ウルトラマンの苦労が分ってないな」
ヤンキー「そういうお前は、分っているのかよ」
オタク 「オレは、ウルトラ一家のフィギュア全部持ってるぞ」
ヤンキー「さすがオタク牧師だな」

オタク 「一般視聴者は知らないだろうが、ウルトラマンは大変なんだぞ」
ヤンキー「着ぐるみの中で汗まみれだからか?」
オタク 「そういう、デパートの屋上でウルトラマンのファスナー下ろす子どものようなことを言うなよ。」
ヤンキー「じゃあ、何が大変なんだ?」
オタク 「まず、責任が重大だ
ヤンキー「人類存亡の危機がかかっているからな。ウルトラマンもストレスで胃潰瘍かもな」

オタク 「それから、戦いの連続だ。命がけだぞ。」
ヤンキー「確かに手ごわい怪獣も多いからな、危機一髪の場面もあるしな。」
オタク 「さらに、ウルトラマンの働きは損得勘定抜きだ。あれは時間外の特殊勤務だろうが」
ヤンキー「そうか、普段は一隊員だからな。」
オタク 「怪獣退治しても、手数料も特別勤務手当ても出ないぞ、それってあんまりだろう」
ヤンキー「まあ、愛と正義のボランティアなんだろうな。」
オタク 「しかも、怪獣退治が毎週だぞ、毎週の命がけは結構きついぞ」
ヤンキー「そうだな、ウルトラマンの苦労が少し分ってきたぞ」

オタク 「そうだろ、でも一番つらいのは時間制限があることだ」
ヤンキー「確かに怪獣退治の時間制限が三分というのはあんまりだな」
オタク 「しかも、毎週、カラータイマーを点滅させて、冷や汗ものの勝利だぞ」
ヤンキー「ウルトラマンも体がもたんよなー、心労が多すぎだな」

オタク 「ようやくウルトラマンの苦労が分ったようだな」
ヤンキー「確かにいくら子どもとは言え、短冊に『ウルトラマンになれますように』は甘すぎるな、覚悟がなさすぎだ。」
オタク 「そうだろう。だからオレはウルトラマンの退職年金制度を提案するぞ。教団の福利厚生委員会に訴えよう」
ヤンキー「・・・・・・・オレはお前の牧師退職を提案したいよ」


 2007年7月9日

ヤンキー牧師とオタク牧師の七夕コント(2)
「信徒ウルトラマン化計画」

オタク 「昨日の話覚えてるか?」
ヤンキー「子どもが七夕の短冊に『ウルトラマンになれますように』って書いた話だろ?」
オタク 「そうそう、それで思ったんだ。」
ヤンキー「何を?」
オタク 「やっぱりクリスチャンはウルトラマンでなくてはならないな。」
ヤンキー「お前、ついにオタクが高じて、聖書の教理を逸脱したのかよ?」
オタク 「まあ、オレの話を聞いてから批判しろよ。」
ヤンキー「じゃあ、聞いてやるよ。」

オタク 「昨日話したウルトラマンの大変さはクリスチャンが負うべき使命と共通しているんだ。」
ヤンキー「どこが?」
オタク 「まず、クリスチャンは責任が重大だ。」
ヤンキー「人類存亡がかかっているのかよ?」
オタク 「世界宣教という観点からすれば、人類の存亡がかかっているはずだ。一人のクリスチャンは周囲の人たちの永遠レベルでの存亡に責任があるだろうが。」
ヤンキー「まあな」
オタク 「それから、ウルトラマンもクリスチャンも戦いの連続だ。命がけだぞ。」
ヤンキー「クリスチャン生活は一面では、罪と世とサタンとの戦いだよな。」
オタク 「そうだろ。」
ヤンキー「じゃあ、必殺技はスペシウム光線か?」
オタク 「まあ、クリスチャンのスペシウム光線は、祈りと御言葉だな。」
ヤンキー「見事なこじ付けだな。」

オタク 「さらに、ウルトラマンの働きは損得勘定抜きの時間外の特殊勤務だぞ。クリスチャンの宣教や奉仕も同じだろう。」
ヤンキー「確かに社会的な働きをしながらも、犠牲を払って、損得なしで自発的にするもんだよな。」
オタク 「しかも、怪獣退治が毎週のようにクリスチャンの勝負も週ごとだろ?」
ヤンキー「礼拝と宣教は一週間のサイクルだな」

オタク 「そしてクリスチャンにも時間制限があるぞ」
ヤンキー「そうか?3分で個人伝道して決心に導くのか?」
オタク 「何言ってんだ!地上の生涯がクリスチャンの期限だろう」
ヤンキー「3分に比べれば、大した時間制限じゃないだろう。余裕だぜ。」
オタク 「そうか?3分が短くで一生が長いなんて甘いぞ。永遠の視点から見れば、3分も一生も一瞬だろ。どちらも浪費できるはずがないぞ

ヤンキー「何か、お前のこじ付けに妙に納得してしまう自分が怖いな。」
オタク 「ようやく、分ってきたようだな。オレは言いたい。『すべてのクリスチャンたちよ、ウルトラマンたれ』と」
ヤンキー「それって面白いな。」
オタク 「そうか?じゃあ、来週から講壇にウルトラマンのフィギュア置いてみるわ。」
ヤンキー「オレ、カラータイマーが点滅してきたから、帰るわ」



サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」


| ヤンキー牧師 | コント集 | 16:47 | - | - | - | - |
コント「高校生レストラン」
ヤンキー牧師とリョウシキ牧師のコント「高校生レストラン」

ヤ「高校生レストランが話題だな」
リ「おまえ、またおかしなこと考えたんだろ」
ヤ「よくわかったな」
リ「聞いてやるから言ってみろよ」

ヤ「オレが考えたのは、高校生レストランならぬ高校生テスト・ラン
リ「車の試運転かよ?」
ヤ「そう、高校生が車の性能を試すために、走行するんだ」
リ「それって、無免許だろ?」
ヤ「あっ、そうか・・・・」

リ「もう少し現実性のあるの考えろよなー」
ヤ「じゃあ、高校生レストランならぬ高校生ヒットエンドランだ」
リ「なんだよ、それ?」
ヤ「高校生バッターが打って、高校生ランナーが走るんだ」
リ「それって、ただの高校野球だろ?」
ヤ「あっ、そうか・・・・」

リ「高校生である利点があるやつ考えろよ」
ヤ「じゃあ、高校生レストランならぬ高校生デストロンだ」
リ「仮面ライダーV3かよ?」
ヤ「そう、世界征服を企む悪の高校生軍団だ」
リ「で、そいつら何すんだよ?」
ヤ「正解征服を阻む正義の味方仮面ラーダーV3を倒すため、次々と怪人を送り出すんだ」
リ「どんな怪人なんだよ?」
ヤ「成績不振怪人・赤点ダーとか」
リ「単なる勉強苦手の高校生だろ?」
ヤ「それから不良怪人・謹慎ダーとか」
リ「在学してんだから、大して悪くないだろ」

ヤ「やっぱりだめかなー」
リ「少しは牧師らしいの考えろよなー」
ヤ「じゃあ、高校生レストランならぬ高校生ベストワンだ」
リ「何だよ、ベストワンって」
ヤ「最高の方のことだよ。神様を礼拝する高校生教会だ」
リ「礼拝者は老若男女で、高校生がスタッフってことか?」
ヤ「そうだ、奏楽も司会も、受付、P.A.から駐車場係りまで全部、高校生が担当するんだ」

リ「まさかとは思うが、説教まで高校生担当じゃないだろーな?」
ヤ「当然、説教だって、高校生が担当だぞ」
リ「オマエ、何考えてんだ?誰が説教者なんだよ?」
ヤ「オレだよ」
リ「何で、牧師オマエが説教者で、高校生が説教ってことになるんだよ?」
ヤ「あれ、言ってなかったけ、オレ、高校中退してっから、最近、夜間定時制に通ってんだ」
リ「そういうことかよー!」
ヤ「どうだ、すごいだろ。オレは高校生牧師だぞ」
リ「まあ、赤点・停学謹慎になって、神の御名を汚さぬことだな」
ヤ「・・・・・・・」


 ※サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
| ヤンキー牧師 | コント集 | 16:52 | - | - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE