命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
大竹しのぶさんはクリスチャン?
 「大竹しのぶクリスチャン説」は以前からあちらこちらで、御聞きしておりました。少なくとも、クリスチャンホームで育った事は確実だとの情報は得ていましたが、今回、そのことを確認いたしました。

 最近、入手したのが、「春日井9条の会ニュース」の22号(2012年3月発行)であります。「9条の会」とは、憲法9条を守る集まりでもあり、私の知人牧師の何名かは参加しております。その第四面を拝読し、ビックリ。タイトルは「名優・大竹しのぶに流れる非戦・清貧の血脈」。そこに書かれているのは、大竹家の非戦清貧思想よりも、むしろ、壮絶で敬虔な祖父母の信仰の証しで、これに驚いたわけです。

 この記事は、朝日新聞2011年2月9日夕刊の星野透記者の記事を参考に書かれています。その紙面によれば、大竹しのぶさんは8年ほど前、ある書物にめぐり合います。「近代日本の聖人」とも言うべき7,8人の人について記したある学者のエッセー。そこに大竹さんは祖父の名前を発見。祖父の名は吉川一水(かずみ)、9条の会ニュースは、彼を「非戦と清貧に生きたキリスト者」と評価しています。一水は、新渡戸稲造に師事し、後の妻となる八重子は、内村鑑三の下から幸徳秋水に傾倒していったようです。幸徳が弾圧され、渡米したその戦場には、当時20歳の八重子が同行していたというから驚きです。

 二人が結婚した時は、お互いが再婚同志だったとのこと。二人の娘がしのぶさんの母、「江すてる」。そして、しのぶさん父である大竹章雄(ふみお)さんは、祖父吉川師の聖書講義に出入りし、江すてるさんと結婚。

 「しのぶさんはクリスチャンですか?」とストレートに尋ねると大竹しのぶさんは「死んで天国に行くのではなく、いま生きているこのときが天国・・・」などと笑って答えず、「私、洗礼名があるんですよ、マリアって」と締めくくったと9条の会ニュースは記しています。

 それにしても、大竹さんの祖父が、当時の軍国主義の流れの中、国家だけでなく、時代に迎合するキリスト教会を信仰的視点から批判し、主にある平和と正義を訴えていたとは、驚きです。不勉強な私は「大竹しのぶの爺ちゃんと婆ちゃんはスゴイ人だったんだ!」とビックリ状態。時代を超えて証しとなるその主張は一水の著書「日々の糧」に記されているとのこと。

 関心のある方は、ネタ元の朝日新聞の記事やネット上での情報を探されてはどうでしょうか?
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 15:55 | - | - | - | - |
マートン選手は宣教サイト開始、小林幸子は試練の時?
 今日は後ろ向き名言はお休みして、軽い?テーマで。

 最新号のクリスチャン新聞によれば、阪神タイガースのマートン選手が、宣教目的のホームページをスタートしたそうです。もちろん日本語です。クリスチャンのボランティアが翻訳されたとのこと。一人でも多くのトラキチが、カーネルおじさんへの暴行を、いや、ご自分の罪を悔改め、神様に立ち返ることを願うばかり(一字違いのドラキチもなー)。でも、芸能人やスポーツ選手が公けに宗教活動をするのは、ご法度との協定があるかのように以前から御聞きしていたので、老婆心ながら心配も。こちらをご覧あれ!

マートン選手のサイト
 http://murtonbaseball.com/

同サイトを紹介するクリスチャン新聞の記事
http://jpnews.org/pc/modules/mysection/item.php?itemid=377

 一方、私はよく理解していないのですが、小林幸子さんが事務所社長を解任して、何か泥沼状態のようですね。本日のyahooニュースによれば、幸子さんは現在の夫とは、彼が結婚していた10年前からの交際との報道も。これが事実なら不倫であります。事実でないことを願いますが、こうした試練の中でこそ、クリスチャンとしての証しをと願うばかり。

 小林さんについては、本ブログにおいては、被災地支援と結婚の件で、アッパレ記事を書いただけに、心配です。

被災地支援の記事
http://blog.chiisana.org/?eid=1407776

結婚についての記事
http://blog.chiisana.org/?eid=1407989

 芸能・スポーツの世界で、クリスチャンが活躍する意味と、クリスチャンとして歩む戦いの厳しさの両面を覚えております。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 17:19 | - | - | - | - |
「藤田朋子 宗教」で検索の皆様へ
 昨日も3000アクセス超え。連日、「藤田朋子 宗教」の検索によるアクセスを多くいただいております。藤田さんの信仰については一昨日の記事と以前に記した記事をご参照ください。

 一昨日の記事 「藤田朋子さん、私は宗教があるからと発言」
http://blog.chiisana.org/?eid=1408261

 以前の記事 「藤田朋子さん関連で(日本宣教会)代田教会がテレビに登場」
http://blog.chiisana.org/?eid=1388521

また、本ブログでは、「この方もクリスチャン?」と題したシリーズがあります。小林幸子、桂銀淑などの演歌歌手、竹脇無我、小野やすしなどの俳優、タレント、レッチリのフリーやカルロス・サンタナなど、意外な?ミュージシャン、そして、谷垣総裁、石破元防衛大臣らの著名政治家、さらには、押尾学、市橋被告などの犯罪関与者まで、クリスチャンであると自称している人たちやそのように認識可能な方々を紹介しております。ここの人物やその信仰についての評価は読者の皆様にお委ねするばかりですが、関心のある方は是非、ご一読を。

 シリーズ「この方もクリスチャン?」
http://blog.chiisana.org/?cid=24512
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 15:02 | - | - | - | - |
藤田朋子さん「私は宗教があるから大丈夫」と発言
 昨日は久しぶりの3000アクセス越え。検索語句を調べてみたら、原因判明。「藤田朋子 宗教」という語句での検索が急上昇であります。それだけで、一日にして400以上のアクセスであります。

 さらに分かった事は、中島知子さんが占い師にマインドコントロールを受けているとされる件で、フジテレビ「 知りたがり!」では、専門家が解説。その中で、「様々な悩みを抱える30代、40代女性がマインドコントロールに掛かりやすい」と説明の後、司会者からコメントを求められた藤田朋子さんは「私は宗教があるから大丈夫」と返答したようです。

 どうも、この番組の視聴者が「藤田朋子 宗教」で検索して、本ブログにアクセスしていただいたのだと思われます。多分、アクセス集中はこの記事。

藤田朋子さん関連で代田教会がテレビに登場
http://blog.chiisana.org/?eid=1388521

 藤田さんは、日本宣教会代田教会の会員らしいです。藤田さんは、玉川学園時代には礼拝委員をされ、現在でも、時間があれば、教会でご奉仕もされているようです。

私は宗教があるから大丈夫」。それは、テレビ出演時という限られた状況での藤田さんなりの証しだったのでしょうか?

(訂正)
 以前の記事では「日本基督教団の代田教会」と記しましたが、間違いである事が判明しました。正しくは「日本宣教会代田教会」です。不正確な情報を記してしまい申し訳ありませんでした。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 14:15 | - | - | - | - |
レッチリのフリーは真面目クリスチャン?
 久々のこのシリーズですが、今回は単発です。「レッチリ」ってご存知ですか?「あれねー、冬になるとおいしいフグの鍋ね」「それはテッチリでしょうが!わたしの言うてんのはレッチリ!」というお約束のボケはやめときましょう。「レッチリ」とは「レッド・ホット・チリ・ペッパーズ」という世界的なCD売り上げを誇るロックバンドであります。

 ベース関係の雑誌を読むと、このバンドのベーシストであるフリー(Flea)がいかにすごいかがよく書いてありました。とは言え、実際の音楽を聴いたことがなかったのです。ところが、中三の娘が今年になって「レッチリがHeyHeyHeyに出るから観る」と言い出します。日本の音楽番組に出演するとは絶好機会というわけで、娘と共に視聴。

 うーん、確かにベースはすごい、このグルーブは絶品。でも、このロック、おじさんの辞書にはありません。黒人音楽を巧みに取り入れているようですが、それだけにおじさんの感性には、ロックに聞こえず、戸惑うばかりのトホホ状態。そして、がっかりしたのが、その風貌であります。裸に刺青であります。凶暴かつお下劣なイメージには、ちょっと拒否反応が出てしまいました。娘がレッチリのファンになったらどうしようと父親としては心配までしてしまったのです。

 ところが、先月、中古で西田浩著「ロックと共に年をとる」(新潮新書)を購入。これは40,50代ロックファンには、たまらんコンセプトの書物。これによると音楽雑誌記者である筆者が、レッチリのフリーにインタビューしたところ、本当のフリーという人物は、ステージ上のイメージとは正反対であったことが記されているのです。取材の中で、フリーは「神様」という言葉を頻繁に語ったそうで、西田さんによれば、フリーは非常に真面目なクリスチャンだとのこと。

 「危険」、「凶暴」、「お下劣」の三拍子そろった凄腕ベーシストが真面目なクリスチャンとは!楽曲やステージ上での風貌やパフォーマンスを思えば、「ありえなーい」と思う私が、視野の狭い、偏見の塊なのかも知れません。

 wikipediaでも、フリーがステージ上とは正反対の性格であることが記されています。欧米のミュージシャンの「クリスチャンであるなし」は、どう受け止めるか難しい面もあるでしょうが、少なくとも、日本の一ジャーナリストがフリーを真面目クリスチャンと認識したことだけは事実のようです。

 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%AA%E3%83%BC_(%E3%83%9F%E3%83%A5%E3%83%BC%E3%82%B8%E3%82%B7%E3%83%A3%E3%83%B3)

 個人的には、ロックの賛美もありだと思う私ですが、日本の教会の賛美バンドで、ベーシストが、フリーの風貌なのは勘弁して欲しいと願う、懐の狭い私です。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 17:28 | - | - | - | - |
小林幸子「幸せは求めるものでなく、気づくもの」

 演歌の大御所、小林幸子さんがあら還で結婚との報道。この方、クリスチャンとのこと。20年程前には、某団体の出版物で、この方の証をお読みしたことも。結婚式も披露宴もしないのは、そうした信仰上からのポリシーや配慮なのかもしれません。

 以前からプロポーズを受けていたようですが、幸子さん自身が被災地ボランティアをされたのを期に気に、被災地で再生医療で社会貢献するお相手を人生のパートナーとして本気で考えられたようです。

 白無垢姿やインタビューで背後にそびえ立つ「ビッグ幸子」は、スルー。取り上げたいのは、幸子さんが取材陣に放った名言「幸せは求めるものでなく、気づくもの」。もちろん、直接的には、身近にいてくれた人生の幸いなパートナーに気がついたという意味でしょう。また、被災地を訪れて、既に与えられている幸せに気がついていなかった自分を反省したのかもしれません。しかし、結構、クリスチャンらしい発想だと思うのです。

 神様がいつもともにいて、変ることなく愛してくださる。
 信じるだけで既に救われて、死後は天国が予約済み。
 祈れば(祈ったとおりでなくても)必ず応えてくださる。
 耐えることのできない試練は与えず、脱出の道まで備えていてくださる。
 しかも、そうした恵みは一方的、それを信じ受け止める信仰すら恵みによって与えられている。
 
 こう考えますと既に与えられている幸せは計り知れないもの。目の前の問題や試練に囚われて、それを見失ってしまったり、思い通りにならないとそうした恵みがないかのように不平不満を言ってしまいかねない愚かな私たちです。

 まさに、「幸せは求めるものでなく、気づくもの」。既に聖書に約束されている幸せだけでも、それに気がついて、読み取って、しっかり受け止められたら、もう計り知れない幸せですね。

 また、婚活系クリスチャンの皆さんは、理想の相手を祈り求めるより、既に出会っている異性や身近な異性に気がつくことも一つの可能性、あるいは選択肢なのでは?

幸せは求めるものでなく、気づくもの

 聖書は気づくべき幸せに満ちていますね。小林幸子さんの名言から、そんなことを考えさせられました。
 

| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 19:34 | - | - | - | - |
竹脇無我さんはクリスチャン?
 先日、お亡くなりになった俳優の竹脇無我さんについてです。私個人は大岡越前を観て育った世代ですので、あの医師の役柄のイメージが強いです。知的で誠実な二枚目というイメージです。wiliphediaによれば、当人はそうした外面と内面の実状のギャップに苦悩されていたようですが。

 wikiphediaの記事はこちら。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AB%B9%E8%84%87%E7%84%A1%E6%88%91

 私は、今週は「ほぼ夏休み状態」でありまして、里子虐待死容疑の件で、朝からテレビを観ております。香山リカさんは、「まだ、うつ病であることを公にするのがはばかられるような時代に、カミングアウトとしてくださり、病気への理解を広め、うつ病の方に回復の希望を与えてくださった」と、精神科医らしく、うつ病カミングアウトの功績を大変高く評価しておられました。

 葬儀は日本基督教団の東京都民教会で行われたのだとか。
 http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110823-00000001-spnannex-ent

 妻が午後に観たテレビ報道では、好きだった讃美歌を歌ってお見送りしたそうです。以前は雑誌「恵みの雨」にうつ病になった無我さんについての佐々木満男弁護士が記した記事が掲載されたそうです。だんな雄作さんのブログに掲載されております。無我さんのお兄さんは日々、無我さんの救いを祈り続けてこられたようですね。関心のある方は是非、ご一読を。

ブログ「古きものは・・・」より「うつ病になってよかった」
http://inori.livedoor.biz/archives/50531412.html

 ぶどう酒が尽きた時に最初のしるしをなさったキリストは、すべてが尽きた時に業を為さる方、人生の一番苦しいどん底で、私たちとの出会いを待っておられる方なのでしょう。


 追記
〔飢罎気鵑里肝梢討呂管弸覆妊リスチャン。父は名アナウンサー。長男であり無我さんの兄にあたる義果さんはNHK「こころの時代」にも出演。
http://hk-kishi.web.infoseek.co.jp/kokoro-30.htm

¬飢罎気鵑侶擦砲△燭真理さん(次男)は17歳で受洗し、伝道者を志すも、18で召天。その人生を描いた書物があるようです。
http://www.amazon.co.jp/%E5%8B%87%E3%81%BE%E3%81%97%E3%81%8F%E9%AB%98%E5%B0%9A%E3%81%AA%E7%94%9F%E6%B6%AF%E2%80%9518%E6%AD%B3%E3%81%A7%E9%80%9D%E3%81%A3%E3%81%9F%E8%8B%A5%E3%81%8D%E4%BF%A1%E4%BB%B0%E8%80%85%E3%81%AE%E6%97%A5%E8%A8%98-%E7%AB%B9%E8%84%87-%E7%9C%9F%E7%90%86/dp/4093873879

義果」「真理」「無我」とは聖書的ですね。昔は「無我」は、仏教からの命名と思っていました。

 ※サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 17:47 | - | - | - | - |
3年ぶりに桂銀淑さんのために祈る
 一昨日、テレビをつけたら、桂銀淑さんが、登場。日本での成功と覚せい剤取締り違反現行犯での逮捕、国外退去、韓国での償いの日々が報道されていました。

wikiphediaによる「桂銀淑さん」解説
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%A1%82%E9%8A%80%E6%B7%91

 私が最初に、桂銀淑さんに関心を持ったのは、妻からの驚きの報告。テレビで彼女が歌った時、前奏時に紹介者が「辛いときにも、私を支えてくれたのはイエス様・・・・」と彼女を紹介。妻がビックリして、報告してくれました。「民放でそれはないだろう!」と私もビックリ。きっと生放送なので編集されなかったのでしょう。きっと後で大問題になったことでしょうに。

 その後、ある韓国系教会の集会広告に、桂銀淑さんが「〇〇教会長老」と記されており、やっぱりそうなんだと確認。

 しかし、しばらくすると、覚せい剤取締り違反現行犯での逮捕。私は彼女の悔改めとその結実のために祈りました。

 ネットで検索すると、韓国に帰国後は、教会に通いつつ精神科の治療を受けていたようです。それが、真実で現実性のある悔改めの歩みであることを願います。テレビ報道では、執行猶予の3年が過ぎるその瞬間、「本を読んでいた」とされていますが、きっと聖書でしょう。

 日本に入国して、迷惑をかけた人々やファンに、謝罪をしたいと願いますが、一度薬物問題を起こした外国人が、日本に入国することは極めて困難。日本大使館を訪ねましたが、よい返事はいだけなかったもよう。彼女は、それでも、諦めず、日本での謝罪のために努力し続けていくと語っていました。

 真面目なクリスチャンであったはずの彼女を襲った金銭トラブル、離婚、そして薬物問題・・・。安易や悔改めや赦しであってはなりません。しかし、真実な悔改めとその結実のためならば、どうか、彼女に日本入国の道を開き、真実な謝罪と償いと回復の歩みを証しさせて下さいと願いました。

 私にとっては三年ぶりの桂銀淑さんのための執り成しの祈りでした。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 15:31 | - | - | - | - |
藤村美樹さんの弔辞に見る信仰観
 田中好子さんの葬儀が行われ、ランちゃんとミキちゃんの弔辞全文もネット上に掲載されていますね。前回お知らせしたように、藤村美樹さんはカトリックの信徒。弔辞にも、「新しいいのち」「天国は素晴らしいところ」とか、その来世観が反映されているようです。

 ちなみにあの石破元大臣は「キャンディーズは青春そのもの」と言うほどで、熱心なファンとして知られています。なかでも、ミキちゃんのファンだったとか。

 弔辞の全文はこちらでご覧いただけます。「神様」「天国」「新しいいのち」などは2ページ目。
 
http://sankei.jp.msn.com/entertainments/news/110425/ent11042513270020-n1.htm
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 16:58 | - | - | - | - |
故・田中好子さんの救いを祈った者として
 スーちゃんとして親しまれた田中好子さんの訃報に、ショックを受けております。ファンだったからではありません。それは私自身が彼女の救いを本気で何度か祈ったことがあるからです。

 10年以上前のことだったと思います。ある教会の関係者から、当時、女優であった田中好子さんが、続いて礼拝出席をしているとの情報をいただきました。単純な私は、帰宅して彼女の救いを祈ったものです。

 それ以来、テレビで見かけるたびに心にかかっておりました。その情報をいただいた後、結婚。それは、不倫略奪愛と評されるようなものでした。そして、今回の訃報。私個人としては整理しきれない複雑な思いが交錯します。

 田中好子さんがキリストを信じ受け入れたかどうかは知りません。でも、彼女を受け止めた教会があり、彼女を芸能人ではなく、一人間として愛し、その救いを祈ったクリスチャン達が、私一人でなく多くいることは間違いありません。ちなみに藤村美樹さんはカトリックの家庭に生まれ幼児洗礼を受け、高校まで一貫してカトリック系の学校で育ちました。もしかすると、田中さんの求道の一因には藤村さんの影響があるのかも知れません。

 一度でもその救いを真剣に祈った人物の訃報は、有名人であれ、一般人であれ、重く受け止めざるを得ません。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 13:44 | - | - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE