命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
婚前交渉、「しなくてもいいんだ!」>「えー!しちゃいけないのー?」

 先週の新潟での中高生キャンプは、3泊4日で六回のメッセージ。午前と夜は常に集会という今どき珍しい御言葉漬けキャンプ。それも「メッセージは4回から6回」と依頼されて、大して考えもせず、調子に乗って6回と応えた私のせいであります。

 以下のブログでキャンプリーダーが、レポートをしておられます。6回でも、中高生にヒンシュクをかわずにすんだようで、一安心であります。非常に霊的感性が豊かで、しっかり御言葉に応答できる中高生ばかりで語るこちらが感激しました。背景にある家庭や教会の積み上げてきた祈りと労を思わずにはおられません。

「U−18リトリート」
http://niigatabiblech.blog27.fc2.com/blog-entry-70.html

 今回もご依頼に応えて、定番の「ずっと幸せになるための恋愛講座」をお話し。そこでの女子中高生から起こった応答に、大変教えられました。

 その応答は「結婚までしなくていいんだ。安心した」というもの。

「えーっ!結婚までしちゃいけないのー!知らなかった」という教育不足ではないのです。
「結婚までしちゃいけないなんて・・・・」という反発や疑問ではないのです。
「結婚までしない方がよいとよく分かった」という期待通りの応答でもないのです。

 「結婚までしなくていいんだ。安心した」。この応答の背後にあるのは何でしょう?

「結婚前のセックスは当然」という一般社会からの声。
愛し合っていたらしないのがおかしいでしょ!」という友人達からの声。
「体験できない女の子はいけてない」という無言の圧力。
いやいや、きっと「結婚前でも求められたらセックスしなくてはいなけい」という刷り込みだったのでは?と考えております。

 現代日本は不思議な社会で、「結婚しなくてはいけない」とは若い時期にはあまりプレッシャーはかけられませんが、「恋愛しなくてはいけない」「求められらセックスしなくてはいけない」などの妙なプレッシャーがあるもの。

 クリスチャン家庭や教会の交わりで育った女子中高生には、言語化できない違和感や、性体験への恐れがあるようです。幼い頃から信仰的な環境で育つことの大切さを思います。結婚前に愛し合っているからといってセックスをする風潮に言葉にならないおかしさを感じたり、性体験を自分を相手に与える恐ろしさを伴うものとして感じている感性は素晴らしいと思うのです。

 同時に、「結婚前でも当然」「するのが当たり前」という風潮にプレッシャーを感じているのも事実のようです。その意味で、プレッシャーから解放され、自由になったとしたら、それはうれしいことです。

 「結婚までしなくていいんだ。安心した」。それは世の言葉に刷り込まれず、まともな感性が残っている女子中高生たちの正直な思いなのでしょう。逆に言えば、それは「しなくてはならない」に近いようなプレッシャーが強く存在していることを意味します。

 本来「自由」とは「するかしないかを判断して選べること」のはず。「結婚まで待つのが幸せ」というのも一見不自由に思えるのでしょうが、「しなくてはいけない」は、それ以上に不自由な世界だと思うのです。

 「しなくてもいいんだ!」>「えー!しちゃいけないのー?」

 
これは、正常な感性を残す女性たちに見られる「婚前の性、飽食の時代」ならではの揺り返し現象ではないでしょうか?

| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 17:57 | - | - | - | - |
KDKスピリットで歩もう!〜既に出会っているかもしれない未来の伴侶のために

 キャンプ地にある神学校の事務室のパソコンからの更新です。木曜の夜は、創世記2:24から性と恋愛についての定番のメッセージ。知らぬ間に刷り込まれている性と恋愛の価値観で歩むなら、不幸な恋愛をして、結婚が崩壊しやすいこと、結婚前の性体験が結婚後の性生活を乏しいものにして、結婚自体にも悪影響を及ぼしている現実をお伝え。聖書が示す「結婚まで待つ」という価値観がいかに将来の幸福につながる現実的かつ神の愛ゆえの指針であるかを力説。

 集会後の分かち合いの時間では、一人のカウンセラーが、説得力のあるフォローをしてくれたことを翌日のミーティングで知りました。それは、「既婚者クリスチャンが、今の伴侶といつ出会っているか?」ということ。

 同じ分かち合いグループの男性リーダーは15歳の時に今の妻と出会っているとのこと。また、よきフォローをされたリーダーも18歳のときに出会っているそうです。実はそのことを、男子中高生たちに向けての「結婚まで待つこと」ための励ましの材料にして下さったのです。

 「中高生の君たちは、実はもう、このキャンプや教会で将来の伴侶に出会っているかもしれないね。恋愛は結婚の準備体操、性は結婚の絆作りと言われて、結婚はずっと先のことだと思っているかもしれないけれども、どうだろう?もう、将来の伴侶に出会っているかもしれないと思うとそんなには遠くはないよね。だから既に出会っているかもしれないと思えば、その女性のために結婚まで待てるのではないかな?」

 想像するにこうした語りかけを男子中高生にしてくださったようです。

 それに対しての男子中高生の応答は、「オレたち、KDKでがんばる」というもの。

 何?KDKをご存じないですと?KDKとは、某教団の関西地区において、男子高校生たちが「オレたちは結婚まではやらんぞ」と誓い合い結束して形成したと伝えられている秘密結社。その名称「KDK」とは「キリスト者童貞会」の略称であります。

 以前、紹介し、話題沸騰?多くのクリスチャンに勇気を与えた?過去の記事はこちら!

「キリスト者童貞会(KDK)」
http://blog.chiisana.org/?eid=569212

「勝手に想像KDK(1)」
http://blog.chiisana.org/?eid=571907

「勝手に想像KDK(2)」
http://blog.chiisana.org/?eid=571926


 「将来の結婚のために、結婚まで待とう」「未来の伴侶のためも結婚までは・・・」などもモチベーションを与える大切な言葉。しかし、「中高生にして既に出会っているかもしれない将来の伴侶」と思えば、さらに「結婚まで待つ」というモチベーションは大幅アップ

 そうです!男子中高生のみなさん、また、葛藤しつつ純潔を生きるクリスチャン青年の皆さん!既に出会っているかもしれない将来の伴侶のためにこそ、「KDKスピリット」で歩もうではありませんか!

| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 19:29 | - | - | - | - |
「教えて!goo」は教会内でも
 昨日の記事、「教えて!goo」とベストアンサーに選ばれた回答は、決して他人事ではありません。キリスト教会内部も、同様の現実があるように思うのです。今、多くのクリスチャン女性たちがこの相談者と同様の葛藤や悩みの中を歩んでいることを知っていただきたいのです。

 未信者の彼氏から、性関係を求められ、拒否したために、彼氏に去られるというパターンを何度も繰返しているクリスチャン女性たち。

 時にはクリスチャンの彼氏から、性関係を求められてしまい、葛藤している女性たち。

 あるいはその求めに応じてしまいながら、誰にも言えず、悔改めもできず、赦しの確信もなく、歩んでいるクリスチャン女性たち。

 そうしたことを、放置したまま、結婚しているクリスチャン女性たち。

 後輩に同様の相談を受けても、「それでいい」、「今どき当たり前」としか応えないクリスチャン女性。

 そのために結婚生活に本来の喜びを失ったり、破綻を迎えたりのクリスチャン女性たち・・・・。

 あちらこちらの教会で、こうした現実を多々、見聞きしている者として、どうか、この「教えて!goo」を未信者だけの相談として受け止めないでいただきたいのです。特別、牧師夫妻やクリスチャンホームの親たち、教会学校やユースの指導者の方々には、そのようにお願いしたいのです。そして、今回のベストアンサーを一つのモデルとして、自らに言葉で愛をもってお伝えいただきたいのです。

 このベストアンサーが、教会内のクリスチャン女性たちのためにも、用いられることを願ってやみません。
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 07:14 | - | - | - | - |
「彼氏から求められて・・・・」に対してのこれぞベストアンサー
 本ブログのリンク先の一つに以下のサイトがあることを発見。内容を確認して、大感激であります。「教えて!goo」というサイトでの性についての悩み相談。

http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7024251.html

セックスの本番までさせてくれない彼女はダメですか?」というストレートな表現で正直な葛藤を、相談しています。いわゆる「最後までさせてくれない」から、男性と長続きしないのかも?そうした女性は、男性にとってはダメなのか?との相談です。

 その中で、ベストアンサーとされたのは、男性からの評価や判断ではありませんでした。ベストアンサーはnuts7さんが、同じ女性として、をもって、事実を示し、中絶を避けるべきことを伝え、相談者の幸せを願っての回答でした。そして、ありがたいことに、小さないのちを守る会のサイトをご紹介下さっています。

 コンドーム使用でも避妊率8割という事実を根拠に、将来のために、中絶を避けるべきことを示しておられます。また、男性が性行為を強要するのが、愛によるものではないというのが大切なポイント。「真実の愛」を示しています。性欲を理性でコントロールすることがお互いの幸せにつながるとの見解も説得力あります。さらには、性の世界で傷ついた者として、ご自分の経験からも、相談者の幸せを願う真実な愛がこの回答にあることが分かります。

 文面や内容から、このベストアンサーに選ばれた方は多分、クリスチャン女性でありましょう。しかし、一切、聖書もキリスト教用語もなく、未信者に伝わる言葉で、本質を伝えておられます。そして、わが事のように、相談者女性の幸せを願う思いが、伝わります。このが、相談者に通じて、ベストアンサーに選ばれたのでしょう。

 きちんとした客観的な論拠、本当の愛を考えてもらいたいとの提案、何よりも女性としての幸せを願う真実な愛、なおかつそれを、伝わる言葉で伝えていること・・・・。これは、私が教えられました。そして、模範の一つにしたいくらいです。どんなに正しい理屈や説得でも、そこに相手に伝わる真実な愛がなければ、なかなか心を開き、受け入れてもらえるものではありません。

 たとえ、相手が未信者であっても、真面目に愛や将来を考えている方なら、いいえ、そうでなくても、こちらの愛が伝われば、ベストアンサーのような聖書的な回答は受け止めてもらえるのです!

 私自身が教えられ、励ましをいただいたベストアンサー、何としてもお伝えしたく願い記事とさせていただきました。

〈追記〉
 nuts7様へ、もし、この記事を読まれたら、ハンドルネームでよいので、ご一報いただけるとうれしいです。
 
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 13:53 | - | - | - | - |
男はローリングストーン、女はストッパー?
 「わがままは男の罪、それを許さないのが女の罪」というは、チューリップが歌ったかつてのヒット曲。今回のキャンプで中高生やスタッフから教えられたのは、「坂道転がるのは男のサガ、それを止めるのが女の務め」ということ。それを分かりやすくしたのが今回のタイトル。

 男性のセクシャリティーというのは、困ったのもで、下り坂を転げ落ちるような傾向があります。最初は三角に尖って、多少の誘惑の坂道にも踏みとどまります。しかし、一旦、3分の1回転すると勢いがついてしまいさらに3分の1回転。これが続くと、三角の先端も丸くなり、勢いよく転がり続けて、「もうどうにもとまらない」の山本リンダ状態(古っ!)に陥ります。性のローリングストーン状態は、自力では止められません。

 暗いところで二人きりになる、ムードが盛り上がるなどの環境、キスやハグのような接触、胸の谷間や太ももが見えるなどの視覚、そうした刺激で三角形が転がり続けて、止まらなくなることも。そうです。まじめなクリスチャン男性も、あるきっかけで制御不能となり、超えてはならない罪の世界にと突入しかねません。

 クリスチャン男性の側は、自分が制御不能になるような環境、接触、視覚を避けることでしょう。男性は自分の「刺激のツボ」を自覚して、暗いところにはいかないとか、手をつなぐまでにするとか、彼女に服装についてお願いするなどは、具体的な努力工夫の一つでしょう。

 男性自らが、気をつけるのは当然としても、やはり大切なのは、ストッパーとしての女性であります。ローリングストーンのごとき、男性の性欲をストップさせるのは女性のNO!が最適。男のわがままかもしれませんが、やはり女性には男性の転落防止装置として機能していただきたいもの。OKしてしまうと、いよいよ男性は制御が利かずに、さらなる転落を続けてしまいかねませんから。

「私のことを大切に思うなら、やめて」
「神様が悲しまれることをしないで」
「あなたに罪を犯してほしくないから」
「罪を犯したら、二人の交際を喜ぶことができないから」
「結婚したいからこそ、これ以上のことしないで」
「これ以上進んだら、結婚してから後悔するから」

 神様の視線を覚えて、将来の二人を大切にして、こうした言葉で制御していただければと願うのです。もっとも近年増加しつつある草食系男子と肉食系女子カップルの場合は、逆になるのかもしれませんが。

 女性にも性欲や誘惑への弱さはあるでしょう。それでも、男性の制御不能な衝動性に対して、より冷静な判断ができるのは女性であろうと期待します。教会に集う中高生からは、キャンプなどでは「どこまでならいいの?」という質問をよく受けます。

 たとえば、キスなどは、男がローリングストーン化するきっかけになりがちです。多くの女性にとってはキスは愛情表現でしょう。しかし、男性にとっては、キスは愛情表現から性行為に移る入り口だと思います。(詳しくは拙著「ヤンキー牧師の必笑恋愛塾」を参照)

 「気をつけろ 男はキスでは 止まらない

 この下品な交通標語は、クリスチャンとしての正しい男女交際を守ってくれることでしょう。
 

 ※サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 07:56 | - | - | - | - |
昨日は4300アクセス、「ピュリティリング」での検索らしいぞ
 昨日のアクセスは4300で、びっくり。原因は検索語句のランクを見て、確信。数日前までは、4位か5位だった「ピュリティリング」が、ぶっちぎりの第一に!実際に「ピュリティリング」でgoole検索すると、本ブログがトップに出てきます。

 果たして、この検索の多さはなにか?ジョナスブラザーズ人気か?別の著名人によるものか?遂に日本のキリスト教界でも「ピュリティリング」がブレイクし始めたのか?

 本ブログの該当記事はこちら
「君はピュリティリングを知っているか?」
http://blog.chiisana.org/?eid=1131444
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 10:23 | - | - | - | - |
一生のつもりで捧げる女とつなぎのつもりでいただく男
 先週土曜日の恋愛と性のセミナーで教えられた事をまたまたお分かち。若いカップルが、人生の先輩男性に自分たちの思いを報告。私なりの再現するとこんな会話。

女「私たちは相性バッチリで、もうラブラブ。お互いのことも深く理解し合えているの」
男「本当にその通り、もう深めるところはない程。後してないのはセックスだけ
女「だから、もうセックスしようと思っているの」

先輩「そう、じゃあ、セックスしたあと、どれくらい一緒にいるの

女「もちろん、ずっと一緒にいるつもり」
男「ボクも同じ、ずっと一緒だと思っているよ」

先輩「二人とも『ずっと』と言うけど、それは具体的にはどれくらいなの?」

女「ずっと、だから、一生死ぬまで、一緒ってことでしょ」
男「そうだったの?ボクは、ずっとだから、数ヶ月から半年かなーと思ってた」

 まさに性愛における男女の継続性の違いを見事に、示す事例です。真面目な女性たちは、「この人なら」と一生を捧げるかのような決意や気持ち。しかし、受け止める男性は、「一生この女性一人」とは、大抵は思っていません。「この人だけ」と瞬間は思っていても展望の世界では「半年程度で次ぎの彼女」と予想していたりするもの。

 「一生のつもりで捧げる女つなぎのつもりでいただく男

 多くの女性が、この男女の違いをしらないまま、「独りよがりのずっと」で、捧げ、「つなぎ」「とりあえずの女」として利用・搾取されているのです。10代でセックスをすると、その後の半年以内で80%が別れます。

 中高生や青年に真剣に向かい合っているクリスチャンたちからは、クリスチャンホームに育った女性たちの性的無知や異性理解のなさに大きな危惧を感じていたり、実際に失敗をしてしまっていると言う声を非常に多くお聞きします。

 どうか、こうした事例を通じて、性愛における現実の男女の違いを、伝えていただければと願いします。

 大切な魂を「男から『ずっと』と言われて、その気になる愚かな女」にしないために。
 これからの女性たちを「やがて飽きられ、乗り換えられて泣く演歌の女」にしないために。
 そうした失敗によって、将来の主にある祝福されるはずの結婚生活破壊されないために。
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 09:59 | - | - | - | - |
君は「やらはた」「DT50」を知っているか?
先々週のこと、歯医者で置いてあったAERAを読んでおりますと、大学生の性についての記事の中、二つの言葉に出会いました。それは「やらはた」と「DT50」。どちらも年齢と性体験の有無を表現する言葉。

 「やらはた」は少し考えて思い出しました。私が大学生の頃は、まだ、短縮されておらず、「やらずのハタチ」(下品で失礼)と言っていました。ウィキペディアにも掲載されているようです。この記事、しっかり本質を捉えて解説しています。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%84%E3%82%89%E3%81%AF%E3%81%9F

 一方のDT50とは、ヤマハの原付バイクの名称にちなんだ表現で、「50歳まで童貞」という意味なのだとか。このDT50、かなりの人気バイクのようですが、「DT50に乗ると50まで童貞になる」というジンクスやら言い伝えがあるとかないとか。

 日本にはそのように年齢と性体験をつなげて、性の焦燥化をさせる傾向が強いですね。

あるクリスチャン男性は未信者友人からこう言われたとか。
やらんと腐るよ

また、あるクリスチャン女性は未信者の職場女性たちからこう言われたとか。
早くしておかないと不妊になるよ

 押尾語録には「童貞って化石以下だよ」というのがあります。こういう発言を公にしておいてクリスチャンを自称しないでいただきたいもの。これには「オマエの性生活はケダモノ以下だよ」と反論したいです。性行為が自体が犯罪で、家庭を破壊し、子どもまで傷つけるのですから。

 こうした年齢と性体験の有無を結びつけて、性体験を煽るマスコミの声に騙されてはなりません。いかにも正しそうな医学的根拠などをつけますが、信じてはなりません。

 先に紹介したウィキペディアの「やらはた」には、しっかりと本質を見抜いたコメントが。

 「いずれも根拠は薄弱結論ありき的な理由付けであったが、こうした煽動に多くの男性が焦燥感を募らせたり、諦めの境地に陥ったりした。」

 つまり、嘘に騙されて影響を受けたということです。そうです!現実を知ってしますか?未婚者であれば、男女とも四人に一人は、30過ぎても未体験なのですよ。

 今、女子高生に、不本意な初体験をするケースが増えているそうです。つまり、大して好きでもない異性と体験し、後悔をしているのです。その背後にはこの性を焦燥化させるマスコミの力があると推察されます。

 これは信仰、道徳、価値観以前の問題。まず、嘘の情報に踊らされないこと、事実を観察し、判断することです。
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 08:50 | - | - | - | - |
なつかしのシリーズ「30代性体験なし!」
 つくづく読者の皆さんは賢明だと思います。よい記事を書けば、ちゃんとご評価下さり、アクセスが増えるもの。今月は現時点で一日平均1900を超えております。

 今日は多忙なこともあり、過去の記事の紹介に留めます。実は二年前の記事「30代性体験なし!(3)」が、アクセスランクの15位に。読み返してみると、我ながら有意義。新しい読者には、是非ともお読みいただきたいと願い、ご紹介申し上げます。

 「30代性体験なし」を恥じることなく、神様の前にはそうでしょうが、まずは誇れる自分になればと願って以下ににご紹介申し上げます。

 30代性体験なし(1)
http://blog.chiisana.org/?eid=386980

30代性体験なし(2)
http://blog.chiisana.org/?eid=386990

30代性体験なし(3)
http://blog.chiisana.org/?eid=388637

30代性体験なし(4)
http://blog.chiisana.org/?eid=388707

 「30代性体験なし」は真面目なメディアが、きちんと取り上げました。「中年童貞」という書物は面白く現実を伝えます。AERAなどは「今どきの奥手ちゃん」として良心的な記事を書いています。

 残念ながら、多くのメディアは、この事実に基づく価値ある情報を、伝えませんでした。常日頃の性についての偏向報道があるからでしょう。性を煽り、商業主義的な姿勢をしてきた以上、こうした「不都合な事実」を伝えるわけにはいきません。

 メディアや商業主義には「不都合な事実」も、真面目に性を考え、幸せな結婚を願うものたちにとっては、「こんなに仲間がいるんだ!」という「好都合な事実」、応援情報として受け止めたいものです。
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 10:24 | - | - | - | - |
結婚まで待つことが最強の証し
 某読者から、以下のサイトを紹介されました。それはイタリヤのプロサッカー選手のレグロ君の自叙伝の紹介。以前はプレーボーイだった彼が、キリストと出会い変えられ、「結婚まで待つあり方」に変えられたことを証ししています。詳しくは以下のサイトをご参照ください。

http://news.livedoor.com:80/article/detail/4122109/

 「誰でもキリストにあるなら、その人は新しく造られたもの」という御言葉の実証ですね。浮気常習犯の夫が妻の祈りを通じて救われ、妻一筋になった事例はいくつもお聞きしたことがあります。ナンパ師が救われ、性的にも聖い歩みに変えられた例もあれば、愛人を何人も持つ極道さんがキリストに出会い、変えられた事例も。

 「誰もが一生付き合う人を見つけて、ちゃんと結婚するまで待つべきだと思います。信仰はサッカーと同じで、普段の練習が大事なのです。信仰を毎日深めていって、誘惑に負けない力をつけていくことが必要です。悪魔はカウンターアタックで誘惑を仕掛けてきます。我々は守備ラインを常に上げて、悪魔をオフサイドにかけなくてはいけません」。

 誘惑との戦い、悪魔との信仰の戦いをサッカーの戦術に譬えているのは、さすがですね。キリストに出会えば、一度に全てが変えられて、逆戻りしないわけではないでしょう。日々の訓練、決断の大切さをアピールしていただき感謝感謝。

 イタリヤも日本の社会も同じこと。「結婚まで待つこと」は、最もインパクトのある信仰の証し。勇気と決断は必要ですが、日本のレグロ君、クラスのレグロ君、教会のレグロ君になりませんか?
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE