命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 夫を変えた妻の決断(2) | main | 夫を変えた妻の決断(4) >>
夫を変えた妻の決断(3)
 妻の本気は夫を変えます。時には劇的に変えます。今日は、先日、ある教会でお聞きした牧師先生の実例。

 あるクリスチャン夫婦、夫は社会的に地位もあり、高収入、子どもにも恵まれ、家族で教会に通っていたそうです。外側だけなら、誰もがうらやむクリスチャンホームだったのでしょう。しかし、教会以外での夫の生活は、世の中に妥協しすぎ、証しにならないようなものだったとか。このように夫は世的、妥協的でも妻は本物志向。いつまでも波風立てず、妥協的なあり方を続けることはできなかった妻は、ある時、「妻の本気」を夫に伝えたそうです。

 「あなたの生活はとてもクリスチャンとは思えません。クリスチャンとしての生活をしてください。そうでなければ、もう、あなたとはやっていけません!

 妻から「本気の三行半(みくだりはん)」を突きつけられたこの夫、次の朝、惰性で続けていたデボーションに本気で取り組みます。その朝のデボーションテキストの御言葉は「御言葉を宣べ伝えなさい。時がよくても悪くても」でした。御聖霊が強く聖書の言葉と共に、働きました。何と、その夫は、その御言葉によってフルタイム献身を決断したのです。

 社会的な地位と、年収1000万を捨て去り、神学校へ。彼は妻を愛し、家族を大切にし、命がけで主に仕えるクリスチャンに変えられました。私自身もその教会を訪ね、この牧師家族にお会いしたことがあります。その後にこのお話しをお聞きして、「なるほど」と納得です。

 高収入で安定した生活などに満足も妥協もせず、「あくまでも本物を目指した妻の本気」!神様がそれを用いてくださり、夫をそして夫婦を劇的に変えてくださいました。アッパレ、本気妻であります。

 夫婦関係に悩む妻の皆さん!皆さんは、神様が自分達夫婦を何とかしてくださることを待っているのかもしれません。でも、実際は、神様の方が、あなたが本気になるのを待っておられるのかも?待たされているのはでなく、妻の本気を用いようとしている神様なのかも?

 日本のクリスチャン夫婦を本物にして、クリスチャンホームと教会を建て上げるのは、本気妻たちです!

  クリスチャン妻たちよ、本気妻たれ!
| ヤンキー牧師 | 妻の課題と成長 | 09:00 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
多くの場合は、クリスチャン夫の本物化の陰には本気妻ありなのでは?そんちょさんも、本物になられた転機には、奥様の本気の言葉があったのでは?あこがれなくても、すぐそばに実際にそんな奥様がいらっしゃるのでは?私がお伺いしてお話しする必要もないと思いますよ。
| ヤンキー牧師 | 2009/01/19 4:50 PM |
いつまでも子ども心の男には、女性のひとことで天まで昇ることもありますね?
このような証し、身近でお聞きした記憶があります。

時に、活躍される男性の後ろには、そっと寄り添う「本気妻」がいらっしゃり、私はそんな方に憧れを感じます。
星野富弘さんの奥さま・・は違うか?
水谷先生の奥様もキット?・・あ、ジョークです(汗;

こんなお話を、当地でもしてくださる機会ができたら、と願っております。


| そんちょ | 2009/01/19 11:41 AM |
てりやきまよねーずさんのご主人様にはお世話になりました。よく覚えております。信頼しあえる夫婦には「収益」が後からついてくるもの。本気妻でいきましょう。「利府」は私の「また行きたい教会リスト」の上位にランクイン。今年もお伺いできるよう願っています。
| ヤンキー牧師 | 2009/01/18 9:05 AM |
とある学生さんへ。表面化しないだけで、初代教会の時代から女性の力は大きなものだったのでしょうね。女性への感謝や敬意はクリスチャン男性の標準装備と心得たいです。
| ヤンキー牧師 | 2009/01/18 9:01 AM |
すごい奥様ですね!私、今年のテーマの御言葉に箴言31:10〜11を選んだんです。夫は自営業、カメラマンで昨年利府に水谷先生がいらしたときに写真を撮ってました。

今までは夫に信頼しよう、という気持ちはあっても、「夫から信頼されるようになろう」という方向にならなかったのです。だから、夫が収益を上げられるかどうかが、私に懸かっているのではなくて、彼の努力次第、というふうにしかとらえていなかったように思います。

この御言葉が私を刺してきました!2009年はいきなり悔い改めから始まったのですが、お互いに信頼され、信頼する夫婦になっていこうと思います。
| てりやきまよねーず | 2009/01/17 10:11 PM |
新約の書簡を見ても、女性たちは大きな働きをしていたみたいですね。
現代も変わることなく教会とそこにいる男性たちは有形無形さまざまな助けと励ましを受けていると思います。
あらためて教会の女性たちに感謝し、そうした素晴らしい助け手を備えてくださる神様を賛美し礼拝し仕えていきたいと思います。
| とある学生 | 2009/01/17 11:15 AM |









http://blog.chiisana.org/trackback/1037694
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE