命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< ロック・ミュージシャン名言集(3) | main | 受精卵を取り違えたら、中絶は当然なのか? >>
週刊文春に牧師不祥事記事が掲載
 週刊文春2月26日号を購読。文春への記事掲載はAERA掲載をかなり上回る社会的影響があると判断すべきでしょう。記事のタイトルは以下の通り。

 被害者女性10人らが怒りの告発
 「神のために働きなさい」
 筑波神学校牧師が強いた「屈辱的な性行為」

週刊文春のタイトルはこちら。
http://www.bunshun.co.jp/mag/shukanbunshun/index.htm

 タイトルはかなりスキャンダラスです。それもそのはず「スキャンダラスな男と女」という枠の中の記事の一つですから。しかし、内容のほうは悪意も感じさせなければ、特別スキャンダラスに扱っているようにも私は思いません。

 キリスト教界外のメディアとしては公平で客観的かつ適切な報道をしているのでは?単に韓国からやってきた一教会ではなく、日本のプロテスタント教会に大きな影響を与えていることも明記されています。

 とても残念なことですが、事実に向き合う意味でも、「教会の外にいる人々からどう見えるのか?」その視点でキリスト教会を客観視する意味でも、重荷のある方には、一読の価値があると思います。
| ヤンキー牧師 | 教会不祥事&AERA報道関連 | 11:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
お役に立てて感謝です。厳しい状況ですが、本当に今こそ、主に立ち返るチャンスですね。励まされます。
| ヤンキー牧師 | 2009/02/20 8:24 PM |
はじめまして。
昨日文春でこの記事を読んだ後、こちらのサイトを経由してこの不祥事についていろいろ詳細を調べさせていただいた者です。
文春だけを読んだ時点では、興味本位でふくらませた文章ではないかとも思っていました。が、詳細を調べる内、ソースからの引用を主とした公平な記事であると思いました。
この出来事そのものにはショックを受けましたが、今こそ主に立ち返る機会ですよね。ハレルヤ!と上を向きたいと思います。
| YU-RU-RI | 2009/02/20 4:58 PM |









http://blog.chiisana.org/trackback/1078526
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE