命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 朝日新聞への投稿、あと一歩で見送り! | main | 育てよう健全牧師(17) >>
2月のアクセスベストテン
 2月は総アクセスが66924で一日平均は2376と先月より微増。ベストテンは以下の通りです。

1.(村崎)太郎物語(4)
2.(被差別部落の)歴史と戦う結婚
3.問われる小牧者出版との関係
4.福音主義神学の限界?としての著名牧師不祥事続発
5.受精卵を取り違えたら、中絶は当然なのか?
6.男が危ないTPO(3)
7.男が危ないTPO(2)
8.悩めるかな!夫の未熟さ(1)
9.アラフォー男と負け犬女の結婚不協和音
10.(村崎)太郎物語(1)

 相変わらず(検索を中心とした)村崎太郎さん関連の人権ネタ三つに加え、2月は牧師不祥事関係二つにアクセス殺到。あとは、いのち、性、結婚とバランスのよいアクセスかと自己評価。

 毎月、本ブログにリンクで入ってくる守る会以外のサイトは常にKGK山崎主事のブログが最多でした。

 ところが、今月は初めて逆転、リンク元トップは、記事でご紹介申し上げた「小牧者訓練会による被害者女性を救出する会」のサイトです。同サイトを紹介したサイトとして、何と「キリスト新聞」「クリスチャン新聞」「リバイバルジャパン」の三大メディアを抑えて?本会のサイトがトップです。その恩恵として膨大なアクセスをいただきました。

 実は、関係者牧師のお一人がAERA報道以来、本ブログをご愛読頂き、文字通り過分なご評価と信頼をいただいたようです。

 また、最近信頼できる情報筋から得た情報では、やはり、AERA記者は、ビュン氏の不祥事を取材中で、記事化されるだろうとのこと。事件は事件で終わるものではないはず。再発防止とそれに関連する課題はキリスト教会が負い続けていくべき大切な課題であるはずです。

 それでは3月もどうかご愛読をよろしくお願い致します。
| ヤンキー牧師 | 各月の人気記事 | 14:05 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









トラックバック機能は終了しました。
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE