命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「堕ろされもせず」とたけし、毒舌祝辞 | main | 女性側の善意がもたらす男性側の勘違い >>
夕食時にプッチン新商品の提案
 水谷家の夕食時は稀に異常なお笑い状態に陥ることがあります。先日も、ナンセンスギャグが連発し、娘がはまってしまい、腹を抱えてうつむいてしまいました。

 それは妻と娘の間で「プッチンプリンの背が低くなったよねー。」と会話が始まった時、「でも、あのプッチンですごいよねー、プッチンすると空気が入ってさー」と会話が進展。

 そこから水谷家の父親は悪乗りして、次々とプッチン新商品アイデアを語り始めてしまいました。

 「あのさー、プッチンマヨネーズってどうだろう?プッチンすると、マヨネーズの中身が全部出ちゃうの・・・・」

 「プッチンシャワーっていうのはどうだ?プッチンするとお湯が出てくるシャワー」

 これでよせばいいのにさらに悪乗り。
 「プッチンウルトラマンはすごいぞ。お皿の上でプッチンすると、ウルトラマンがヌルヌル降りてきて、お皿の上でシュワッチとかするんだ」

 もう娘は食卓にうずくまり続けています。

 最後に極めつけ。
 「プッチン登校っていうのはどうだ?子どもの頭の上をプッチンするとヌルヌル滑って学校まで行くの・・・・」

 もう、めちゃめちゃです。我ながら、乗りに乗った時のナンセンスギャグは、シュール過ぎて怖いものがあります。でも、私は思うわけです。きっと、プッチン方式でダリの絵のごとく流れ出ているのは、水谷家の父親の脳みそに違いないと。
| ヤンキー牧師 | お笑い・ジョーク | 12:57 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
お褒めの言葉感謝です。あまりどころか、緊張感のかけらもないと思います。まさにプリン状態。
| ヤンキー牧師 | 2009/03/12 10:44 PM |
 確かにこのセンスはすばらしいと思います。
あまり緊張感がないのが良いですね。
| えるむま | 2009/03/12 2:49 PM |









http://blog.chiisana.org/trackback/1107117
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE