命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 明日はいよいよ総会です! | main | CGNTV「本の旅」対談がアップ >>
「草なぎ剛容疑者」に見る報道の自由
 SMAPの草なぎ君が逮捕。地デジもトヨタもフジテレビもさぞかし大変なことでしょう。日韓のファンの方々の落胆ぶりも目に浮かぶようです。実に残念な出来事。

 それでも本ブログ的には、今回の一連の報道で評価できる点を取り上げたいと思います。それは「草なぎ容疑者」という言葉!テレビでもはっきり「草なぎ容疑者」と伝えておりました。逮捕されたのですがら「容疑者」と報道されるのは、当然なのですが、そうではない前例がありました。

 それは、何年か前の同じSMAPの稲垣吾朗君の逮捕時。新聞は「稲垣容疑者」と報じましたが、テレビや雑誌は申し合わせたのでしょう。「稲垣メンバー」と報じたのです。こともあろうに逮捕者を「稲垣メンバー」と呼ぶとは?

 こうした奇妙奇天烈な呼称が生み出されたのはある意味必然。マスコミがいくら逮捕されたとは言え天下のジャニーズを代表するSMAPのメンバーを「稲垣容疑者」と呼ぼうものなら、喜多川氏の怒りをかいます。「容疑者」呼ばわりした番組の局と雑誌の出版社からは、いわゆるジャニタレが出演や取材、撮影拒否となり、視聴率と購読数は激落

 テレビや雑誌では、ほとんどジャニーズタレントのパフォーマンスや演技について批判や否定的な評価は眼にしません。それをすると系列局や出版社の別の番組や雑誌に対してドタキャンがあるからだとか。こうした圧力によって、マスメディアを支配し、コントロールしてきたのがこの事務所。

 つまり、「稲垣メンバー」という呼称は、マスメディアが自己保身のために共謀して編み出したものなのでしょう。まさにメディアの自殺行為です。一芸能事務所の圧力にメディア全体が膝をかがめて屈服する構造でした。以後、この「稲垣メンバー」なる表現は嘲笑を受け、メディア敗北の象徴のように語られたようです。

 以前にも記しましたが、「報道の自由」とは、芸能人やスポーツ選手のスキャンダルなど、好きな事を書き立てる自由ではありません。本来、国家権力などの不当な権力に屈することなく事実を知らせるための自由なのです。その意味で、前回の件は、メディア自身による報道の自由の放棄であり、メディアの自殺行為だったと評価すべきでしょう。

 さすがに今回は、「草なぎ容疑者」でした。マスコミ人の意地か?前回の汚名返上か?それとも事務所の支配力の衰退か?とにかく強大事務所の看板タレントが例外扱いされなかったことは、今回の残念な事件の中にあって、一点だけの光なのでは?

 神の御前ですべての人間は平等であり、罪人です。同様に法の前では、全ての人は平等です。逮捕されたなら、等しく容疑者と報道されます。悪しき前例が克服された今回の「容疑者」。神の広義がなされたようで、少しホッとしています。
| ヤンキー牧師 | 人権問題 | 17:03 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
 不当という評価もあるでしょうし、薬物使用を疑わざるを得ない背景や状況だったのかもしれませんね。また、アピール、メッセージであったのかも。少なくともマスコミは過剰報道であったようには思います。
| ヤンキー牧師 | 2009/04/25 9:14 PM |
クリスチャンの視点とはほとんど関係ありませんが、今回の草なぎ容疑者の公然わいせつ罪は被害者の不明確な犯罪です。
もちろん常識や道徳感覚からいって異常ですし、特異な事情があるのかどうかも知らないので、弁護するつもりもないですが、家宅捜索までなされたのは珍しいことだなぁと感じました。
穿った見方かもしれませんが、公安の一種のアピールのようにも見えました。
スターやアイドルといっても特権階級なんてないんだぞ、というアピールにも思えますし、被害者のいなさそうな事件でも手抜きせずにきっちりかっちり仕事をしていることを印象付けているようにも見えました。
| とある学生 | 2009/04/24 11:01 PM |
いつもはなかなかできないのだけれど、一番の注目記事をクリスチャン視点や他とは違う視点から書けたらいいと思っています。
| ヤンキー牧師 | 2009/04/24 12:16 PM |
このことを記事にしたことが凄いっす。
| とある青年 | 2009/04/24 11:00 AM |
 うーむ、酔っ払って裸になった第一号はノアでしたね。この事件、聖書的な考察ができるのでは?また、次回として受け止めるべき事件でもありますよね。
| ヤンキー牧師 | 2009/04/24 10:00 AM |
ステージの上で脱いだなら,ジム・モリスンのように伝説になっただろうか?と思ってしまいますが,,,さて,聖書の中で泥酔して全裸になって醜態をさらした人物と言えば,ノアですが,息子ハムはそれを嘲笑い,セム,ヤペテは恥を覆いました.
草さんは全くの他人ですが,このニュースが自分にとって単なるカタルシスにならないよう,自戒します.
| パライソ | 2009/04/24 12:29 AM |









http://blog.chiisana.org/trackback/1151024
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< October 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE