命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 明日はJ+Passionでお会いしましょう! | main | ミスUSA本命、信仰表明で準ミスに? >>
結婚まで待つことが最強の証し
 某読者から、以下のサイトを紹介されました。それはイタリヤのプロサッカー選手のレグロ君の自叙伝の紹介。以前はプレーボーイだった彼が、キリストと出会い変えられ、「結婚まで待つあり方」に変えられたことを証ししています。詳しくは以下のサイトをご参照ください。

http://news.livedoor.com:80/article/detail/4122109/

 「誰でもキリストにあるなら、その人は新しく造られたもの」という御言葉の実証ですね。浮気常習犯の夫が妻の祈りを通じて救われ、妻一筋になった事例はいくつもお聞きしたことがあります。ナンパ師が救われ、性的にも聖い歩みに変えられた例もあれば、愛人を何人も持つ極道さんがキリストに出会い、変えられた事例も。

 「誰もが一生付き合う人を見つけて、ちゃんと結婚するまで待つべきだと思います。信仰はサッカーと同じで、普段の練習が大事なのです。信仰を毎日深めていって、誘惑に負けない力をつけていくことが必要です。悪魔はカウンターアタックで誘惑を仕掛けてきます。我々は守備ラインを常に上げて、悪魔をオフサイドにかけなくてはいけません」。

 誘惑との戦い、悪魔との信仰の戦いをサッカーの戦術に譬えているのは、さすがですね。キリストに出会えば、一度に全てが変えられて、逆戻りしないわけではないでしょう。日々の訓練、決断の大切さをアピールしていただき感謝感謝。

 イタリヤも日本の社会も同じこと。「結婚まで待つこと」は、最もインパクトのある信仰の証し。勇気と決断は必要ですが、日本のレグロ君、クラスのレグロ君、教会のレグロ君になりませんか?
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 06:41 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









http://blog.chiisana.org/trackback/1151687
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE