命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 褒めなさい、そうすれば伸びます(1) | main | 褒めなさい、そうすれば伸びます(3) >>
褒めなさい、そうすれば伸びます(2)
 今回のテーマは「褒めるとは何か?」。女性たちがある程度成長して、男性の現実が見えてくると、「男のプライドとやらを傷つけると過剰反応する危険物」あるいは「おだてればどこまでも登り続ける習性のある単純な生物」というような観察結果に向かっていくわけです。そして、「男は単純。プライド傷つけず、おだてておくのが対処の秘訣」という中間的な結論に到達する方が多いのでは。

 これはかなり正解に近いと思うのですが、しかし、まだまだ中間的な結論に過ぎません。この対処法は確かに多くのトラブルやリスクを回避するには有効ですが、伸太くんを生み出すには不足なのです。プライドを傷つけないように配慮するのは、成長意欲を奪わないためには大切なポイント。

 しかし、「おだてる」ことには、限界があります。おだてられて登る高さは、大したものではありません。しかも、おだてられないと登れない習性になりかねません。そして何より、この手法では、「おだてられて女性にコントロールをされている実は単純で情けない男」以上には成長できないのです。

 別の言い方をすれば「女性(特に妻)にとってコントロールしやすい都合のよい男性」にはなれても、「聖書的なリーダーシップを発揮できる成熟した伸太君」には到達できないのです。

 では、どうするのでしょう?「おだてる」のでなく「ほめる」のです。私なりに考えた「おだてる」と「ほめる」の違いは以下の通り。

「おだてる」は相手を見下している。「ほめる」は相手に敬意を持っている。
「おだてる」は相手を自分の思い通りにすることを目指す。「ほめる」は相手が神様の思いのようになることを目指す。
「おだてる」は相手を支配コントロールするための行為。「ほめる」は相手の成長を願い仕える行為。
「おだてる」は自己中心。「ほめる」は他者中心。
「おだてる」は欲が動機。「ほめる」はが動機。
「おだてる」は即効性のあるカンフル剤。インスタントに行動変容を生むが、持続しない。「ほめる」は漢方薬、時間をかけて体質を変え、継続的な行動変容を生み出す。

「おだてる」内容は事実でなくてもよい。「ほめる」内容は事実でなくてはならない。
「おだてる」場合は長所をでっちあげてもよい。「ほめる」場合は長所を見つける努力が必要となる。
「おだてる」は架空の長所があるかのように相手を騙すこと。「ほめる」は現実にある長所を当人に気がつかせること
「おだてる」は過大評価であってもよい。「ほめる」は現実の長所を正当に評価すること。
その意味で「おだてる」は神に対しても相手に対しても不誠実な行為。「ほめる」は神にも相手にも誠実な行為

 そう、イエス様は誰一人「おだてること」をしなかった。しかし、多くの信仰者の長所を指摘し、「ほめること」をされた。

 きっとキリストに似ることの一つは相手を「おだてずほめること」なのでしょう。汽灰螢鵐硲隠馨賄には「愛はおだてません。愛はほめます。」となるのでしょう。

 女性に限ったことではないでしょうが、交わりの中で、私たちがキリストに似たものとなり、愛に生きるとき、他者を正しくほめて、男性たちを成長させる者と変えられるのでしょう。
| ヤンキー牧師 | 男性(心理と性)理解のために | 09:20 | comments(6) | trackbacks(0) | - | - |
ほめる側の女性の心が問われるある意味、厳しいチャレンジだなーとつくづく思います。二人とも真摯に受け止めていただき感謝。
| ヤンキー牧師 | 2009/05/03 3:45 PM |
以前TBSアナウンサーの安住さんて言う方が番組の中の女優さんとのやりとりで「あ〜もっと褒めてください。僕は褒められて伸びるタイプですから」と言っているのを聞いて「そうだ、大方の人間は褒められて伸びるぞ」と私の横で主人が頷いておりました。
正直に相手を褒めて素直に喜べたらいいですね。
相手の徳を高めることばって本当に大切・・・自戒をこめて書いています。
| karasidane | 2009/05/01 1:45 PM |
ほめるのも動機が問われるのですね。
相手によく思われたい、という欲との戦いが自分自身には強いなと読んでいて思いました。
| しいたけ | 2009/04/30 7:26 PM |
相手の良いところを見つけて、幸せや祝福を願いながら伝えていこうと思います。ありがとうございます。
| あきら | 2009/04/30 1:32 PM |
 あるがままで受け入れるのも愛、その上で、相手の成長を願うのも愛。両者は相反するものではないと思います。相手の成長を願うことは現状を否定することはなく、さらなる幸せや祝福を願うことだと思います。ご自分も誰かを愛する時、相手がどうなる事を願うか考えてみると、ご理解いただけるかも知れませんね。
| ヤンキー牧師 | 2009/04/29 10:39 PM |
はじめまして。ネットサーフィンをしていてこちらにたどり着きました。私自身バカにされたり、怒られたりすることばかりでほめられても喜べないし、おだてられてるように感じるます。伸ばそうと思うこと自体相手を見下してるの気がするのですが…
| あきら | 2009/04/29 9:53 AM |









http://blog.chiisana.org/trackback/1155368
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE