命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 山城新伍さん訃報に際して | main | 幼児期の性教育ここがポイント?(2) >>
幼児期の性教育ここがポイント?(1)
 「どの時期にどこまで教えればいいのですか?」

 これは幼児期や児童期の性教育についてよくいただく質問。私の答えは、「聞かれた時が教えるタイミング」というもの。

 「赤ちゃんはどこから生まれるの?」など、ほとんどの質問は決まっています。それが出てくる時期もおおよそ決まっています。そして、それは、その回答を必要とするまで子どもが成熟している証拠でもあると思うのです。

 私なりに考える主なポイントは以下の三つ。
(1)聞かれたときが教える絶好のチャンス

(2)それ故に聞かれる前に答えをあらかじめ準備しておくこと。

(3)そのために知恵を尽くして、本当のことを子どもに理解できる言葉で伝えられるよう考えること。

 取りあえずはこの三つでしょうか。
先日お会いした久保木牧師、さっそく、その実践のチャンスが与えられ、模範的な応答をしておられます。微笑ましくも教えられるその実践例はこちらです。ぜひ、参考になさって下さい。

http://blogs.yahoo.co.jp/sjy0323jp/60141341.html
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 07:55 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE