命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 29日の深夜はジェネレーションX! | main | 代理母問題(2)義務でも権利でもなく賜物としての出産 >>
事実はホラーより怖し?「夫は嫌いで死んで欲しい」
 先日の「マジカル・ヒステリー・妻」の記事は反響が大きかったようです。実際にアメリカ人男性と結婚しているクリスチャン女性からも、反省?悔改め?のメールをいただいた次第。

 その方から大変興味深く、同時に恐ろしいような情報を頂きました。

 グーグル検索するとその後に続くであろう言葉が自動で候補に挙がります。「夫」と入れると出てくる言葉は以下の通りだとか。
・夫 嫌い
・夫 死んで欲しい
・夫 小遣い 平均
・夫 言葉の暴力
・夫 小遣い
・夫 呼び方
・夫 死亡 手続き
・夫 うつ
・夫 失業

 うーむ、怖いですね。「嫌いで死んで欲しい」がこんなに多いとは!

 逆に「妻」と入れると以下の通りだとか。
・妻 誕生日プレゼント
・妻 誕生日プレゼント ランキング
・妻 プレゼント
・妻 ヒステリー
・妻 呼び方
・妻 うつ
・妻 プレゼント ランキング

 うーむ、妻に「嫌い、死んで欲しい」と思われながらも、それとも知らず誕生日プレゼントとは!かわいいのか?おめでたいのか?現実が恐ろしく見えていない夫の多さを思います。
 メールを下さった自称ヒステリー妻は、「ヒステリー」を見つけて、しきりに反省と悔改め。

「嫁」と入れると以下の通り。

・嫁 メシがまずい
・嫁 姑問題
・嫁 の挑戦
 「妻」と「嫁」では意味が随分異なるようです。男性にとっては食事を作るという機能が強く、どうしても「姑」との対立概念になるのでしょう。

 さらに自称「ヒステリー妻」によれば
「姑」と入れたらあまりにも恐ろしい結果だったのであえて書きません......
 とのこと。私も怖くて検索していません。

 さらに彼女からは、mixiのニュースを読めない人のためということで、この件についての記事を紹介いただきました。以下に引用しておきます。

 結婚は墓場というジョークがあるが、まさに本当の墓場だと感じている妻が多いのだろうか? 自分がせっせと働いているなか、妻が家で「夫 死んで欲しい」を『Google』検索していると思うと、背筋がゾクっとする。そんな人もいるのではないだろうか? ちょっと知りたくない事実であった……。

 以上が引用。既婚者男性の皆さん、怖いですねー、恐ろしいですねー。婚活中の女性に殺される事を恐れている婚活男性も増加中のようですが、実は、既婚者男性が妻に殺される心配をしなくてはいけない時代になっていたのでしょうか?少なくとも、妻に強い嫌悪感と殺意を持たれている夫たちは決して少なくないこと、この「知りたくなかった事実」「ホラーより怖い現実」だけは知っておいたほうがよいでしょう。
| ヤンキー牧師 | 夫の課題と成長 | 10:48 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE