命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 卵を持った手を描きなさい | main | 代理母問題(3)生殖器は人格的器官につきレンタル不可 >>
発表、11月のアクセスベスト10
 恒例のベストテン発表。ほとんどのアクセスはブログ全体へのものですが、検索や記事を指定して入ったアクセスが統計に残ります。必ずしも人気記事を反映しているとは言えませんが、ご参考に為さって下さい。

 今月の総アクセスは62771で一日平均は2092アクセス。久しぶりの2000越えです

1.EXILE、天皇陛下即位20年の奉祝歌
2.(被差別部落の)歴史と戦う結婚
3.(村崎)太郎物語(4)
4.市橋容疑者、寮の壁に十字架と「神は主である」
5.よく考えてみるとスゴいぞ!パウロの実名報道
6.30代性体験なし!(3)
7.受精卵を取り違えたら、中絶は当然なのか?
8.ここまで来たか!子どもの「私物化と管理加工」
9.ここにも差別?芸能界実例編(4)
10.谷垣総裁はクリスチャン?!

 2,3,6,7,9と半数は過去の記事。検索で多くアクセスがあるようです。何と言っても今月アクセスが集中したのが、EXILEの記事。直接的には若い世代に皇室に親しんでもらおうとの意図があったのでしょう。しかし、いつもとちがって十文字の切り込み?なしの坊主頭、タトゥー隠して、グラサンはずし、高校球児のごとき容貌で熱唱するあの姿はあらためて天皇制の本質を示したのでは?社会事象評論、音楽評論、日本芸能論、人権差別部落問題、天皇制、キリスト者の社会的責任など、本ブログのある一面が結集したような記事でもあったかと自己評価。

 8は、本会として本来の使命に立った記事。こうした記事が上位になったことは大変うれしく思っています。いよいよ子どものいのちが経済効率によって測られ、生まれてきてよい命とそうでない命に選別されていくのだと思います。それが一般家庭という現場で、極当たり前の感覚で。こうした面での教会とクリスチャンの使命を思わされます。

 しかし、2000アクセス越えのもう一つの要因は、ベストテン外ですが、コリント教会シリーズと健全牧師シリーズで、通常の読者から多くのアクセスをいただいたことです。ぼんやりと抱いていた違和感、危機感、問題意識が言語化され明確化されたとの感想をよくいただきます。屈折した方向からとは思いますが、こうした面からも読者と教会のお役に立てれば感謝。
 
 というわけで、12月もどうか、ご愛読を。
| ヤンキー牧師 | 各月の人気記事 | 09:57 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE