命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 恋愛もエコの時代、めざせ無駄恋愛削減!(1) | main | 恋愛もエコの時代、めざせ無駄恋愛削減!(3) >>
恋愛もエコの時代、めざせ無駄恋愛削減!(2)
現代の恋愛界において何が怖いと言って、「反エコ恋愛」ほど恐ろしいものはございません。真綿色したシクラメンほど清(すが)しいものはない。反エコ恋愛ほど恐ろしいものはないのです。「反エコ恋愛」。それは、恋愛の大量生産、大量消費、大量廃棄であります。

 なぜ、それが恐ろしいかといえば、将来の結婚環境を破壊します。いいえ、家庭形成環境さえ破壊しかねません。その典型的な例は、「短期連続型恋愛」であります。交際が長続きしないのです。数ヶ月や数週間で終わってしまう交際、そこで立ち止まり、反省や評価をして、時間をかけて人格的交流を深めることを考えるかと言えばさに非ず。

 まあ、「人格欠損恋愛」であります。「大量消費財」としての恋愛なのであります。深めることがないのですから「永遠初心者レベル恋愛」でもあります。恋愛回数は大ベテラン並み、でも「恋愛の質は常に初心者レベル」なのです。

 ゲームソフトを攻略すれば、友達や中古店に売ったり、捨てたりするようなものでしょう。「ゲームソフト型恋愛」「短期娯楽型恋愛」と言いますか、飽きたら捨てる「エンターテーメント型恋愛」なのでしょう。


 こうなってくると恋愛が結婚の準備体操でなくなります。「準備体操中に怪我をしてゲーム欠場」や「準備体操で疲労困憊、試合に挑む気力喪失」になりかねません。恋愛経験豊富にして結婚が短期で破綻する例などはこうしたことではないかと思えるのです。

 無駄な恋愛、必然性のない恋愛など、「百害あって一利なし」と言ったら言いすぎでしょうか?「取り上げず付き合ってみたらー」や「好きでないけど、今フリーだから付き合っておこう」などは典型的反エコ恋愛であり、将来の結婚にマイナスをもたらす可能性が高いように思えるのですが、どうでしょう?
| ヤンキー牧師 | 聖書的恋愛論 | 08:42 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE