命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 相手に優しさを要求しつつ、背後に報復兵器を装備している人々 | main | 続・相手に優しさを要求しつつ、背後に報復兵器を装備している人々 >>
クリスチャンをうまくなる努力?<キリストを愛する努力
 火曜日にラジオでお聞きした話です。あのイチローの父親は、「イチローには、野球がうまくなる努力をしたことは一度もない、野球を好きになる努力をしてきた」という趣旨のことを語っておられるとか。

 イチローと父親は連日バッティングセンターに通っていたという話しが広まって、多くの父親が息子をバッティングセンターに連れてくるようになったそうです。しかし、事実は、イチローの父がイチローを連れて行ったのではなく、イチローが父を誘ってお願いして通いつめていたのです。

 つまり、イチロー親子の話を聞いて、息子を野球選手や甲子園のスターにしようと親子でバッティングセンターに通う方々は、形だけの模倣であって本質をはずしているのです。自分から父親をバッティングセンターに誘う程の「野球好きに育てること」がイチローの父親の努力であったのですから。
 
 子どもに対して「外圧によって親の願い通りにする」のでなく、親が子どもの「内圧を高める努力をする」のです。これは、一般的な育児、教育だけでなく、教会教育や信仰継承にもかかわる本質だと思うのです。

 このことを子どもへの信仰教育という面で適用すると、教えられたり、反省させられたりです。

 「子供をクリスチャンにする努力」ばかりをしてしまい「キリストを愛する子に育てる」という発想が欠損しがちな大人たち。

 教会へ行く、お祈りする、聖書を読む、それは全部大切。これらをある意味の親の権威という外圧をかけて子どもにさせること自体が、決して悪いとは思いません。ただ、子どもの内側への働きかけがなかったらどうでしょう?そうでなければイチロー親子の外面だけを模倣してバッティングセンターに通う親子と同様に、わが子と教会に通っているという状況に陥らないとも限りません。神の愛を知り、それに応答して「神を愛する心」を育ててあげないと、中学生あたりでの離脱傾向は必然となるでしょう。

 さらに問われるのは親自身、教会の大人たちの信仰姿勢であります。親や教会の大人たちが、子どもに対して見せているのは「クリスチャンをうまくやっている姿」なのか「キリストを真実に愛し生きる姿」なのか?が問われるのでしょう。

 教会内部で熱心に忠実に仕える一方で、教会の内と外、教えと生活を巧みに使い分ける姿を子どもに見せてきているのか?使い分けをしないように、いいえ、してしまったなら、それを偽善と認め悔改めながら真実に神を愛し御言葉に生きる姿を子どもに見せてきているか?

 礼拝、奉仕、讃美、祈り、献金をささげるという外面的行為を見せてきたか?それを神への愛の故に喜んでささげる心を見せてきたか?が問われます。
 
 果たして、クリスチャンである親や大人たちがしている努力の本質は「クリスチャンをうまくやる努力」と「キリストを愛するが故の努力」のどちらなのでしょう。

 そう考えると、子どもへの信仰継承の問題の本質は、親自身の信仰姿勢にあると言わざるを得ません。聖書が示す親の権威は、模範を示すためのものですから。親である私たちの多くは、子どもの信仰継承で悩むより先に、自らの信仰姿勢を検証してまず自分が悩むべきなのかもしれませんね。

 「イチローには野球がうまくなる努力をしたことは一度もない、野球を好きになる努力をしてきた」

 それに倣いたいと思いました。親自身が生活を通じて模範を示し、神を愛する実際の生き様をもって御言葉とセットで実物教育していくのです。

 「子どもをクリスチャンにする努力など一度もしたことがありません。ただ、子どもが神様を心から愛するための努力だけをしてきました。その結果、子どもはイエス様を信じ受け入れました」

 「子どもにはクリスチャンがうまくなる努力をさせたことは一度もありません。キリストを愛する子に育つ努力をしてきました。」

 そんなことが言える親が理想かなー?と考えているところです。
| ヤンキー牧師 | 育児・信仰継承・家庭・養子 | 09:14 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE