命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 押尾学被告は「腐った鯛」か?「活きのいい雑魚」か? | main | 気骨あるブログ記事の紹介、意義深い議論への期待 >>
建て上げよう!健全教会(2) AC/DC教会
 クリスチャン読者の皆さん、キリストの体をAC/DC教会にしてはなりませんぞ。AC/DCとは何ぞや?それは通常、電気の「交流と直流の兼用」のこと。そんな名前のロックバンドもありましたな。

 でもこの“AC”は「アダルト・チルドレン」のこと。そして、“DC”とはWashington D.C.のD.C、District of Columbia(コロンビア特別区)の略称で政治の中枢部。ですから、AC/DC教会とは、「霊的なアダルト・チルドレンが教会運営の中枢を占めている教会」のことであります。

 実はこの「AC/DC教会」とは、昨日の「救急救命教会」が、一定機能して教会の規模が一定レベルに達した場合に時に見られるタイプの教会であります。救急救命隊員の多くは3年で離職するのですが、離職しないで、年数を経ると、その救急隊員は「霊的アダルト・チルドレン」とでも呼ぶべき信仰者になりやすい傾向が。

 Rescueはしても、RaiseとRebuildをしないなら、それは子どもを自立に向けて育てようとしない親と同じです。教会が神の家族であることを思えば、このタイプの神の家族は「機能不全家庭」です。せっかく救われて神の子となった信徒たちも機能不全家庭で育ってしまうと、何年か後には霊的アダルト・チルドレンとなります。

 教会の文化やしきたりはよく分っていますが、意外と聖書の真理そのものは理解しておらず、文化が真理に先行してしまいます。聖書の教理は知識として知っていても、御言葉に生きる知恵はありません。指導者には従いますが、自立していないので、神様の御心を求めて、責任ある決断をすることができません。教育・訓練をされず、建て直しをしてこなかったのですから、当然そうなるでしょう。生まれたままで、教育訓練を受けずに、家のリフォームのようにクリスチャンらしい教会生活をなぞるだけなら、その末路はアダルト・チルドレンでしょう。

 こうした信仰者が教会の中心となり、今度はアダルト・チルドレン・マザー、アダルト・チルドレン・ファーザーとして教会を担います。こうした信仰者が結婚し子どもを育てたり、教会学校の教師をしたり、役員となり若い信仰者のモデルとなっていきます。まさにACがDCとなってしまうわけです。
 
 かくして教会の「機能不全家庭体質」は、固定化され、世代を超えて継承されていくのであります。あるいはクリスチャンホームの子どもたちや、若い純粋なクリスチャンたちはこうした「不健全体質」を見抜いてしまい、教会を離れる決断をしていくのでしょう。

 実際の機能不全家庭が自身では改善困難なように、AC/DC教会も自己治療はきわめて困難かと予想されます。多くの該当教会は病気の自覚もなさそうです。まずは今回の記事を通じて自覚症状を持っていただきたいもの。

 また、自覚症状がおありなら、謙遜に「家族治療」を受けていただきたいと願うばかり。でも、誰が、各個教会に家族治療を施す精神科医やカウンセラーなのでしょうね?家庭に対しては治療者がいるのですが、教会については、団体ごと、教会観ごとなのでしょう。

 日本の家庭が持つ深刻な問題と同様の課題が、かなり深刻なレベルでキリスト教会の中に生じていると感じているのは、私だけでしょうか?
| ヤンキー牧師 | 健全信徒・教会・コリント化シリーズ | 09:30 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
<< August 2019 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE