命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< キリスト者として考えるパチンコ問題(1) | main | 爆笑・相撲八百長記事のご紹介 >>
キリスト者として考えるパチンコ問題(2)

 今回はキリスト者とパチンコについて考察。

 まず、「クリスチャンがパチンコをすることについてどう思います?」と尋ねると、飲酒などのように意見は分かれず、反対派や否定派が大多数かと思われます。容認派も多分「娯楽として」との限定つきでありましょう。

 そもそも私のような敬虔主義的な傾向の強いクリスチャンは、賭け事、ギャンブル自体に否定的なわけです。もし、私が、ギャンブルの是非について尋ねられたら、主に次のような理由で、否定的意見を述べるでしょう。

(1)偶然性の高いもので、金銭や所有物が左右されることは、「あなたの神をこころみてはならない」との十戒に反すると解釈されるので。

(2)正当な労働によらずに金銭を取得することは、聖書的労働観に反するから。
 これは勝った場合のこと。他者や社会への貢献なく、金銭を得ることやそれを願うことは神様のみこころではないでしょう。

(3)ギャンブルでの消費はキリスト者としての主にある金銭管理として不忠実だから。 
 これは負けた場合。娯楽としての消費なら意味もあるでしょう。一般消費でもないですから、経済にも貢献しません。そうしたお金はもっと自分や他者を活かす使い道があるでしょう。

(4)とりわけパチンコでの消費は、「誰への貢献となるか?」を考えるべきだから。
 言い換えれば、お金の行き先です。一部は、暴力団の資金源になるようですし、北朝鮮への送金ともなります。当然、是非を考えるべきでしょう。つまりパチンコにつぎ込んだお金は、反社会的勢力の応援や北朝鮮の対日ミサイルや核開発の援助にもなるのでは?とも考えられるのです。

(5)その社会や文化の中で、悪く評価されることは証しのため避けるべきだから。
 少なくとも日本ではギャンブルが紳士のステイタス上流階級のたしなみにはなっていません。こうした社会では、わざわざ、証しにならないことはすべきではないでしょう。

 これを前提として、「キリスト者とパチンコ」であります。いくつか列挙してみましょう。

 ある牧師は、「日本中のパチンコ店が教会になりますように」と祈っておられるとか。

 実際に、最近のクリスチャン新聞では、そうした事例が紹介。パチンコ店の外装そのままで、十字架や看板をつけた札幌の教会。インパクトありすぎの地域への証しでしょう。また、私自身も、廃業後のパチンコ店を教会堂とした福島県いわき市の教会を訪ねたことがあります。若くして救われたパチンコ店オーナーの息子さんが20年祈り続けたことの実現であります。現場では感動しまくりでした。

 そこで考えてしまった事例が二つあります。実は私が存じ上げている牧師二名は、信徒に
パチンコ店(と娯楽施設)の経営者を持つ方がおられます。

 一人は、その信徒に対して「神様は喜ばれないのでは?」とシビアに転業などをチャレンジしているようです。確か、その牧師は、パチンコでの収益によるお金という理由で、献金を受け付けていなかったと記憶しています。この指導の是非はともかく、一貫性はあると思います。私などは(その教会では月定額什一が定められているので)、莫大な額の月定献金が予想されながらそれを辞退する姿勢には敬意を抱きます。

 もうお一方は、韓国系の教会の牧師。牧師自身がどうお考えなのかは、尋ねてもいませんし、知りません。ただ、私がお聞きしている情報では、パチンコ店経営者信徒が長老であり、教会の財政に多大な貢献をしており、それが教会内では少なくとも表立っては問題視とされていないとのこと。

 これに対しては違和感や反発をもたれるクリスチャンもおられるでしょう。ある意味、正常な感覚だと思います。ただ、私としてお伝えしたいことは、日本のパチンコ店オーナーの8割は韓国・北朝鮮系の方々だということです。そして、パチンコ産業は在日の人たちに大きな雇用を与えているということです。

 もし、日本社会に差別がなく、在日の方々に就職等の機会均等やチャンスの平等があれば、こういうことにはならないわけです。多様な意見はあるでしょうが、差別してきた側の罪を脇において、こうした事例を安易に断罪するクリスチャンにだけはなってはならないと私自身はいつも願っています。

 パチンコの是非を論じるのは簡単です。しかし、現場で当事者感をもって、自分に問いかけてみると、見えてくることもあるでしょう。

「自分がパチンコ店経営者のいる教会の牧師だったら?」

「転任してきた教会でそうした献金が教会財政の半分以上を占めていたら?」

「自らの給与の一部がパチンコの収益である現実を、自分が牧師ならどう考えるのか?」

 うーん、シビアな問いですねー。以上、パチンコと教会ということでいろいろ考えてしまいました。

| ヤンキー牧師 | キリスト者として考える社会事象 | 10:22 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE