命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 球団名を「トラコンス」へ改名か? | main | 梶原一騎原作アニメから考察するイースターの恵み >>
故・田中好子さんの救いを祈った者として
 スーちゃんとして親しまれた田中好子さんの訃報に、ショックを受けております。ファンだったからではありません。それは私自身が彼女の救いを本気で何度か祈ったことがあるからです。

 10年以上前のことだったと思います。ある教会の関係者から、当時、女優であった田中好子さんが、続いて礼拝出席をしているとの情報をいただきました。単純な私は、帰宅して彼女の救いを祈ったものです。

 それ以来、テレビで見かけるたびに心にかかっておりました。その情報をいただいた後、結婚。それは、不倫略奪愛と評されるようなものでした。そして、今回の訃報。私個人としては整理しきれない複雑な思いが交錯します。

 田中好子さんがキリストを信じ受け入れたかどうかは知りません。でも、彼女を受け止めた教会があり、彼女を芸能人ではなく、一人間として愛し、その救いを祈ったクリスチャン達が、私一人でなく多くいることは間違いありません。ちなみに藤村美樹さんはカトリックの家庭に生まれ幼児洗礼を受け、高校まで一貫してカトリック系の学校で育ちました。もしかすると、田中さんの求道の一因には藤村さんの影響があるのかも知れません。

 一度でもその救いを真剣に祈った人物の訃報は、有名人であれ、一般人であれ、重く受け止めざるを得ません。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 13:44 | - | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE