命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 今週土曜日です!年次総会&コンサート | main | 「ようやく定まったB’zの評価」が再評価? >>
どっちの性生活ショー
  確か数年前まで、「どっちの料理ショー」とかいう番組があったと思います。「究極のラーメンVS究極のカレー」のようなテーマで、プレゼンがされ、芸能人ゲストたちが、どちらかを選択して支持、最終的には多数派のみがそのメニューをいただけるといった企画だったように記憶します。

 

 金曜日のJ+Passionでは、男性限定で「恋愛・結婚・性」の分科会。その中で、結婚前の性体験が多いほど、結婚後の性生活の満足度は減少し、結婚全体にも悪影響を及ぼすとのお話をしました。そこでお話しした一つはいわば「どっちの性生活ショー」であります。

 

 以前にも記した内容ですが、某著名伝道者がテレビにもたびたび登場するイケメン大金持ちIT社長から、「お会いしたい」と相談を持ちかけられます。銀座だか赤坂だかの超高級すし店で、面談。そのIT社長が伝道者に一言相談。


「先生、ぼく、結婚できるでしょうか?心配なんです」


 その伝道者素直な気持ちで返答。

「君のような大金持ちの社長で、テレビにも出る有名人、しかもイケメン、結婚した女性などいくらでもいるだろうが」


 その返答に対して彼が告げたのは、結婚できないと心配するのは当然の重大な事実

「ぼく、これまで1500人の女と寝たんですが、一度も満足したことがないんです」

 

 この話を分科会出席者の男性にお話。「そして、君たちは、この人のようになりたいか?」と問いかけ。しかし、自分が身を切って血を吐かなくては、まだ、説得力不足。そこで、自分の思い?を吐露。

 

「僕が君たちの立場なら、やっぱり、お金持ちにはなれたらいい」

IT社長にもなってみたい」

イケメンにだってなりたい」

「人生一度くらいモテモテになってみたい・・・・」

 

「でも、人生で一度もセックスで満足できないのは、嫌だ!」

 

 このIT社長に自分と入れ替わってくれと言われたら、最後の一点だけの理由で僕は嫌だね。みんなはどうだい?

 

これは「どっちの料理ショー」ならぬ「どっちの性生活ショー」であります。


究極の性生活、一方は「数千人の女性とセックスして、生涯一度も満足をできない性生活」

もう、一方は、「生涯、一人の女性とだけと心と体を一つとして満足し続ける性生活」。

 

男性読者の皆さんにとっては「どっちの性生活ショー」ならぬ「どっちの性生活しよう?」ですね。

 男性にとっては結婚前の性体験が、どれ程、結婚後の性生活を乏しくするか?そして、時に結婚を破壊し、子どもを不安にするか?それを知っていただきたいのです。

 「おいしそうだろうー、でもおあずけだよ」と神様は決して意地悪で結婚まで待つように命じているのではありません。私たちにとって性が、最高の喜びとなるよう待つように願っているのです。「親の心子知らず」ならぬ「神の心、神の子知らず」であってはならないでしょう。

| ヤンキー牧師 | キリスト者としての性を考える | 17:57 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE