命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 甲府よいとこ、一度はおいで | main | Ministry最新号「語るべき言葉」に原稿掲載 >>
大学のコンビニと生協に小さなツッコミ、大きなお世話
 今週の月曜のこと、母子室を提供していただき宿泊していた教会から歩いて三分にある山梨大学を訪問。大学構内のコンビニが面白そうなので入ってみました。そこで、コンビニでコンドームを販売すべきか?結構真面目に論じたのを思い出しました。しつこく5回も論じたり、読者からの応答をお伝えしました。

「コンビニでのコンドーム販売ってどうよ?(1)」
http://blog.chiisana.org/?eid=1407652

「コンビニでのコンドーム販売ってどうよ?(2)」
http://blog.chiisana.org/?eid=1407653

「コンビニでのコンドーム販売ってどうよ?(3)」
http://blog.chiisana.org/?eid=1407656

「コンビニでのコンドーム販売ってどうよ?(4)」
http://blog.chiisana.org/?eid=1407654

「コンビニでのコンドーム販売ってどうよ?(5)」
http://blog.chiisana.org/?eid=1407663

 そこで、妙な使命感に駆られてのフィールドワークが開始。まずは雑誌売り場をチェック!
「おお、成人向け図書が皆無ではないか!」 

 次に向かうのは保健衛生関係の棚。そこで見つけてしまいました。置かれていたコンドームは小さめの箱で一銘柄のみの販売でありました。

「うーん、やはりあったかー」と考えてしまいます。

 そして、その右上をふと見れば、医薬品らしき小さな袋に入った商品。「芯からみなぎる・・」とか書いてあります。これはまったく意味不明。しかし、さらに読めば、成分に「すっぽんエキス」など・・・もしかして・・・・精力増強剤?。恥ずかしいやら、笑えるやら、でも、よく考えるとツッコミたくなりました。

「大学生にそんなものいるんかい?草食系男子はそんなのたよらないかんのか?!」と別の面で文句が言いたくなりました。

 大学のコンビニとしては、性行為を描いたものは教育的配慮から商品として置かず、当人が性行為に使用する商品とそれを支援する商品は販売しているのでしょう。これは教育的期間に設置されたコンビニとして、正しいのやら正しくないのやら?

 以前の読者からのレポートによれば、大学構内のコンビニはコンドームを販売しているが、大学の購買部では扱っていないとのこと。

「そうだ!確かめに行こう」
 
 というわけで、生協の購買部を訪ねて調査。成人向け図書、コンドーム、精力増強剤の三つとも扱っておりませんでした。これは教育的配慮か、それとも大学生協としての良心か?

 「コンビニでの控え目なコンドーム販売と精力増強剤の販売は、山梨大学の男子学生の純朴さや草食系傾向を示しているのだろうか?」

 などと、あやしげな考察をして、生協の購買部を出ました。

 調査を終了した私は、生協の購買部の二階にある学食へ。カレー並み盛り250円ととんかつ150円の食券を購入してのカツカレー。合計は400円。味はそれなりの美味で、学食ならではのコストパフォーマンスの高さに感激。

 食べ終わって大学を去ろうとした時、ようやく妙な使命感から解放され、ふと自分を客観して思いました。

 「人から見たら、完全にヘンなオジサンあぶない人になってたよなー」

 でも、コンビニや大学でのコンドーム販売を考えると、大切なことが見えてくるのでは?



 ※サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
| ヤンキー牧師 | 今どきの恋愛と性を考える | 17:11 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE