命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 命の商品化:カブト虫→犬・猫→人間 | main | ロングセラーは確実!永原郁子先生の著書 >>
レッチリでボケるも、誰一人ツッコまず・・・
 昨夜はテレビでミュージックステーションを一部視聴。中三の娘が、「レッチリが出る!」とうれしそうに語っていたからです。(レッチリとはレッド・ホット・チリ・ペッパーズのことで、世界的な売り上げを誇るロックバンドらしい?です)

 娘の「レッチリ」という言葉を聞いたら、もう、ボケるしかありません。

 さっそく関西弁でボケはじめる私であります。

 「レッチリ?あれ、えーなー。フグの切り身を鍋に入れて、ポン酢ともみじおろしをつけて・・・」

 私以外の家族二名は、ここまでボケても突っ込んでくれません。放置されてしまいました。

 そこで、あまりの家族愛のなさに、抗議。

 「なんで、突っ込んでくれんのー。『それは、テッチリでしょー!これから、テレビに出るのはレッチリ』って・・・」

 この抗議も空しく終わったことは言うまでもありません。
 

 ※サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
| ヤンキー牧師 | 音楽 | 16:41 | - | - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE