命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 島田紳助の引退は「最後の美学」と「後世への遺産」なのか? | main | 結婚するなら、「同性にも好かれる女性」? >>
さだまさしの「恋愛症候群」に学ぶ(3)〜恋の消え方は二通り
 今日で最後です。さだまさしの「恋愛症候群」から。

歌詞はこちら。
http://music.goo.ne.jp/lyric/LYRUTND4873/index.html


youtubeでの画像はこちら。
 http://www.youtube.com/watch?v=iq-hYqkq68E

 この歌の主要な主張は「恋は必ず消えて終わる」ということですが、「二通りの消え方があると思う」とのこと。「ひとつは心が枯れて行くこと」であります。これは医学的に言えば、脳内物質の分泌の枯渇による症状であります。「そしてもうひとつは、愛というものに形を変えること」であります。

 恋は毛虫のままで死んでいくようなもの。しかし、愛というものに形を変えると、恋は終わりますが、二人の愛がそこからはじまります。それは毛虫が蝶に変るようなもの。

 恋の短命さに対して愛の永遠性、恋の必消性に対して愛の持続性を教えます。恋の自己中心性に対しては愛の他者中心性を、恋の感情依存性に対しては、愛の意志依存性を、聖書は教えます。

 以前に記したブログ記事もご参照ください。恋愛者と婚活者には特にオススメです。

「恋は落ちるもの、愛は育てるもの(1)」
http://blog.chiisana.org/?eid=909109

「恋は落ちるもの、愛は育てるもの(2)」
http://blog.chiisana.org/?eid=909120

「恋は落ちるもの、愛は育てるもの(3)」
http://blog.chiisana.org/?eid=909027


 「ひとつの恋を恋のままで終わらせるか?愛に変えて終わらせるか?」その判断と選択はとても決定的だと思います。


 ※サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」
〈ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
| ヤンキー牧師 | 聖書的恋愛論 | 09:05 | - | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE