命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 今週末はいのフェスでお会いしましょう! | main | 私、昨夜は発症してしまいました。 >>
44歳難病女性と19歳の少年に思う「偽りの純愛美学」
 19歳の少年が難病を患う女性を刺殺。少年は「彼女を病気から救ってあげたかった」と供述しているとか。

 こちらが最初のニュースでしょうか?
http://www.asahi.com/national/update/1018/TKY201110170730.html

 二人が恋愛関係であったように報道されています。
http://news24.jp/articles/2011/10/18/07192751.html

 ネット上では「出会い系で知り合った」との記述も。

 供述どおり、女性が刺殺を願ったとしても、女性自身の手で包丁を握り突き刺すのを少年が手伝ったわけではないので、これは「自殺ほう助」とはならないと思われます。多分、殺人罪になるでしょう。また、未成年なので、成人とは異なる刑となることも予想されます。

 19歳の少年が母親のような年齢の難病女性と恋愛関係になり、愛する女性を苦しみから解き放つため、自分が犯罪者になることを選ぶ・・・・。何か映画かテレビドラマのようです。
 
 「愛する人が難病に苦しむ」→「にしてあげるのが愛」→「殺人犯となる犠牲を惜しまぬのが愛」

 テレビ的恋愛至上主義的には、こういう思考になってしまうのでしょう。

 本当の愛は共に苦しみを担うことでしょう。少年は一生を共にすることを願い、大人の彼女は、それを拒否したのかもしれません。そもそも19歳の愛は、多くの場合、どんなに純粋でも、現実性も継続力もないのが、悲しい現実。

 もし、当人同士だけの世界なら、これも愛の一形態かも知れません。ドラマチックな「男女の究極の愛」と評されるかも。また、いのちが彼女の私物であるなら、正当な行為かもしれません。

 しかし、生命とは「神の所有」、「その人への委託」、同時に「私物」でなく、「家族やその人を愛する人たちの共有財産」。もちろん、難病の方に、「それでも生きるのが使命」などと、健康なものが安易に発言すべきではないでしょう。しかし、聖書的な視点で考えるなら、やはり残念に思う私です。

 恋愛が持つ魔力は二人だけの世界に入ってしまい、周囲とのつながりや絆を見失ってしまうことです。難病であった女性の家族、友人は彼女を失って悲しまないでしょうか?犯罪者となってしまった少年の家族や知人は、どうでしょう?「彼女を楽に」という愛の判断は純粋でも、未熟で視野狭窄的ではないかと思うのです。純愛は美しいです。しかし、どんな純愛も未熟であるなら、それは過ちを免れません。そして、19歳の男性の愛が、未熟でないはずがありません。

 この事件は、「愛する家族が難病で苦しむ時、その安らかな死を願うか?」という問いとは、本質を異にすると私は思います。
 
 19歳の少年の中にあったのは、もしかしたら純愛ドラマや純愛映画などでは?この少年の判断や行動の根底にあったのはメディアが発信する「純愛モノ」に刷り込まれた「純愛美学」だったのかもしれません。それらの愛の究極の姿は「」ですから。「本当の意味で異性を愛するとは、何を意味するのか?」そのような思索をする機会もなく人生を送ってきたのかも。二人の立場になれば、同情は禁じえませんが、一方でそうしたことも考えてしまいました。

 このことは、教会に集う若い世代も決して例外ではないでしょう。聖書的な愛や恋愛観より、メディアが刷り込む「純愛至上主義」と「その究極の姿は死である」との美学を優先している若きクリスチャン達は、決して少なくないように思います。一度、若いクリスチャンにこの事件の感想や評価を尋ねてみて下さい。意外にも、肯定的な評価をしたり、美学的賞賛をするクリスチャンも少なくないのでは?

 そう考えますと、この19歳の少年は、「偽りの純愛美学」の被害者であり、「純愛信仰者」としての破綻者と言えるのかもしれません。ある意味、憶測に基づく仮説に過ぎませんが、今回の事件を機に、こうした未熟で純粋な恋愛観について考えていただければうれしいです。

 なぜなら、こうした未熟で純粋な恋愛観が、結果として、小さないのちを奪うこととなるケースも、少なくないからです。
 
| ヤンキー牧師 | 生命の尊厳・生命倫理・医療倫理 | 21:17 | - | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE