命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< タワーレコードで発見!このキャラは・・・・ | main | 昭和歌謡曲バンザイ(4) >>
宮根さんの隠し子騒動、女性に中絶の選択なし
 世間では人気者の宮根誠司さんの隠し子発覚が、話題となっているもよう。下の記事に宮根さんの発言によれば、相手女性には生死に関する辛い過去があり、いのちを断つ発想がなかったとのこと。

 宮根さんのしたことは、もちろん、非難されるべきこと。しかし、最終的には、女性のいのちを大切に思う気持ちを尊重し、隠し子の存在も認めた事は、ある意味では立派なのでは?罪に罪を重ねなかったこと、罪を罪によって覆い隠そうとしなかったことは、責任ある態度として評価してもよいのでは?

 一方、女性に中絶を強いておきながら、そうしたことがなかったように、活躍を続けている男性芸能人はどれ程多いことかを思うと、やりきれない思いです。宮根さんは「悪い男」であったとしても「最低の男」ではないでしょう。最低の男とはこうした場合に「当然中絶だよな?」と口走り、そうでないと中絶を強いる男でありましょう。

 人への裏切り、失った好感度や信頼などは、その後の誠実さや努力で取り返することが可能です。しかし、失われた尊いいのちは宮根さんほどの才能の持ち主がどんなに努力しても取り返すことは不可能。個人的には、取り返しのつかないことをしなかった宮根さんには、世間はある程度、寛容であって欲しいと願っています。

 宮根さんはその四歳の少女が、健やかに育ち、幸せになるため、父親としての誠実な努力をしてゆかれることが、責任であり、何よりの信頼回復の道でもあるのでしょう。
| ヤンキー牧師 | 人工妊娠中絶関連 | 13:46 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE