命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 同窓会と後期高齢者対応としての球団経営 | main | 人権神授説から考えるあれこれ(2) 「人権侵害ならざる人権放棄要求」 >>
人権神授説から考えるあれこれ(1) 「人権ならざる人権」

 胎児の人権を使命としている私ですが、神学的聖書的に深く幅広く人権を考えてきたかと問われると、かなり恥ずかしいわけです。そんな浅学の私が、人権の聖書的根拠としているのは「神の似姿」。これを所有するが故に他の動物とは異なる尊厳があり、絶対的な生存権があり、あいまいな表現ではありますが「聖書的な意味で人間らしく生きる権利」「聖書的自由の保障」などがあると考えております。創造主より「神の似姿」が与えられている被造物であるが故に、人間には人権があると考えているわけです。ですから私はいわば「人権神授説」の信奉者なのであります。

 一方、教会の交わりやキリスト教界の中でも、「人権の取り違え」「非聖書的人権意識」などはなきにしもあらず。さらに稀に、「信仰を名目とした人権侵害」も起こりうるわけです。そこで、「人権神授説」の立場からそうした事象にについて論じようというのが、このシリーズの趣旨。

 そこで、ひとつ優れたブログを紹介します。多少専門的ではありますが、ポイントをよくおさえており、なおかつ、整理されているということで推薦します。このブログ記事のおかげで、私自身も聖書的人権意識をより深め、幅広くすることができました。

 ブログ「伊那谷牧師の雑考2.0」より「人権とキリスト教#1」
http://inadaniboxi.blog.so-net.ne.jp/2010-08-17
 「人権とキリスト教#2」
http://inadaniboxi.blog.so-net.ne.jp/2010-09-09

 「人権とキリスト教#3」
http://inadaniboxi.blog.so-net.ne.jp/2010-10-21


 #2などを読み、自分人権意識の聖書的根拠が、ローザンヌ誓約に由来していることが、分かりました。ちょっと自分の人権理解を相対視、そして客観視。#3からは、人権をより幅広く学ぶことの必要性、アプローチの多様性を教えられました。

 今回、記したい事は、聖書的でない人権について。上に紹介したブログ記事の#2の記事中で触れられている「人権と人間の欲望の混同」について少し記してみます。

 たとえば、日本国憲法は、「幸福追求権」を認めています。これも大切な人権でしょうが、人権神授説から言えば、「人権の与え主抜きの幸福追求権」なわけです。これは言い換えますなら、「神を除外して自分が幸福と考える幸福を追及する権利」なのです。人権を与えた方の意図や目的を無視して、あるいはそれとは異なる偽の幸福像実現に向かって権利を行使するなら、それは、人権の誤用、乱用であります。

 これはクリスチャンも気をつけないとやってしまいかねません。たとえばクリスチャンが自分のなりたい自分になるという意味での自己実現を目指し、「教会にも牧師にも兄弟姉妹それを妨げる権利はにもない!」と人権を主張すれば、それはまさにクリスチャンによる人権の誤用乱用。なぜなら、人権の与え主は、私たちに神の似姿を回復して人間らしく生きて欲しいと願い、つまり「神の願うような自分になるため」に人権を与えておられるのです。

 ましてや、「誰と結婚しようが、どの職業に就こうが、どこに住もうが、どの教会に行こうが自分の勝手、個人の自由、教会や牧師や兄弟姉妹にどうこう言われる筋合いはない」というのは、人権の誤用乱用としては重症でありましょう。自分の人生を私物化し、神と無関係な人生を歩ませるために、神は人間に人権に伴う様々な自由を与えているわけではないのです。

 幸福追求権であれ、個人の自由であれ、人権の授与者である神を離れたら、それは「人間の欲望の肥大化」、あるいは、「欲望の無限肯定」に至りかねません。聖書はそれを「むさぼりの罪」とか「おのが腹を神とする偶像礼拝」と評価しています。私たち愚かな罪人は、時にクリスチャンであっても、神を離れた発想で人権を主張し、何と、人権によってむさぼりの罪や偶像礼拝を正当化しかねないのです。

 幸福追求権や個人の自由の尊重、そうしたことが神話のように、当然の前提となっている日本社会です。クリスチャンであっても、神や聖書より、それらを根拠に物事の判断や選択をしかねない私たちです。

 「人権神話」を「聖書」より、「個人の自由」を「神の御心」に優先させる時、クリスチャンが、むさぼりの罪と偶像礼拝を正当化しかねないのでは?人権の授与者を忘れるなら、人権と人間の欲望の混同は避けがたいもの。人権神授説に立つなら、まさに、その時、そこで主張される人権とは、「人権ならざる人権」なのでしょう。

| ヤンキー牧師 | 人権問題 | 17:07 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE