命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「ラブ注入なき、マニュアル注入」(3) | main | 光市母子殺害事件、元少年は牧師と養子縁組 >>
「ラブ注入なき、マニュアル注入」(4)

 これは経営の世界では、有名な話だそうですが、ディズニーランドの従業員にはマニュアルというものがないらしいです。しかし、その一方、優れた従業員教育が為されているのは、あのサービスを見れば、間違いありません。

 ネット上の情報によれば、ディズニーの従業員が教えられているのは、「SCSF」という優先順位。それはsafety(安全性) >coutesy(礼儀正しさ)> show(見栄え)>effeciency(効率性)というもの。つまり、清掃も接客も、この優先順位に従って、柔軟に対処するわけです。

 そのことは信仰生活も似ていると思うのです。イエス様は律法を「神を愛せよ」と「隣人を愛せよ」の二点に要約できると教えられました。乱暴に言ってしまえば、「神愛と隣人愛」の原則と動機で、思索し、判断し、言動に移せば(試行錯誤はあるでしょうが)よいのです。これはいわば、クリスチャン版SCSF。

 ところが、神と隣人を愛するという「ラブ」よりも、礼拝・聖書・祈り・奉仕・献金という「マニュアル」を注入してしまいやすい私たちであります。そうです。ラブが注入されていれば、現実の様々な場面で「神愛と隣人愛」の原則を適用し、柔軟に御心に適った対処がしやすいわけです。特に十代や青年期は、試行錯誤をしながら、そうした歩みをして、成熟に向かうのが理想的かと思います。

 しかし、ラブを十分注入せずマニュアルだけを与えてしまうと、表面的にはクリスチャンらしい歩みをしていても、現実の諸問題や未経験の場面で、対処ができません。時に教会では優等生、一般社会では、適応困難者となりかねません。


 ラブ注入優先 →思考と試行錯誤の繰り返しで多様な判断と行動→現実生活における柔軟で御心に適った対処

 マニュアル注入→思考と試行錯誤がなく、自動的判断と機械的行動→現実生活で硬直した反応対応不能

 
経営や社員教育の世界でも、マニュアル主義のマイナスは従業員を思考停止状態にすることだと指摘されているようです。思考と試行錯誤がなければ、特に未経験の場面や問題について、正しい対処はできず、破綻の可能性もあるわけです。

 たとえば、就職や結婚や神学校生活などは未体験ゾーンの代表でしょう。教会や家庭では優等生、模範的と思われてきたクリスチャンホーム子弟の社会参加後の残念な挫折、びっくりするような結婚生活の破綻、神学校入学後の集団生活での不適応など。近年見聞きするこうした現象の背景には、ここで論じているような経緯があるのでは?危惧しております。

 そうした方々が神様と隣人を愛していないわけでは決してありません。むしろ純粋に愛する思いがあるのでしょう。しかし、それに優先してその心を占めているのは、「マニュアルを守って、牧師と親と周囲に認められること=信仰のアイデンティティー」という長年かけて形成された深いものでありましょう。その意味で、次の世代を担う大切な子どもや青少年たちを「ラブ注入なきマニュアル注入」の犠牲者にしてはならないでしょう。

 「神と人を愛すること」が教理や観念としてだけでなく、また、「5点セットのマニュアル」との結びつきだけでなく、現実の社会生活、家庭生活での具体的アウトプットのモデルと結び付けられて、伝達継承されていくことの大切さを思います。

 教会優等生における現実生活での破綻や逸脱行為を見聞きするたびに、大人たちが教会集う品行方正な10代たちの外面でなく内面を観察し、想像し、接して欲しいと強く願います。優等生が必ずしも信仰面、人格面の両面で順調に自立に向かっているわけではありません。また、教会生活優等生の青少年たちが本音で相談できたり話し合える指導者、先輩、交わりの必要性を痛感しています。 

 ラブ注入あってのマニュアル注入。神と人を愛することを伝え、教え、訓練しながら、その具体的アウトプットとして「礼拝、聖書、祈り、奉仕、献金」でありましょう。むしろ、愛こそが、正しくマニュアルを守らせるのです。次世代が、神と人を正しく愛するよう教え、伝え、自らが見本となっていく大人でありたいものです。そう、次世代に対してマニュアルを果たす模範でなく、神と人を愛する生き方の模範を示すお互いでありたいですね。

| ヤンキー牧師 | キリスト教界(論説シリーズ) | 14:06 | - | - | - | - |
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE