命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「ラブ注入なき、マニュアル注入」(4) | main | 牧師逮捕〜「聖なる大義名分による違法行為」を考える >>
光市母子殺害事件、元少年は牧師と養子縁組

 一昨日のテレビや昨日の新聞はほとんどすべてが、光市母子殺害事件の加害者であった元少年の死刑確定をトップで扱っておりました。死刑確定を受けて、メディア側も、元少年を本名で報道。同時に、苗字が変っていることも伝えられましたが、その理由は報道されていなかったように思います。

 元少年の名前は、旧姓福田孝行、現在の名前は大月孝行。苗字が変ったのは、一人の牧師がこの元少年を養子として迎えたため。その牧師のお名前は、大月純子、日本基督教団の牧師先生です。これまでも元少年の死刑反対のため労してこられた様子。

 私自身が所有している一冊の書物には大月牧師の記した論文が掲載されています。その書物は新教出版「性の意味〜キリスト教の視点から」。私自身は、10年ほど前にこの書物から「フェミニスト神学が、聖書をどう解釈し、性をどうとらえているか」を学びました。大月牧師ご自身もフェミニスト神学のお立場だろうと思われます。

 詳細は存じ上げませんが、価値のある情報だろうと判断し、お伝え申し上げます。

| ヤンキー牧師 | キリスト教会(出来事・情報) | 17:00 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE