命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 親子心中から考える小さないのちの尊厳(2) | main | 読者の皆様へ〜退職のご挨拶と感謝 >>
親子心中から考える小さないのちの尊厳(3)

 これまた「アメリカ人親子心中クレイジー評価説」をお教えいただいた方よりの受け売り。ある書物に記されていた実話です。伝聞であり、記憶も曖昧なのですが、趣旨はお伝えできると思いますので、私なりに再現してみます。

 重度の障碍を持つ小学生男子の母親。子どもの将来を悲観して、親子心中を図ろうとしたその時のこと。子どもが母親に言います。

 「死ぬなら、かあちゃん一人で死んでな。ボク、まだ、やることいっぱいあるから。学校の生徒会が忙しいんや」

 この言葉を聞いた母親は、自分の間違いを悟り、心中を思いとどまったとのこと。


 この子には、この子の人生があること。存在意義も社会的使命もあること。道連れにしてそれを奪う権利は自分にはないこと。きっと、わが子の訴えを聞き、そんなことをこの母親は悟ったのでしょう。

 他者感覚に欠ける時、犠牲を惜しまぬ崇高なる母の愛でさえ、愛とは正反対の判断や行動へと結び付けてしまうのでしょう。

 この重度障碍児は、自らの思いを伝えることができました。実際には、それさえもできない児童、幼児、胎児が多くいることを私たちは忘れてはならないでしょう。

 胎児だけではなく、そうした小さないのちの代弁者となって、親とは別の独立したいのちの尊厳を訴えること、それは、いのちの所有者である神とであったキリスト者、および教会に委ねられた使命の一つでありましょう。

 

| ヤンキー牧師 | 生命の尊厳・生命倫理・医療倫理 | 09:02 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE