命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「学校でできることを甲子園でできるかどうか」を考える | main | タイタニック、水戸黄門、聖書から考える再臨信仰 >>
新しき地に踏み出だす(3)〜進路について
 八年間の働きの中、「将来、牧会はしないのですか?」とのご質問は多くの牧師からいただいてきました。「うちの団体来ない?」と誘われたこともあれば、「牧会しなきゃだめだ!」とお叱りを受けたことも。実は、退くことがあれば、特定の教会を牧したいという願いはありました。また、「教会形成こそが伝道者の本道」という意識もあったのです。ブログで偉そうなことを言っているのだから、実践すべきだとの責任感もありました。

 ところが、いざ、働きを退いてみると、全くそうした思いがなくなっているのに自分でも驚きます。そうした導きも感じていない自分がいます。もしかすると特定の教会を牧したり、特定の団体の働き人とは異なる立場で、日本の教会のお力になるのが導きかもしれないと思っているところです。様々な利害関係やしがらみから離れてこそ、できる働きもあるのでは?とのお声も周囲からはいただいております。当面は、選択肢を広げて、神様の導きを見極めて行きたく願っております。

 実はそうしたことが可能となる状況を、神様からいただいたのです。そのことは次回お伝えします。

 
| ヤンキー牧師 | 活動報告・宣教 | 17:26 | - | - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< March 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE