命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 新しき地に踏み出だす(5)家庭生活について | main | 「後ろ向き名言」から学ぶ裏向き真理(1) >>
♪貧しさに負けた〜、いいえ、豊かさに負けた〜

 プロ野球が開幕して約一週間が経過しても、今なお無敗状態であります。完成度の高い野球で、今シーズンも、安定した強さは間違いなさそう(この文章には主語がないが、本ブログでは、不要とされている)。

 余裕ができると他球団の心配をしてしまうのが、人情。開幕以来の歴史的貧打に悩むのが、某球団。昨年の首位打者や前年の他球団の四番、さらには何人ものタイトルホルダーを有しながら、ありえない程の得点力あります。

 何でも、セリーグで文字通り、最も貧しい球団に三連敗とか。何たる経済効率の悪さ!これは、「平成枯れススキ」状態であります。

 ♪広島に負けた〜、いいえ、朝日新聞に負けた〜♪

 やはり、開幕前に既に朝日新聞の攻撃にを受け、既に負傷していたのでしょうか?まだ、活躍もしていないのに、入団時に5億、7億、10億ももらっていたと暴露されたら、それは、スポーツマンとして、心理的にマイナスの影響を受けざるを得ないでしょう。どうも、某球団が負けてばかりなのは、打力の貧しさにあるのではなく、財政的豊かさにあるのでしょう。

 ♪(打力の)貧しさで負けた〜、いいえ、豊かさで負けた〜♪

 ロシアの文豪トルストイは言いました。
金がないことは悲しい。だが、金がありあまっていることはその二倍悲しい」

 トルストイ的に野球評論をすれば、こうなるでしょうか?

 「金がなくて万年Bクラスの球団は悲しいが、金がありあまっているのに優勝から遠ざかっている某球団はその二倍悲しい。」

 某球団のファンの皆様におかれましては、金満球団故の恩恵にあずかるとともに、それ故の二倍の悲しみを担いながら、今シーズンも応援に励まれますよう、心よりお悔やみ申し上げます。

| ヤンキー牧師 | スポーツ | 22:41 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE