命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< この記事に「いいね」をいただいております。 | main | 「キリスト者として”原発”をどう考えるか」を読む >>
マートン選手は宣教サイト開始、小林幸子は試練の時?
 今日は後ろ向き名言はお休みして、軽い?テーマで。

 最新号のクリスチャン新聞によれば、阪神タイガースのマートン選手が、宣教目的のホームページをスタートしたそうです。もちろん日本語です。クリスチャンのボランティアが翻訳されたとのこと。一人でも多くのトラキチが、カーネルおじさんへの暴行を、いや、ご自分の罪を悔改め、神様に立ち返ることを願うばかり(一字違いのドラキチもなー)。でも、芸能人やスポーツ選手が公けに宗教活動をするのは、ご法度との協定があるかのように以前から御聞きしていたので、老婆心ながら心配も。こちらをご覧あれ!

マートン選手のサイト
 http://murtonbaseball.com/

同サイトを紹介するクリスチャン新聞の記事
http://jpnews.org/pc/modules/mysection/item.php?itemid=377

 一方、私はよく理解していないのですが、小林幸子さんが事務所社長を解任して、何か泥沼状態のようですね。本日のyahooニュースによれば、幸子さんは現在の夫とは、彼が結婚していた10年前からの交際との報道も。これが事実なら不倫であります。事実でないことを願いますが、こうした試練の中でこそ、クリスチャンとしての証しをと願うばかり。

 小林さんについては、本ブログにおいては、被災地支援と結婚の件で、アッパレ記事を書いただけに、心配です。

被災地支援の記事
http://blog.chiisana.org/?eid=1407776

結婚についての記事
http://blog.chiisana.org/?eid=1407989

 芸能・スポーツの世界で、クリスチャンが活躍する意味と、クリスチャンとして歩む戦いの厳しさの両面を覚えております。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 17:19 | - | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE