命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 大竹しのぶさんはクリスチャン? | main | 「自称牧師」問題を考える(1)〜「オピニオン」からの提案 >>
さだまさし「親父の一番長い日」にわが子離れを反省
 先日、ラジオから、さだまさしの「親父の一番長い日」が流れてきました。さだのような軟弱フォークは大嫌いですが、さだの才能は認めざるを得ません。この歌詞の情景と心理描写のリアリティー、まるで一つの映画を観るかのような視覚性、兄の視点からの見事なストーリー展開は、アッパレであります。

 さだは落語研究会に所属していたからでしょう。落語の人情話のような、ユーモアをもって情に訴える手法や表現は抜群。先代の円楽師匠の人情話が、フォークソングになったような作品。山本直純による編曲も実に効果的で、12分を超える大作であるにもかかわらず、当時オリコンチャートNo.1を獲得。

 歌詞をご存じない方はこちらをどうぞ。
 http://www.uta-net.com/song/39110/

 youtubeではオーケストラバージョンが聴けるようです。
http://www.youtube.com/watch?v=EHfEANdGha4&noredirect=1

 これを聴いて、一人娘の父である自分はやはりグッと来てしまいます。そして、自分ならどうするだろうと考えました。

 今、高一になったばかりの娘からの情報に寄れば、教会関係の友人達は、娘と結婚する男性は大変、結婚の許可をお願いに行くと、「水谷先生は激怒してちゃぶ台返しをする」と予想しているとのこと。

 これは、ひどい誤解であります。そんな星一徹寺内貫太郎のような古典芸能的対応をするわけがありません。では、どうするかって?

 娘の彼氏には、まず、にこにこして「そうですか。ご希望は分かりました。前向きに考えさせていただきます」と返答するのです。そして、次の日には彼氏の家に無言電話。彼氏の家まで行ってのピンポンダッシュ、さらには飼い犬に眉毛を描いての嫌がらせなどをするのです(おい、おい!)。今どき小学生でもそんなことしないでしょう。我ながら大人気なくてサイテーだと思います。何とたちの悪いこと!娘にとっては、最低最悪の対応をしかねない私であります。

 子育て講演では、「子育ては子別れ!」「自立度こそが育児の評価基準!」「自立をゴールとしない育児は、育児とは言わず、飼育というのです!」と言いたい放題の私ですが、さだの歌に自分の子離れ不足を実感し、反省。

 そこで、思案の挙句の決意です。この歌詞の最後のように、「娘の選んだ男性に間違いはない」と言える父と娘の関係を築きたいと願いました。娘は健全に反抗期を過ごしながら、親離れをし、しっかりと自立度を高めています。それに比べて、父である自分の子離れは遅れ気味。

 娘を育てて行って、多分最後は、どこかの男くれてやることなるのでしょう。その時のために自分の子育ての課題は三つかなーと思いました。

 ,修Δ覆襪海箸前提に、父としてしっかり子離れをすること。
 婿さんに迷惑をかけないようちゃんと自立した女性に育てること
 健全で誠実な男性を選ぶ娘になるよう夫としてよいモデルを家庭で示すこと。

 さんざん嫌ってきたさだまさしに自らの子離れ不足を教えられました。やっぱり、さだまさしは偉い。
| ヤンキー牧師 | 育児・信仰継承・家庭・養子 | 14:36 | - | - | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE