命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「オピニオン執筆者による自称牧師問題についての感想文」のご紹介 | main | 4月のご愛読感謝とご支援のお願い >>
山本昌投手に学ぶキリスト者感謝のツボ

 球界のお達者後期高齢者、投げるシーラカンス、山本昌投手が、46歳にして、杉下氏を超えて球団最多勝利の新記録を達成。今朝の中日スポーツには、杉下茂氏のコメントも掲載。かつての愛弟子でもあった同投手の記録達成を喜びつつ、このようにコメント。

 「丈夫な体に生んでくれた両親と、ここまで長く契約してくれた球団感謝しなければならないね。」

 昌投手のプロ意識の高さと野球に取り組む姿勢の真摯さ、当人の努力は言うまでもありません。しかし、この偉業達成には、当人の努力や姿勢だけではない、要素があります。それは、丈夫な体という先天性の要素と忍耐と期待に満ちた所属球団の契約継続。当人の体のケアがあっての偉業とは言え、丈夫な体は先天性のものです。当人の努力とは別物。また、昌投手はこの二年は勝利なし、昨年などは一軍当番さえありませんでした。40半ばで二年未勝利なら、普通は、契約はできず、引退か退団移籍。球団のこの二年の契約継続は、温情というより忍耐と期待であったのでしょう。まさに杉下氏のコメントの通り。

 キリスト者の感謝のツボもこれと同様でしょう。 
神の子としてくださった天の父と、ここまで長く契約してくれている神様に感謝しなければならないね。」

 神の子としていただいたのは、自分の努力とは無関係な一方的な恵み。これまで実を結んできたか否かに関係なく、常に忍耐と期待をもって、一度結んだ契約を決して破棄されない主のご真実さ!キリスト者たるもの、やっぱり、これに感謝しなければ。

 この二つに感謝する時、自分の業績などとても誇る気になどなれませんね。お互い、この二つの恵みに感謝しつつ、山本昌投手のごとく、勝利を積み上げてゆきたいものです。

| ヤンキー牧師 | 信仰エッセイ | 10:47 | - | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< January 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE