命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「いい男がいない」はNGワードらしいぞ! | main | 石井浩郎議員の「ホオジロザメ」発言に学ぶ >>
北野誠の自説に学ぶ「教会外で通用する隣人愛」
 名古屋の方のラジオでは、平日、午後は北野誠さんがパーソナリティーの番組が放送されており、先日、車中で聴いておりました。北野さんは「仕事ができる奴かどうかは、弁当を買いに行かせれば分かる」との持論を熱く語っておりました。

 以前のこと。午後7時からイベントで9時には打ち上げで食事というスケジュール。「小腹がすくから、マクドナルドでいろいろ買ってきて」とマネージャーに一万円を渡しました。帰ってきたマネージャーが、買ってきたのは、ビッグマックとコーラのLのセットが8つほどで、おつりも800円程度。

 北野さんが「何でビッグマックやねん!」と尋ねると「自分が食べたかったから。」とマネージャー。「小腹すいとるのに、ビッグマックはいらんわ。それに、いろいろ買ってきてゆうたのに、同じものたくさん買ってどうすんねん。コーラのL飲んだら、イベントでゲップするわ!」と気の利かないマネージャーに不満をぶつけると、マネージャーは「そんなこというなら、もっと細かく指示して下さい!」と逆切れ。これには、北野さんは呆れるばかり。

 以前にも、別のマネージャーに、番組スタッフ7,8人の弁当を適当に買いに行かせたら、全部から揚げ弁当を買ってきたマネージャーに怒ったそうです。やはり、「自分が一番おいしいと思ったから」との理由。

 弁当はいろいろ買うのが当然、生魚が苦手、フライが苦手の人もいるし、飲み物も炭酸好きもいれば、ウーロン茶党、緑茶党のいる。こうした場合、仕事のできる奴は、いちいち指示されなくても、食べる人の身になっていろいろ買ってくるもの。気の利かない奴はダメと一刀両断でありました。

 「仕事のできる奴は弁当買いに行かせたら分かる」

 これを聴いて思いました。
隣人愛の実践できるクリスチャンは、弁当買いに行かせたら分かるかも」と。

 クリスチャンは実社会で、結構、全部からあげ弁当を買うような失敗をしているのでは?私自身も、職場と家庭での数々の失敗が頭をよぎります。私などは教会生活や神学校生活より、職場や夫婦関係の中で、叱られたり、恥をかいたりしながら、こうした愛の実践訓練をいただいたように思います。思うに、意外と教会外の場の方がクリスチャンにとって愛の実践訓練の場となっているのでは?

 愛は寛容で親切・・・・あの第一コリント13章の愛のリストから分かる事は、愛は相手中心ということ。相手のニーズ、状況に応じて最善を想像し、対応すること。知性を使って隣人を愛するとは、相手の立場に立って考えて判断実行すること。

 北野誠さんが牧師で、信徒が、全員にから揚げ弁当を買ってきたマネージャーなら、きっとこうなるでしょう。

 牧師 「おまえ、全員にから揚げ弁当買ってきて、なんでや?」
 信徒 「自分が一番おいしいと思うものを買ってきました」
 牧師 「何で自分がおいしいと思うものを買ってくるの?」
 信徒 「自分にして欲しいことを人にするようにとの聖書の教えに従いました」
 牧師 「それなー、黄金律を機械的に適用しすぎやろー。自分がおいしいと思うものと、みんなが惜しいと思うものは違うやろー。人それぞれやろーが!」
 信徒 「それなら最初から、適当と言わず、細かく指示して下さい」
 牧師 「適当と言われて、いろいろ買ってくるのが、隣人愛やろーが」
 信徒 「何で、黄金律を実践したのに叱られるんですか?」
 牧師 「心を尽くして、思い尽くして、知性を尽くして隣人を愛するんじゃ。頭使えよ!この場合は、相手の立場に立って、何を食べたいか知性で想像して判断して、いろいろ買ってくるのが、隣人愛だろーよ」


 隣人愛を実践するには知恵や知性の働きが必要です。頭だけ、教えだけ、観念だけの隣人愛だったのが、教会外の現場での試行錯誤を経て、実践的な隣人愛になるのでしょう。未信者の皆様から「クリスチャンだろーが」とお叱りを受け、未信者の皆様の前で「それでもクリスチャンか」と恥をかきながら、クリスチャンたちは、次第に、キリストの愛を一般社会で適切に実践できるようになっていくのだと思います。それは、かなりきついプロセスでもあるわけですが、教会の外で通用する隣人愛の実行者となるためには、避けて通るべきではないでしょう。そもそも教会外で通用しない隣人愛なんて意味あるんでしょうか?

 クリスチャンであっても、一人よがり、観念的、教理だけの愛では、北野誠さんに叱られる仕事しかできないでしょう。北野誠さんの聖書に通ずる持論に、逆切れする証しにならないお粗末クリスチャンで終わってしまいかねません。北野さんの持論には、教会外で、聖書的な隣人愛を実践することのモデルや知恵を教えられたような気がしました。
| ヤンキー牧師 | 信仰エッセイ | 22:42 | - | - | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE