命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 石井浩郎議員の「ホオジロザメ」発言に学ぶ | main | 婚活系男子、プロが語る最大の分岐点 >>
婚活系クリスチャン男性への「教会内萌え注意報」
 昨日の石井浩郎議員のかつての失敗は、教会内でも例外ではありません。「人魚と思ったらホオジロザメ」ならぬ「ルツと思ったらイザベルだった」という悲劇もなきにしもあらずです。

 教会内や青年会内での交わりにおける一女性の素敵な姿を彼女のすべてと思ってしまい、勝手に抱いたに過ぎないイメージを彼女の内面や霊性、全生活にまで投影して、ぞっこんになり、結婚に至るというのは、かなり危険なパターンでありましょう。

 そこで、婚活系クリスチャン男性に、発令しておきたいのが「教会内萌え注意報」であります。
大きく分けて三つの類型があります。

 賛美萌え
 賛美リードする姉妹は、実態以上に素敵に見えてしまうもの。また、ピアノを弾く女性に弱い男性は多いもの。

「CS萌え」
 子どもたちにやさしく福音を語る姉妹は、信仰的で魅力的に見えるものです。子ども好きで家庭的な女性だと勝手に思ってしまい、結婚をイメージしてしまう男性は少なくないでしょう。

親切萌え
 素敵な姉妹に料理をしてもらえば、男心は揺れ動きます。自分のために祈ってもらえば、深い思いを共有できたようで、恋愛感情が起こりやすいもの。また、純粋に兄弟愛として親切にされているのに、男性が勘違いをしてしまうのはクリスチャンの交わりではよくある話し。

 こうして岡村孝子のパブリックイメージが、当人の人格と同一視されたように、教会内でのパブリックイメージが、当人の人格、霊性などと同一視され、萌えてしまう男性が起こるもの。

 教会で主に仕える姉妹を見て、恋愛感情を抱くのは、至って健全なことだと私は思っています。「こんな素敵な女性と結婚して共に主に仕えたい」と思うのは、素晴らしいことだとさえ思います。でも、そこに美しい誤解を生み出す「萌え」の要素もあることは、冷静に自覚していただきたいもの。

「賛美萌え」には、一般男性たちの女性アイドル萌えの要素もあるのでは?
「CS萌え」には、世の男性たちが、保母さんに萌えるとの同様の面もあるのでは?
「親切萌え」は、男性患者が看護師さんに萌えてしまうようなことと似ているのでは?

 教会で主に仕える姿に惚れたのだから、自分の恋愛感情は正しいと、簡単に自己判断してはならないでしょう。ましてや、そこでのイメージを当人に勝手に投影して、想像上の彼女と恋愛に走るのは危険です。

 付き合って、冷静に観察できるなら、賛美をリードしている姉妹が、実は信仰も感情も不安定であることも。CS教師が子ども好きでも、聖書知識が豊富でも、信仰が自立しているわけでもないことも。親切に思えた姉妹も、教会の中だけと判明してしまうことも。ぞっこんになった姉妹の実態が、トホホちゃんや困ったちゃんであることも。

 とにかく、パブリックイメージとは異なる現実のその姉妹を知って、恋愛の継続や結婚の決断をしていくことをお勧めします。自然災害同様、独身男性にとって、「教会内萌え」は避けがたいもの。自然災害は避けられませんが、注意報を受ければ、一定の対処はできるもの。同じように教会内萌えは避けられませんが、事前に注意と準備をしていれば、結婚してからの「ルツと思ったらイザベルだった」という悲劇は回避できるのです。というわけで最後にアピールです。

 婚活系クリスチャン男性の皆さん!皆さんの教会生活においては、

「教会内萌え注意報」は常時、発令されていますから!
| ヤンキー牧師 | 婚活と伴侶選択のために | 21:34 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE