命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 「〇〇の大好きな〇〇」(2) | main | 「いい男がいない」はNGワードらしいぞ! >>
「〇〇の大好きな〇〇」(3)
 最後に考えたのが「〇〇の好きな牧師」であります。

 「それ自体はいいけれど、それだけではねー」と信徒から思われかねない例。 

 「神様の大好きな牧師」

 神様と個人的関係ではご立派。でも、牧会は密度の濃い人間関係にかかわる職務なので、牧師が信徒との交わりに生きずに、神様大好きばかりが突出していてはどうかと思うのです。

聖書の大好きな牧師」
 好きこそ物の上手なれと言いますから、きっと、よき聖書の学びをリード、優れた説教をされるでしょう。しかし、牧師は専業聖書学者でも、専業説教者ではありません。祈り、牧会、交わりがも大切ですから。

信徒の大好きな牧師」
 嫌いよりはいいけど、世話をしすぎて信徒の自立を妨げかねない面もあるのでは?私自身は「信徒は大好きでなくても愛する牧師」がよいと思っています。

教会が大好きな牧師」
 これもいいようで、心配。会社が大好きなサラリーマンと同様の現象が起こるからです。牧師の家族や神様が悲しまれるケースもちらほら。

 やはり、牧師の働きは、総合的なもの。賜物や優先順位、得意苦手はあっても一定のバランスは必須かと思うわけです。

 逆に「それはどうかと思うけど、実は大丈夫」と思える例

 「女性とお金が大好きな男性牧師

 これは危険なようで、意外と大丈夫というのが私のひねくれた見解。男性牧師の女性金銭問題の原因は、その牧師が他の牧師より女性とお金が好きだから起こるのではありません。心理学的には、力の確認と言われ、霊的には高慢、自制の実の欠如、神学的には聖書的倫理観の欠落によるもの。

 ですから女性とお金の大好きな神学生も献身希望の男性も、用心は必須ですが、心配は無用です。私の知人牧師は時々会衆に「私は女性とお金が大好きですから、私のためにいつも執り成し祈って下さい」とアピールしているそうです。こうした正直な交わり、謙遜な態度があれば、大丈夫なのでは?

 「〇〇が大好きな牧師」

 〇〇に入れるべき適切な言葉が見つかりませんが、信徒同様、「神様と隣人が大好きな牧師」なら無難で普遍的にOKかと思います。

 
| ヤンキー牧師 | キリスト教界(論説シリーズ) | 23:38 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE