命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 言葉だけの「寄り添う」、「共に生きる」よりリアルな「精いっぱい出会うこと」 | main | 拝啓、橋下徹大阪市長様 >>
マルタ依存体質からマリヤ体質へ
  昨日の記事の続編を少しばかり。マルタは牧師や教会員にとっては、よく言えば、頼もしいのですが、悪く言えば都合がよく、便利であります。教会の奉仕は率先してして下さり、行事や活動は次々と予定通りに進みます。

 たとえば、教会の中心がマルタ多数派で、牧師もマルタモード歓迎なら、きっと活発な教会になることでしょう。人も集まり、礼拝人数も増えるかも。でも、教会が建て上げられているかどうかは疑問な場合も。活動主義の教会が陥り易い落とし穴でもあります。活発な活動は、仮想充実感を与えますが、それは実際の結実とは別のことなのです。「何をもって結実とするか?」「何をもって教会が建てあがっていると判断するか?」の基準を明確にして、立ち止まって評価をする必要は常にあるでしょう。マルタモードの一つの問題は、立ち止まることも、自己検証もせず、活動まっしぐらになってしまう危険性。

 マルタ系教会員にマルタモードを継続させると、その多くは、どこかの時点で目的喪失し、自分の信仰や他者の問題でつまづき、三年で離脱。「期間限定マルタ」で終わるようです。そうです。頼もしいから、都合よいからで、マルタモードを継続させると多くが三年の寿命の「期間限定マルタ」となるのでしょう。

 そうなれば、期間限定マルタを、大量消費材のごとく何人もつなぎなら当面の活動を継続するという状態に陥りかねません。「教会の活動は存続するのだけれど、それってどうよ?」との厳しい声はあちらこちらでお聞きします。「とりあえずのマルタ」に、一旦、教会が依存してしまうと、原発地域や沖縄の基地問題のように、そこからの脱却が困難となるのでは?マルタの持つ即効性、依存性の誘惑に教会がどのような態度を取るか?が教会のあり方を決める一要素なのでは?

 現場無視の理想主義的な正論と言われるのは覚悟の上で記しましょう。長い目で見れば、あるいは本来の教会形成を目指すなら、やはり信徒にマルタをさせず、マリヤに育てていくことでありましょう。いわば、マリヤモードの信仰生活の教育であります。

 神様が最優先に求めておられるのは、熱心な教会奉仕者ではなく、真実の礼拝者、器用な実務係より忠実な祈り手、世の知恵に富んだ実用的な人材より、聖書の基準に立って思索判断ができる霊的成熟者でありましょう。本当の意味で教会を建て上げるのはそうしたマリヤモードの信徒ではないでしょうか?

  ここでは、物事をわかりやすくするため、単純化して、対立的に「マルタモード」「マリヤモード」としておりますが、マリヤモードというのは、みことばに聞き入って奉仕をしないあり方ではありません。むしろ、みことばに聞き入った上で積極的に主の奉仕に参与するキリストの者のあり方です。言い方を替えれば、「みことばに聞き入って、心を騒がすことなく奉仕できるマルタ」のあり方とも言えるでしょう。

 一番深刻な問題は、牧師自身がマルタモードに陥ってしまうこと。これは困難な課題です。祈りとみことばに専念するどころか、それを後回しにしてまで活動を優先せざるを得ない状況は深刻な問題でありましょう。確かにマルタかマリヤかは選択の問題ですが、マリヤの選択をすることの困難さは、牧師も同様のこと。

 こうした課題の克服のため、あるいはリアルに高齢化や人材不足で奉仕の担い手がいなくなり、教会行事や奉仕の「事業仕分け」を断行した教会のこともお聞きします。それによって、礼拝の充実、みことばと祈りへの専心が実現したのなら、マルタ依存体質からマリヤ体質への「体質改善成功」と言えるでしょう。

 一方で「事業仕分け」を提案しただけで、各方面から抵抗勢力の攻撃に合い、頓挫したというケースもお聞きします。マルタ依存体質克服の困難さを思います。

 マルタモードの持つ即効性の誘惑、その依存性、一旦依存体質となれば、その克服の困難さ、クリスチャン個人の内にも、教会全体の中にも、根強くはびこるこの課題。まずは自覚したいもの、個人レベルで克服したいもの、さらには教会で共有の課題としたいものではないでしょうか?
| ヤンキー牧師 | 信仰エッセイ | 13:41 | - | - | - | - |
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE