命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< ビックリ!この記事が歴代最多「いいね!」記録を更新中 | main | 「大きな事を言う小さな男」より「小さな事が実行できる大きな男」 >>
育てよう、健全信徒(18)〜山本リンダクリスチャン
 山本リンダ・クリスチャンとは、山本リンダさんのヒット曲を体現したクリスチャン。「高飛車肉食系女子」を描いたと思われる斬新な歌詞とそれに合致したへそ出しファッションと楽曲は社会現象となり、ちびまる子ちゃんのような小学生までが歌って踊った程でありました。

 山本リンダクリスチャンの第一の特徴は、「どうにもとまらない」の歌詞どおり。その基本姿勢は、「いつでも楽しい夢を見て生きているのが好きなのさ」と歌詞の主人公の如し。それは、主からの夢でなく、自己実現の夢。神様が喜ぶ夢でなく、自分を楽しませるための夢

 その夢を見ながら、「蝶になり、花になり、もうどうにもとまらない」状態です。周囲は何とか止めて、自分と神の関係を見つめて欲しいと願っているですが、当人の衝動的性格もあって止められないのです。御霊の実である自制の実も結実しておらず、御言葉に従うという基本姿勢も欠如しており、聖書の言葉による静止もが効きません。それどころから、衝動的な自己実現の夢のため、御心を従わせ、都合のよい聖書の言葉を引用する本末転倒。

 この状態が継続して、症状が悪化すると、次は、ヒット曲「狙い撃ち」の歌詞の如しであります。「この世はわたしのためにある」という恐るべき自己中心。この世どころか、神様さえも自分ためにあると思っているのではないかと心配になるほどのトホホな信仰姿勢

 「磨きかけたこの体そうなる値打ちがあるはずよ」の歌詞のように「自分の賜物は素晴らしく用いられ、、自分の夢は実現し、自分の生涯は祝福される」との仮想優越感に浸ってしまいます。自分の罪や神と人とに対しての過ちなど「自分に値打ちがない」と思える事実は、あっさりスルーして、
「自分に値打ちがある」と思える事実ばかりに目を向けます。もはや、本当の自分から目を逸らし、自らを偽るかなりの重症。

 こうなると、周囲のクリスチャンも、三つ目のヒット曲のごとく、「きりきり舞い」であります。

 「どうにもとまらない」衝動と自己実現の夢、「狙い撃ち」の自己中心と仮想優越感、「きりきり舞」となる周囲のクリスチャン達・・・・。

 願わくは、「リンダ困っちゃう」のように当人が困っていただき、行き詰まりの中で、自己変革の必要性を悟り、神様からのお取り扱いを願っていただきたいもの。周囲ができる援助は、それを祈り続け、手伝っていくことくらいでしょうか?
| ヤンキー牧師 | 健全信徒・教会・コリント化シリーズ | 17:19 | - | - | - | - |
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE