命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 急に思い出した生徒の名前 | main | 福岡市長と塩谷瞬とヘロデ王 >>
「はばたく福音派」、その現在は?

 最近、近所の図書館で古屋安雄著「日本のキリスト教」という書物を借りて読みました。福音派や聖霊派の方にはあまり馴染みのない著者からも知れませんが、日本のキリスト教界全体に「福音派」を外の立場から知らしめた方であります。ですから、古屋先生は、福音派の集会にも招かれ奉仕をされることもおありのようです。

 この著書は訳20章の内の一章を「日本の福音派」に割いています。外側から、また、日本のキリスト教会全体の視点から客観的に福音派を観察評価しており、とても有意義に感じました。JEAが1978年に発行した「はばたく日本の福音派」という著書の通り、80年代は文字通り「はばたく」ような成長振りであったことを記しています。しかし、90年代には停滞傾向に入ってしまったことを指摘。世界的には福音派陣営は将来性があると目されているのに、日本の福音派はどうなっているのか?という問い掛けが興味深いです。

 古屋先生のこれに対しての見解(米、韓とは異なる日本独自の宣教史や精神的土壌の指摘)は、外側からの観察、分析として、とても有意義に感じます。ただし、古屋先生は紙面の関係もあるのでしょうが、米・韓福音派の評価はなさっていません。ですから、「米、韓の福音派はどうなの?今もはばたいてるの?多数化はしてはいても、日本の福音派が目指すべきあり方なの」とのツッコミはありそうです。

 この著書を読んで考えました。80年代は「はばたく福音派」でしたが、現状をどう表現すべきだろうと。

 「はばたいた福音派」 
 これは、客観的観察による冷めた表現。

 「翼の折れた福音派
 これは内部からの自虐的表現。でも福音派は中村あゆみではございません。

 口の悪い牧師はこう評するかも。
 「低空飛行に切り替わった福音派

 さらに口が悪く、危機感過剰の牧師はこう評するかも。
 「一部、墜落に向かいつつある福音派

 しかし、私なりの結論はこれです。
 「翼を休めている福音派

 はばたいてきたが、翼に違和感を覚えて、翼を休めている。これまでの飛行を振り返り評価、そして、正しい危機感を抱きつつも、次の飛行を、聖書に立ち返り謙虚に考えている。
 
 古屋先生は、かなり客観的に観察と評価をしながらも、福音派に対する大きな期待を記しています。神学者マクグラスは「世界的に見て将来性のあるキリスト教として、ローマカトリック、東方正教会、福音派、カリスマ派の四教派を上げています。古谷先生はこの見解を支持しているようです。そして、日本社会において、庶民、あるいは大衆への伝道をリードし、実現するのは福音派だとして、高い評価と期待を記しています。

 私は思います。翼を休め次の飛行を模索している限り、福音派には未来があると。次には80年代とは異なるばばたき、あるいは飛翔はせずとも安定した飛行があるだろうと。近年は、単なる新たな方法論や枠組みなどではなく、そうした翼を休めて福音理解等を深める取り組みや交わりが起こっているようですが、それは必然だと思うのです。

 もし、福音に未来がないとすれば、それは翼を休めようとしない教団や教会であろうと。思考停止の前例踏襲主義過去検証のタブー化などは最も残念な結果をもたらす典型かと思います。現状から目を避けて、「主にある時代の産物」?でもある「80年代はばたき幻想」を未だに追求するなら、そこには次のはばたきも、安定飛行もないでしょう。

 「翼を休めた後に飛行する福音派」、
 「翼を十分休めることなく、無理に低空飛行を続ける福音派」
 「翼を休める必要も認めず、墜落に向かう福音派」

 こんなふうに、21世紀、日本の福音派は、大きく三つに分かれるのではないか?それが、私のはちゃめちゃ予測であります。数十年後には「福音派の教勢は、全体として・・・」と一括して語ることのできない将来が来るのではないかと私は考えています。

 福音派外部の優れた先生が書かれた書物から、外側の視点ならではの自己分析と、外からだからこそ見えてくる希望や展望をいただいた気がします。

| ヤンキー牧師 | キリスト教界(論説読みきり) | 11:43 | - | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE