命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 負け犬、犬死に、犬も食わない | main | 正しい自己愛による差別克服 >>
母親の中絶体験
 今日は大阪キリスト教短大の人権チャペルでメッセージ。内容は礼拝メッセージというより、講義。いのちと性について、特に学生自身が性の世界で深く傷ついたり、中絶せざるを得ない状況に陥らないためのお話。かなりリアルなお話もします。

 1999年NHKの調査によれば日本では一度でも妊娠経験のある女性の43%は中絶経験者。このことを私は女性学生に投げかける。つまり、彼女らの母親の四割は中絶経験者なのである。

 そうした経験者たちの多くはきっと同じ女性である娘にその痛みを語ることも同じ道を歩まぬよう教えることもしていないのでしょう。多分、自分自身がその重荷を負うことで精一杯、あるいは事実さえ思い出したくないのでしょう。

 また、日本の母親たちが、「いのちはかけがえのないもの、何ものにも代えがたいもの、どんな犠牲を払ってでも大切にすべきもの」とストレートに子どもに伝えきれない背後にはそのことがあるのだと私は思っています。

 傷が残る限り、過去のマイナス経験を次の世代にプラスに転じて伝える努力工夫さえもできないのでしょう。もちろん、母親が娘に対して安易に中絶経験を語ることは考え物でしょう。しかし、中絶経験の有無に関係なく、同じ女性として、母親は娘に中絶問題については、しっかりと伝えて欲しいといつも願っています。
| ヤンキー牧師 | 人工妊娠中絶関連 | 07:10 | comments(8) | trackbacks(1) | - | - |
ありがとうございます!さっそく、明日の記事です。
| ヤンキー牧師 | 2009/06/02 9:47 PM |
ミーちゃんはーちゃんでございます。どこでコメントしようかと思ったのですが、一番近い記事はこれかなぁ、と思ったので、コメントいたします。ぜひ、皆様にお知らせしたい、大切な記事を発見したのでご紹介したいと思います。

時々、ここにコメントしておられるHATTORIさんのサイトにのせられた、記事でございます。

そのHATTORI先生の記事は、アップルコンピュータ(マックを作ったり、iPodやiPhone作っている会社)を立ち上げたにもかかわらず、その会社を追い出され、Pixer(トイ・ストーリーとかモンスターズ・インクを製作したディズニーとつながりの深いCGアニメ製作会社)を独立させた『あの』スティーブン・ジョブズも養子に出されていたことを赤裸々に語ったYouTubeの紹介記事でございます。ミーちゃんはーちゃんも、つたない英語力を総動員して聞きました。感動ものです。この講演をお聞きする限り、どうも生物的なご両親は大学をご卒業にならず、苦しい家計であったご様子。

それでも、スティーブン・ジョブスのお母さんが中絶されなかったからこそ、あの、あの、スティーブン・ジョブスが生まれ、Macが生まれ、iPodが生まれ、iPhoneが生まれ、名作トイ・ストーリーが生まれ、モンスターズ・インクが生まれた。ほんとうに、命というのは大事だ、ということを感じさせます。

あと、途中のところで、スティーブン・ジョブズが彼の死生観について、語っているところがありますが、感動ものです。若いということ、老いるという事、死ぬということ。Looks Nouwen!(ナウエンみたい!)のノリです。

途中で、Faithを失ってはいけない、という表現が出てきますが、多分、これは、自信といったほどの意味で、『聖書で言う信仰』では無いんじゃないかとおもいますが、ほとんどいっていることは、「叩きなさい、そうすれば開かれます。求めなさい、そうすれば、与えられます。」という聖書の表現に通じるものがありました。ちょっと、自己中心的なのは、アメリカのスタンフォード大学の卒業式なんでしょうがないかなぁ、と思います。しかし、多分に聖書の表現を意識してしゃべっていると思いますが。(多分、いいたいことは、彼の考えたことばだけれども、スピーチ・ライターの手が入っていそうな気がしますが。)

詳しくは、HATTORIさんのブログ、晴耕雨読の日々 2009年5月29日 (金)タイトル 『いい話だ!』をお読みください。 

ぜひ。ぜひ。(ダイハツの、仲間 由紀恵のCM風で)

HATTORIさんとも一面識も無く、HATTORIさんのブログの追っかけも(もちろん、ここもですが)しているミーハーなミーちゃんはーちゃんが、馬鹿なまねをしていると赦してやって下さい。実は、HATTORIさんのブログには、このブログでつながったのでした。

しかし、どこまでいっても、ミーハーなミーちゃんはーちゃんです。
| ミーちゃんはーちゃん | 2009/06/02 5:37 PM |
経験者からのまっすぐなコメントには、有難すぎて感謝の言葉もないほどです。そうそう、中絶させた男性が語らないのは女性と違って、同情の余地があまりないように思えてなりません。女性が女性に語ること以上に男性が男性に語ることが、最大の中絶防止ですよね。男性たちこそ、男の責任、男の本当の愛を伝えてゆきましょう!大切な視点を示していただき感謝。
| ヤンキー牧師 | 2007/07/09 10:13 PM |
はじめまして。いつもありがたく拝見しています。さて、母親の中絶体験に関しひとこと申し上げます。私は学生時代特に障害児でもなんでもない赤ちゃんをやむなく中絶しました。理由は学生生活が残っていたこと、相手の人と婚約をしていたので、将来また赤ちゃんができたらあきらめた子供の分まで大切に思いながら育てようと約束したこと・・などです。結果的にその人とは結婚できませんでした。もしそのまま結婚していたら子供が大きくなって「実はね昔パパとママが若かった時ね・・」と話せるかもしれませんが、現実別な人と幸せな結婚をして子供にも恵まれた状況で、私は子供に中絶体験について語れないし、語る資格がないと思っています。もし子供に話すとすれば一般論でしか話せません。中絶はあまりにも心にも身体にも傷が残りすぎます。では、男の方はどうなのでしょうか?「中絶させた」体験の持ち主は息子さんに中絶(させた)体験」を語らなくていいのでしょうか?ふとそんなことを思いました。
| おそでふぇるぱ | 2007/07/09 5:50 PM |
失礼しました!カラシダネさんは「愛の決心」の働き人でしたね。日本では精神疾患者に中絶を勧めるのが当然との判断が支配的なようですね。中絶自体が精神疾患に与える悪影響も大きく考慮されるべきでしょうね。また、養子縁組という選択肢を前提とすれば、精神疾患者の育児という課題も違ってくるでしょうし。
| ヤンキー牧師 | 2007/07/04 11:14 AM |
おはようございます。私はクリスチャンカウンセラーです。以前は赤ちゃんを産んで養子に・・と考えている女性の対面カウンセリングもしていたのですが、最近は中絶後の精神的後遺症に悩む人の相談が私の所へ来るようになり、また他のカウンセラーと話している時に『精神科医に「中絶したほうがいいですね、責任が持てませんから」と言われ悩んでいます・・と言う相談者がいるわ』と聞き心療内科や精神科にかかる人が増えている昨今ですので気になっていました。そんな時新聞に産婦人科医が警鐘を鳴らしていると言う記事が掲載されました。
どのような障害がでるのか知りえませんが「産んでください」と勧めているのです。「育てられないなら引き受けます。中絶はしないで下さい、神様が与えられた命です。」と伝えています。
| karasidane | 2007/07/04 9:57 AM |
カラシダネさんは医療関係の方?そとれも牧師?クリスチャンカウンセラー?専門的な立場からのコメントありがとうございました!本当にこのブログはブロガーよりコメンテーターのレベルが高くてありがたいです。でも、いい加減なことや下手なことはかけませんな。
 今日は、つい何時間前に200人以上の短大生に記事の内容をお話しました。大切なことを伝えられたこと自体、感謝。宿泊先からのコメントでした。
| ヤンキー牧師 | 2007/07/03 6:34 PM |
現在、中絶後の精神的ケアーを必要とする3人の女性のカウンセリング中です。内二人は既婚者ですが「うつ病治療」で投薬された薬の為主治医から「胎児に障害の発生率が大なので堕胎するように」と言われたそうです。最近は『うつ病』の人が増えているので治療薬に配慮してほしいと産科学会が精神科に申し入れをしているようです。あと一人は女子大生で中絶を後悔し自分を責めています。ミッションスクール出身のため罪責感は特に強く未来に夢を抱くことを不謹慎ととらえています。母親に打ち明けられずにいることも解放されない理由の一つかもしれません。
| karasidane | 2007/07/03 11:50 AM |









トラックバック機能は終了しました。
[祈り]「小さないのちを守る会」関連
昨日書くつもりだった、小さないのちを守る会の講演の続報。 幾人かに、ブックマークをしていただいたようである。感謝。 そのなかで、 「『日本の一度でも妊娠経験のある女性の実に43%が中絶経験を持つという、驚愕の事実。』まじですか? それから資料がほしい。」
| きりなの日記 | 2007/07/19 12:46 AM |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE