命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 自分を大切にすることの大切さ | main | 赤信号で交差点進入させる性教育? >>
かたや同棲、かたや童貞
 昨日はJ+Passionでおおいに、御言葉によってお取り扱いを受けて、使命感に燃えております。アクセスはJ+Passion開催と祝日のおかげでしょう。今月最低の690。

 先日、妻が「プロポーズ大作戦」なるテレビドラマの再放送を視聴。そこに登場するのが、背が低くてもてない童貞男と、「オレ、同棲してるから」というイケメン男。それを見た長澤演ずるヒロインの台詞が強烈。

 「かたや、同棲、かたや、童貞か・・・」

 これはほとんど、洗脳、マインドコントロールに近いのでは? 

 20代後半、イケメンの童貞男は結構いるし、外見はイケテなくても、同棲している男性など山ほどいるのです。拙著や本ブログにも取り上げた社会保険庁の統計では、未婚者に限れば、20代後半も30代前半も約25%は性体験がないのです。

 同棲と童貞を分ける要素をあたかも外見やもてるかどうかのみであるかのように伝えるマスコミにはトホホです。それが無関係だとはいいません。しかし以上に決定的なのは、その人がどういう価値観を持っているかです。愛するということと本当の意味で相手を大切にすることが結びついているかどうかでしょう。テレビはその現実を伝えていません。

 テレビドラマも、バラエティーも、外見で人の価値を決めて、結婚していたり、性体験あれば価値あり、そうでないと価値がないと言わんばかり。極論すれば以下のような価値観。

外見良し=性体験あり=生存価値があり
外見悪し=性体験なし=生存価値はなし


 騙されるな!洗脳されるな!

既に被害者となった読者は、脱マインドコントロールあるのみ!
| ヤンキー牧師 | 「結婚まで待つこと」について | 09:06 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
そうですね。マスコミからの価値観を真に受けると自己価値はなくなり、自己疎外がおきますね。いつも鋭いコメントありがとうございます。
| ヤンキー牧師 | 2008/03/22 11:23 AM |
洗脳されそうな人は、もう一つ覚悟しなければならないことを知るべきです。他人に対して用いた価値基準は、自分も対して用いられた時、文句が言えません。

それから、別の価値基準の人に、拒絶される可能性も視野に入れなければなりません。

そこまで気付いた人は、あっちもこっちも受け入れて、これまた腰砕けになってしまう場合があるわけです。

だから、「これが道だ」と説明できるこのブログの存在は大きいのです。
| 細木 | 2008/03/21 3:13 PM |









http://blog.chiisana.org/trackback/661002
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE