命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< ポップミュージックが描く性の世界(14) | main | 盗撮被害のやりきれなさ >>
ポップミュージックが描く性の世界(15)
ユニコーン「時には服のない子のように
がんばる女、力になる男〜高尚な理由のこじつけによるやましい行為の正当化。

 昨日に続いて、また、ユニコーン。ネット上に歌詞がないのが残念!題名は明らかにカルメン・マキによる大ヒット曲「時には母のない子のように」のパロディー。この曲は「服のない子」つまり、風俗譲と彼女に足しげく通うリピーターという男女双方の思いがつづられていて、これがなかなか深いのです。

 いかにもというロックのリフに乗って曲は開始。まずは風俗嬢の思い。

♪金が欲しいからがんばるー 体を使ってかんばるー
 とてもいやだけど、がんばるー ・・・・・・愛する彼のためにする

 風俗嬢はがんばっています。なぜならがんばるための崇高な理由があるからです。それは「愛する彼のため」。

 その風俗嬢の気持ちにリピーターの男性客が応答
♪オレにはあなたの気持ちがよく分かる
 力になるから、灯りを消して・・・・
 ランデブー、 がんばるー♪

 彼にも彼女のもとに通うための高尚な理由があります。それは「そんながんばっている彼女の力になるため」なのです。

 さらに2コーラス目には彼は風俗嬢の社会貢献さえ、高らかに歌いあげ、リピーターであり続けることを決意します。

 ♪♪オレにはあなたの気持ちがよく分かる
   輝くみんなの明日のために、明日のために、明日のために・・・・
   ランデブー、 がんばるー、また来るー

 このリピーター男は風俗産業の存在意義を「みんなの明日のため」と崇高な社会貢献にまで強引に高めてしまって、「また来る」と言ってしまうわけです。

 何と見事、そして強引な正当化でしょう。通常の感性の持ち主なら、風俗産業で働くこ女性にも、そこに通い詰める男性にも、一定の「やましさ」はあるもの。そして、人間はその行為自体が持つ「やましさ」をなくすために「高尚な理由」をこじつけます

 これが今回のテーマ。「高尚な理由のこじつけによるやましい行為の正当化」。この曲の場合、「愛する彼のために」「がんばる彼女の力になる」「輝くみんなの明日のため」という三つの高尚な理由が風俗産業を正当化しています。「愛」、「援助」、「社会貢献」など本来、風俗産業と結びつきにくいものが結びつくところがまさに「こじつけ」。「愛」、「援助」、「社会貢献」ならボランティアや社会奉仕、福祉活動をすればいいのです。何も風俗関連である必要はありません。

 しかし、「高尚な理由のこじつけによるやましい行為の正当化」は性の世界では常套手段。「援助交際」などはまさに、その言葉自体が「不当な正当化」だと思えます。貧しい母子家庭を助けるための愛人、女性が自立できない社会での一夫多妻などもそうかもしれません。日本人男性が貧しいアジアの国の女性を買うのを「国際援助のひとつ」と発言し大ヒンシュクをかった人もいましたっけ。

 もう一つ思い出しました。「一日一善」「世界は一家、人類は兄弟」などと日本船舶振興会が頻繁にテレビCMを流していたころ。ある競艇ファンのおじさんはこう言っていたとか。

「競艇はええで!勝てば儲かるし、負けたらそのお金は笹川さんが世のため人のために使ってくれはるから・・」

 人間とはどうもやましい行為から、やましさを取り除くためには、かなり強引な理由付けを平気でできてしまうようですね。私たち人間はあきれるほどの罪人。罪を犯すためなら、自分の欲望を果たすためなら、どんな高尚ものさえ、その理由にしてしまいます。「愛しているから・・・・」とやましい欲望を愛に見せかけ、「助けてあげたいんだ・・・」と下心を親切心で隠し、「それも世のために人のため・・・」と不正行為を社会貢献に置き換えてしまいかねない私たち。

 それに騙されてはいけません。また、それで自分を騙してはなりません。
| ヤンキー牧師 | ポップと演歌が描く恋愛と性 | 08:18 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ユニコーンファンには失礼しました。奥田民生さんが書く、下品でなく、ユーモラスにしかし、性についての本質をついた歌詞には感心するばかりです。ご紹介いただいた曲もチャンレンジを考えてみます。ありがとうございました。
| ヤンキー牧師 | 2008/05/10 8:44 AM |
お久しぶりです.ユニコーンファンだった私からすれば,奥田民生がユニコーンにいたことを知らないなんて!!!!と驚きました.きっと布袋がボウイにいたことを知らない人も多いのでしょうね.

さて,ユニコーンの「性」ソングは他にもいろいろあります.風俗業を扱った「命果てるまで」(曲は「第三の男」のテーマ風),同性愛を扱った「人生は上々だ」,そして夫婦について考えさせられる「スターな男」などなど.

先生,一度お聴きいただいてまたレビューをお願いいたします.
| パライソ | 2008/05/09 10:42 PM |









http://blog.chiisana.org/trackback/766682
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE