命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(4) | main | WATOTOへ行こう! >>
アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(5)
 今回と取り上げたいのは、「女性の二次被害」。これは二通りあります。

 一つは、興味本位で、あるいは男性を理解しようと、一度見てしまい、それにはまってしまうパターン。これは女性によって大きな個人差があるでしょう。かつて、クリスチャンである独身の高校女性教師が男子生徒たちの指導のために、一度限りのつもりで見てしまいました。やがて彼女は、自力ではもうやめられなくなってしまったそうです。ある時、決意をして牧師にそのことを告げて悔い改めて、辞めることができたとか

 もう一つは、見ることで傷を負ってしまうパターン。ある女性が夫が隠れて見ているアダルトサイトを、夫がいない間にアクセスして覗いてしまいました。それはとても過激なもので、その女性はPTSDを発症してしまい、フラッシュバックに悩まされて続けたと言います。私の予想ですが、ひどい性虐待が描かれているシーンを見てしまうと、自分が追体験をしたようなショックを受けるのではないでしょうか?

 よく、「中学生の息子がアダルトサイトを見ていると判明」して、悩むクリスチャンの母親に出会います。私は父親がそれを一瞥し、注意するのはいいですが、母親は見るべきではないと思います。その内容によっては深い傷を受けるでしょうし、息子に対して冷静に接することが困難になるかと思うからです。

 アダルトサイトやアダルトビデオには、母親や妻達の二次被害が起こりうるリスクのあることをあらかじめ知っていただきたいと願います。
| ヤンキー牧師 | ポルノ・アダルトサイト・性暴力 | 08:13 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2012/05/19 9:56 AM |
母と妻だけを想定していましたが、独身女性の弱さや苦しみをお伝えくださってありがとうございます。女性の性は男性ほど普遍化できないので、触れられることが確かに少ないですね。
 そんな中で、真実なコメントありがとうございます。苦しみながらも問題に向かい合い、読者と分かち合うその姿は、同じ葛藤に苦しむ女性に大きな勇気を与えると思います。
 また、コメントをいただいたことでJ・Dさん自身に解放と癒しがあるようお祈り申し上げます。
| ヤンキー牧師 | 2008/05/21 11:46 PM |
実害講座を読んで、とんでもないものを見てしまったと思った。

いつから何故覚えたんだろうか、思い出せないが幼い頃からマスタベーションを繰り返していました。アダルトサイト等は見たことはありませんでした。
しかし何かのきっかけからアダルトサイトを見てしまいました。非常にショッキングでした。今まで何度か見てしまいましたが、見たその何日間かはそれが頭から離れないです。気分は最悪、吐き気がします。人間関係にも影響する程メンタル状態は最悪に落ちます。


記述の通りセックスが怖くなりました。自分はサイトで行われている同じ事が出来るのだろうかと思うととても不安になりました。セックスが自分の絶対に知られたくないとても恥ずかしい部分を明らかにされる行為のように思えてなりません。

いつか愛する人とセックスをする時に思い出してしまうのではないかと思うと非常に怖いです。

性的な刺激と誘惑を感じる弱さがあるのは女性も同じ。

自分が良い例ですし、友人にも苦しんでいる人がいます。

だからいつも性的な問題を取り上げられる時に、女性は男性のような事はないにせよ気を付けてくださいという様なものを読むと、気付かれていないバレていないという侮りにも似た安心感はあるものの、本当はそうではないですという違和感を覚えます。


女性とひとまとめにも出来ませんけれども、そんな女性もいるという事は事実です。

女性にアンケートを取った結果の記述がありましたが、本当に苦しんでいる悩んでいる所はなかなか書けるものではありません。男性も同じと思います。

自分の不安定さや寂しさを埋めるため、特に月経に関係して誘惑は大きくなります。

性的な面。具体的には幼い頃からのマスタベーションは自分の人格形成にも大いに関係していると思います。いつも恐れているものがある。人に言えないものがある。人間関係にも大いに関係します。

しかし信頼できる友人とその事実を明かし合えた経験は自分を随分と解放させました。

一度は一年間ほど抜け出せたもののまた逆戻り。その後アダルトサイトの観覧が始まってしまいました。
汚れを自ら負ってしまった自分。しかしキリストにより雪より白くしたまえと願います。
| J・D | 2008/05/21 9:32 PM |
管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2008/05/20 8:50 AM |









http://blog.chiisana.org/trackback/783212
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE