命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 恒例の5月のベストテン | main | 殺すこと<捨てること<生かすこと(1) >>
アダルトサイト・アダルトビデオ実害講座(8)
 はちこさん(中村佐知)さんから、昨日ご紹介したソフトについてお知らせが来ましたので、お伝えします。

 これは、日本でも、教職者を有害サイトの誘惑から守る一助となりうるのか?宣教団体などで、お互いを守る助けとなるのか?親が中高生たちを守るツールとたりえるのか?一つの可能性、選択肢としてご紹介。

 読者の皆様のご家庭で、教会で、神学校で、宣教団体で・・・・・。必要があればご検討を。


 実際の採用については、当事者(特に男子中高生)とはよく話し合い、できる限り当人の了承を得ることかと思います。特に、親子関係の中では実行の前に「なぜいけないか?」「何が問題なのか?」を親が深く理解し、子どもに伝え、同時に子どもの考えや気持ちも聞くことかと思います。

 大人の間であっても、安易な相互監視システム導入とは考えず、必要性を深く理解し、話し合いで同意に至るようなプロセスを大切にすべきでは?と個人的には思っています。

 また、スクリーンなどの「見たくても見られない」システムと本ソフトのような「見ようと思えば見ることができ、それが信頼関係のある他者に知られる」というシステムのどちらが、教育的?効果的?人間関係上好ましいか?聖書的自制にふさわしいかなど、考えてみることも意味があるのでは?


それでは、コメントとして寄せられたソフトのご紹介です。


 うちのパスターが使っているソフトは、これです。http://x3watch.com/

説明には、こうありました。
X3watch is accountability software designed to help with online integrity. When you browse the internet and access a site which may contain questionable material, the program will record the site name. A person of your choice (an accountability partner) will receive an email containing all questionable sites you may have visited. This information is meant to encourage open and honest conversation between friends and help you be more accountable to your online adventures.


うろ覚えだったので、ちょっと不正確なことを先生にお伝えしてしまったようです。正確には、このソフトを使うと、アダルト系など問題のありそうなコンテンツのサイトにアクセスすると、そのアクセス記録が3人までのアカウンタビリティーパートナーにメールで送られるようになっているそうです。
問題のないサイトへのアクセスは、報告されないようです。

アダルトサイトにアクセスしたくなる誘惑と戦っている人にとっては、非常に有益なツールだと思います。
日本語のサイトにも使えるのかしら。少なくとも、写真などはひっかかるでしょうね。

(アカウンタビリティーパートナーへの報告機能がついているソフトはウィンドウズ用のみで、$19.95。報告機能はなく、ただ記録するだけならマック用とウィンドウズ用があって、無料でダウンロードできるようです。)

うちのパスターが、自らこのようなツールを用いて自分のインテグリティを守ろうとしていることに、私は敬意を表します。
| ヤンキー牧師 | ポルノ・アダルトサイト・性暴力 | 10:13 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
blueさん、ありがとうございます。記事で引用を予定していた書物のほとんどすべてをご紹介くださり、手間?が省けました。
 さらにジョシュア・ハリスがリアルで信仰的なことを書いていますね。私自身もそうしたいくつかの見解を自分なりに消化しつつも、確信にはもうひとつですね。

 必要を覚える読者の皆さんは費用を惜しまずこれらの書物を購入し熟読されることをおすすめします。
| ヤンキー牧師 | 2008/06/04 9:59 PM |
マスターベーションについてですが、『恋愛の品格』(p.166-p.177)で、自慰行為中毒について書かれています。なので、やはり注意は必要なのだとも思わされます。また、『あなたはどこに愛を探しますか』では、結婚後にも影響があることが書かれています。

夫婦間においては、『愛することを教えてください』(梶日出男著)「第5章夫婦としての心遣い」の中に水谷先生と同様の意見がわかりやすく書かれています。

『愛するってどういうこと?』(福音社)p.29-p.30には、「青年期に活発に生産される精子はマスターベーションで排出されなくても自然に身体に吸収されて全く問題ありません。」と書かれています。やはり行為そのものよりも、動機が問題だと書かれていますね。

KGKのブックレットの『イシュとイシャ vol.2』p.43〜には、マスターベーションに関するQ&Aがあり、とってもわかりやすいです。

マスターベーションについての記事以外にも、結婚前の性欲について、その葛藤と取り組みなどについても書かれていますので、ぜひ読んでいただきたいと思いました。また、葛藤を告白し、このようにアドバイスを求められるというのは素晴らしいと思いました。これからも、周りの人と葛藤を分かち合い励ましあい支えあっていかれますように。祈ります。
| blue | 2008/06/04 2:57 PM |
「オナニーは、セルフ・セクシャリティーということで、自分が創造の業の中でどんな存在なのかということを確認する部分が有ります。」とは時々お聞きする見解。私はまだまだこの点は未消化です。
 見解は多様でしょうが、ちょっと勇気が必要だったコメントに応援をいただき感謝。
| ヤンキー牧師 | 2008/06/04 8:33 AM |
>思いの世界で性的罪を犯さずに、射精をすることは(あくまで私的見解ですが)許容範囲だと考えています。

クリスチャンカウンセラーのK先生も同様のご見解であると個人的には理解しております。

思いの世界の性的罪とは、具体的に、かつ実在する女性を思い浮かべてなされるようなことを指すと思います。

オナニーは、セルフ・セクシャリティーということで、自分が創造の業の中でどんな存在なのかということを確認する部分が有ります。そこに罪を混ぜるのがサタンの策略です。

クリスチャン男子さんは、そういうファンタジーを避け、且つ、その具体的な必要を早く主が満たしてくださるように祈りながら取り組まれるのが良いと思います。
| 細木 | 2008/06/04 4:50 AM |
PC音痴の私には、ありがたいお知らせです。これも記事で紹介します!
| ヤンキー牧師 | 2008/06/03 8:36 PM |
クリスチャン男子さん、よくぞ勇気を持って質問して下さいました。私もできれば夢精まで我慢できればよいことだと思っています。眠れない、為すべきことができないような場合は、思いの世界で性的罪を犯さずに、射精をすることは(あくまで私的見解ですが)許容範囲だと考えています。

 これも私見ですが、既婚者男性の場合は、妻が射精を導くのがよいと思います。性器結合だけが夫婦の性のすべてだとは聖書的にいえないと考えるからです。

 一番よいことは、早く自立して、結婚することです。強い性的欲求は結婚のために神様がお与えになった恵みでしょう。

 短い言葉で説明不十分で申し訳ありませんが、いつか、しっかりとした記事にしたいと思います。
| ヤンキー牧師 | 2008/06/03 8:19 PM |
http://www1.k9webprotection.com/

これはどうですか?
現在奉仕している教会では、青年担当伝道師がこれを導入しています。
パスワード管理を、他の人(配偶者でしょうね)に任せればよいと思います。
大手メーカーのものと較べて遜色は無いと思いますし、無料です。
| 細木 | 2008/06/03 4:40 PM |
はじめてコメントします。教会ではなかなか聞けない性の問題取り上げてくださって感謝です。僕自身日々誘惑と戦っていますがやっぱり負けてしまうことがあります。でもキリストの十字架の許しの中で立ち上がらせてもらってます。これからも戦うつもりです。その中でひとつの疑問がありコメントさせてもらいました。ずっと聞けずにいたことなんですが。それは、ポルノ依存というのは結局オナニー依存だと思うんですが、僕自身情欲を持ってポルノを肴にオナニーすることは罪だと思って戦っているわけです。結局オナニーをしなければ精子は溜まる一方で最終的には夢精で放出されてしまいます。その精子が溜まる過程で、もんもんとして他のことに集中できず誘惑に対する勝利が難しくなることがあるんです。むしろその際に誘惑に負けオナニーをした方がスッキリして集中して物事に向かえることがあります。(もちろんオナニーしてしまったことは悔い改めているんですが)医学的にはオナニーは適度にした方が健康上いいといわれているようですが、クリスチャンとして、独身者、また既婚でも妊娠中にセックスが出来ない場合の、オナニーのこと(情欲なしでのオナニーは僕には不可能なんですが)、性欲の処理をどのように考えればいいのか、夢精するまで我慢するべきなのか。(僕はそう考えていたのですが)これまで、だれにも聞けなかったので今回勇気をもって聞いてみようと思いました。(そういう疑問を持っているクリスチャン男子が他にもいると思いまして代表の意味も込めて)長々すいません。切実な問題ですのでヤンキー牧師さんの考えを聞かせてくださればと思います。よろしくお願い致します。
| クリスチャン男子 | 2008/06/03 12:38 PM |









http://blog.chiisana.org/trackback/805438
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE