命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 当世結婚事情に突っ込み!(2) | main | 本日、東海青年宣教大会 >>
当世結婚事情に突っ込み!(3)
 これまた、最近あるクリスチャン女性からお聞きしたお話し。高校の同窓会でのこと。同級生の女性の一人は現在同棲中。結婚したいと願っているのですが、男性の方がなかなか決断してくれない状態だとか。

 「結婚したいなー」と訴える彼女に、同じく同棲を経て結婚した別の女性がアドバイス。

 「赤ちゃん作っちゃいなよー

 結婚を願うその女性は、「そうしよう!」と応答していたとか。

 これを聞いたクリスチャン女性が、心を痛めたのは言うまでもありません。

 「あかちゃんできたから結婚できた」
 「あなたのいのちが私たちを結びつけた」
 「あなたが私たちを結婚に導いた小さな天使」
 
 どんなに美しい言葉を使っても、事実は子どものいのちを利用して、自らの結婚願望を実現させたのには変りはありません。

 ヤンキー牧師的には、こう申し上げたい。
「この子のいのちの意味は、男の引止め役かい!」
「自分の要求実現のために子どもを利用するとは、母親としてスタートから最悪じゃないのかよ?!」


 同棲とは、男性にとってはすべてしたいことをできてしまう反面、結婚の責任や煩雑さや拘束力のない実に快適な生活形態です。あえて、結婚に踏み切る理由はあまりありません。当初は結婚を前提の同棲も、男性の場合には相手に性的なマンネリを感じて、気がすすまなくなる場合も。

 そう考えると同棲とは、女性には圧倒的に不利な生活形態です。そこで、形勢不利の中で一発逆転が狙える方法のひとつが「妊娠させた責任をとらせる結婚」なのでしょう。

 それは、子どもの尊い命に対しての侮辱ではないでしょうか?
そして、もう一つ、同棲相手の男性が結婚しない、できないと応答したらどうでしょう。妊娠を告げた時、こう言われたらどうなるでしょう?

「実は他に好きな女性ができた。結婚できない」
「会社が倒産する予定。結婚して子どもを育てる自信がない

 こうした展開となれば、授けられた尊いいのちに対して責任を取るのは彼の方だけではなくなります。結婚という形での責任は取りえません。その時、女性はどうするのでしょう?

 結婚のために利用しようとしたいのちは、次には利用価値がなくなれば、闇に葬るのでしょうか?

 いのちの手段化、いのちを利用するとは、いのちに対しての最大の冒涜であることを覚えなくてはなりません。

 「結婚したければ、赤ちゃん作っちゃえばー」

それは、あまりに恐ろしいいのちへの冒涜の言葉だと思います。
| ヤンキー牧師 | 聖書的結婚観と今どきの結婚観 | 07:54 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
 Kさんへ。失礼ですが、よりよい結婚、離婚防止、同棲の是非を論じているのはありません。結婚するためにいのちを利用することの問題点として、二つの台詞を想定しています。どうか、記事の意図や文脈をご理解いただければと願います。
| ヤンキー牧師 | 2008/11/09 10:23 PM |
 細木氏のコメントには、同感。そこまで他者の心情に自らをおくことのできない大人が増えているのでしょう。
| ヤンキー牧師 | 2008/11/09 10:19 PM |
お言葉ですけど

「実は他に好きな女性ができた。結婚できない」
「会社が倒産する予定。結婚して子どもを育てる自信がない」

こんなのって…こう言換えられるんですよね

「実は他に好きな女性ができた。離婚しよう」
「会社が倒産する予定。これ以上結婚を続けて子どもを育てる自信がない」

こういう風な話なんて同じ牧師としていくらでも事例聞いているのですが…できちゃった結婚がいいというつもりなんかないですけど、それをしなければ離婚が減らないなんていう証明になるんでしょうかね…




| K | 2008/11/08 9:26 PM |
何かのドラマで、そんな場面を設定して、純真な女性の役の人に、「私の命がそんな風に利用されたのかもしれないと思うと、私って何なのって・・・(絶句。わなわなと震えながら、大きく見開いた目から大粒の涙を流す)。」という演技をしていただいたら、などと思ったのですが、次の瞬間、共感してくれる人が少ないかもしれないと思い、自分で勝手に暗い気持ちになってしまいました。
| 細木 | 2008/11/08 10:57 AM |









http://blog.chiisana.org/trackback/955959
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE