命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
<< 目指せ!砂渡し夫? | main | 12月7日はゴスペルライブで奉仕 >>
(村崎)太郎物語(1)
毎年思うのですが、クリスマスが近くになると人権習慣です。当然、今年はは村崎太郎さんの結婚について。以前、麻生太郎物語で挫折したので、今回は同じ太郎でも「村崎太郎。」そうです。あの猿回し芸人の太郎さんです。

 今月も一日平均約1700アクセスをキープ。ご愛読を感謝します。言うまでもなく今月のアクセストップは、「ツチノコ」シリーズや「夫が尊敬できない」シリーズではありません。何と先月アップした「(部落差別の)歴史と戦う結婚」です。

 こちらがその記事です。
「歴史と戦う結婚」http://blog.chiisana.org/?eid=946962


 何と二位の記事のアクセス数の3倍から4倍で、今月のアクセストップは決定的です。では、なぜ、それほどまでにアクセスがあるかと言えば、教会外の一般読者の方の検索に当たっているからです。そして、検索の語句は以下の通りです。

「村崎太郎 差別」「猿まわし師・村崎太郎/差別問題」「村崎太郎 被差別」「太郎が恋をする頃までには」「太郎が恋をする頃までには 内容」「村崎太郎 部落」「太郎が恋をする頃 部落」「村崎太郎 被差別部落」

 本ブログが、キリスト教界を超えて、一般の方々にも、差別問題を紹介し、人権や命の尊厳を微力ながらも発信できたことに感謝しています。

 検索語句から分かるようにこの問題は、差別問題、被差別部落問題が本質です。そして、その歴史と戦い結婚した女性が記した「太郎が恋をする頃までには」は、平成の「破戒」に相当するものとなっているようです。私自身も購読するつもりです。

 太郎さんの結婚は「人権婚」「平等婚」「平成版破戒婚」「希望婚」と呼びたいです。まず、明日は太郎さんの父親を紹介したいと願います。
| ヤンキー牧師 | 「村崎太郎」関連 | 08:38 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
差別を受けた方々からのそうした意見や思いがあるのは、私なりの承知しているつもりです。マスコミで伝えることの是非も論じられるべきかと思っています。私自身が「寝た子を起こすな」よりも「健やかに起こそう」という考え方なので、どうか、ご理解を。
| ヤンキー牧師 | 2008/12/31 3:13 PM |
二度とマスコミで被差別部落を語ったら許さない!
| 被差別部落出身者 | 2008/12/31 2:14 PM |
ご指摘ありがとうございました。重大なミスのご指摘大変助かりました。コメントの公表に際しては、リンク先は削除した形とさせていただきました。愛のご指摘で守られ感謝です!
| ヤンキー牧師 | 2008/12/29 12:13 PM |
水谷先生こんにちは
いつも興味深い記事満載で感謝です。
このシリーズもいいですよね。

さて、記事中の「(部落差別の)歴史と戦う結婚」の案内リンクが管理ページへのリンクになっていますのでご報告まで。
次の書籍のタイトルも楽しみにしております^^
| 谷川鹿子 | 2008/12/29 12:09 PM |









http://blog.chiisana.org/trackback/979688
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE