命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
(村崎)太郎物語(2)
 村崎太郎を語るのに、父親の村崎義正をはずすことはできないようです。私自身も、AERAの記事で初めて、この義正さんのことを知りました。wikipediaの「村崎義正」の項には、簡潔に彼の生い立ちやいくつかの業績が記されています。是非とも、読者の皆様にはご一読いただいたいのです。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%9D%91%E5%B4%8E%E7%BE%A9%E6%AD%A3

 日本の被差別部落の職業は多様ですが、主なものの一つは芸能です。角付芸(かどつきげい)といって、家々を訪ね、角先で芸能を披露して生計を立てていたのは、主に被差別部落民でした。有名な「春駒」や「獅子舞」もその一つです。また、文字通り路上で行われていた大道芸も、被差別部落の人々が発展させてきた芸能。

 そして猿回し芸はそんな大道芸の一つです。蚤から像まで調教できる調教師でも、知恵のあるニホンザルは不可能だと言われるそうで、それ程、猿回しは、世界の誇りうるレベルの高い芸能なのです。にもかかわらず、歴史的な経緯と差別によって、この優れた芸能は卑しいものとされてきたわけです。

 wikipediaの記事によれば、村崎義正さんは「同じ地区で生まれた同級生12人全員が、部落差別にさいなまれ、ある者は自殺し、ある者は社会から落伍して、なんとか生き残ったのは義正を含めわずか3人だけというすさまじい状況下の青春時代を過ごす。」とあるように、壮絶な差別の中で育ちました。

 後に山口県光市市議会議員に当選、部落解放同盟を結成し活躍します。後にあの俳優、小沢昭一さんと遭遇。猿回し芸の家系にあった義正さんは、小沢さんの勧めで、市議会議員を辞職してまで、途絶えかけていた猿回し芸の復興に尽力。

 息子である太郎さんがそれを継承し、新たなエンターテイメント性を付加して、日本中の人気者となったのは、記憶に新しいところ。しかし、日本中が太郎さんの芸を絶賛しても、彼の心に本当の意味での誇りや達成感があったとは言えないかもしれません。差別は、他の何によっても補いきれないものを人の人生に与えてしまうのでしょう。
| ヤンキー牧師 | 「村崎太郎」関連 | 11:59 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
(村崎)太郎物語(1)
毎年思うのですが、クリスマスが近くになると人権習慣です。当然、今年はは村崎太郎さんの結婚について。以前、麻生太郎物語で挫折したので、今回は同じ太郎でも「村崎太郎。」そうです。あの猿回し芸人の太郎さんです。

 今月も一日平均約1700アクセスをキープ。ご愛読を感謝します。言うまでもなく今月のアクセストップは、「ツチノコ」シリーズや「夫が尊敬できない」シリーズではありません。何と先月アップした「(部落差別の)歴史と戦う結婚」です。

 こちらがその記事です。
「歴史と戦う結婚」http://blog.chiisana.org/?eid=946962


 何と二位の記事のアクセス数の3倍から4倍で、今月のアクセストップは決定的です。では、なぜ、それほどまでにアクセスがあるかと言えば、教会外の一般読者の方の検索に当たっているからです。そして、検索の語句は以下の通りです。

「村崎太郎 差別」「猿まわし師・村崎太郎/差別問題」「村崎太郎 被差別」「太郎が恋をする頃までには」「太郎が恋をする頃までには 内容」「村崎太郎 部落」「太郎が恋をする頃 部落」「村崎太郎 被差別部落」

 本ブログが、キリスト教界を超えて、一般の方々にも、差別問題を紹介し、人権や命の尊厳を微力ながらも発信できたことに感謝しています。

 検索語句から分かるようにこの問題は、差別問題、被差別部落問題が本質です。そして、その歴史と戦い結婚した女性が記した「太郎が恋をする頃までには」は、平成の「破戒」に相当するものとなっているようです。私自身も購読するつもりです。

 太郎さんの結婚は「人権婚」「平等婚」「平成版破戒婚」「希望婚」と呼びたいです。まず、明日は太郎さんの父親を紹介したいと願います。
| ヤンキー牧師 | 「村崎太郎」関連 | 08:38 | comments(4) | trackbacks(0) | - | - |
(被差別部落の)歴史と戦う結婚
 「夫が尊敬できない!」シリーズを始めたばかりですが、続きの記事を延期しても知らさねばならない雑誌記事を見つけました。久しぶりの人権ネタです。

 それは現在発売中のAERA11月3日号の「歴史と戦う結婚」。これは歴史的な扉を開く結婚であり記事だと思い、お知らせします。40代のフジテレビ女性プロデューサーの結婚がそこには書かれています。彼女の結婚相手は被差別部落出身の男性。ここまでなら、これまでもありそうな話。

 今回の記事がまさに歴史と戦う結婚であることは、結婚相手の男性が有名人でしかも被差別部落出身者であることを自ら公けにしていることです。その男性とは「反省猿」などの猿まわし芸で一世風靡した太郎こと、村崎太郎さん

 結婚当時、太郎が将来重要無形文化財や人間国宝となり、妻美和子が作家として名をなした時に、初めて明かそう、それまで二人で黙って頑張ろうと約束をしていたとか。しかし、結婚一年を経たこの時、私小説を通して、周囲の反対を押し切り、二人の結婚の背景を明らかにしました。タイトルは「太郎が恋をする頃までには・・・」、今朝の朝日新聞にはかなり大きな広告が掲載されています。

 ヨーロッパの被差別の民ロマ(以前はジプシーが呼称でした)が芸能の民であったように、日本でも被差別部落の民は、能・歌舞伎などの芸能を継承発展させてきました。猿まわしも、被差別部落の人々が継承し職業としてきたものの一つ。AERAの記事には現在47歳の彼が子どもの頃から受けてきた不合理な差別の数々や考えられない貧困なども記されています。「この時代にこんなこと?」と思うような内容です。

 日本では著名な政治家、芸能人、スポーツ選手が自ら被差別部落出身であることを明かす事はまずありえません。それほど差別は根強く日本の社会に潜んでいるからです。この勇気あるご夫妻もこれから応援や励ましの声と共に、心無い言葉や陰湿な誹謗中傷に苦しめられることでしょう。それを覚悟の戦いだからこそ、先駆的な意味があるのです。社会に対しての優れたメッセージがあるのです。

これは、日本部落史に残るような出来事なのかもしれません。そして、この記事は今後、評価を受けるか、マスコミからタブー視され黙殺されるか、それも見守るべきことでしょう。

 人権やいのちの大切さに関心や重荷のある方、またブラックゴスペルに関わる方々には特にお読みいただきたい記事です。
| ヤンキー牧師 | 「村崎太郎」関連 | 07:16 | comments(8) | trackbacks(0) | - | - |
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE