命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
小林幸子、隣人愛?としての米10トン
 少し前のことですが、江頭2:50が男を上げているらしいですね。普通の有名人なら、堂々と被災地支援を打ち出せば、被災地にも支援を願う人たちにも大きな励ましとなります。しかし、エガちゃんはそうはいかないでしょう。多額の義援金を出せるほどの金持ち芸人でなし、慰問になるような芸風もなし、いいや、被災地で披露してはならない禁断の芸風だと思います。支援を公表などすれば、きっと偽善とか売名とか言われちゃうし、普段の破壊的で非社会的な芸風にもマイナス。

 そこで、ちゃんと自らをわきまえたエガちゃんはお忍びの単独行動で被災地を訪れ、支援物資を渡します。それを受けた被災者からのツイッターでばれてしまい、公に。普段のイメージとはかけ離れたその謙遜な姿勢が、絶賛され、男を上げたわけです。きっと、これからもその件で突っ込まれると照れながら、これまでどおりの邪悪なキャラを続けてくれることでしょう。いや、もしかするとこれを期に邪悪キャラから善良キャラに転向したり、後には、佐賀県知事に就任かも?

 震災前に書こうと思っていたのが、震災時発行だった写真週刊誌フライデーのこと。「有名人と宗教」の連載がスタートしており、第一回目はキリスト教。最初に登場するのが、あのキャンドル・ジュン。これは知りませんでした。広末さんとの間にお子さんも誕生されたようです。

 あとはクリスチャンの間では知られている森ビルの社長やワタミ社長など各企業の社長や創業者たち、そして、何と言っても、一般読者にインパクトがあるのは、小林幸子さんであります。豪華絢爛衣装で、「無理して飲んじゃいけないと」との節酒運動ソング?を歌うクリスチャン演歌歌手であります。

 今日のyahoooニュースによれば、その小林さんが、米10トンという支援を被災地にされたとか。
http://dailynews.yahoo.co.jp/fc/entertainment/enka/?1302078738

 そういえば、ラミちゃんは本当に東京バプテスト教会の会員らしいですね。ラミちゃんも小林幸子さんも、それぞれ信仰的な思いがおありだったのでしょう。

 そこで、再び話はキャンドルジュンであります。クリスチャンである彼については、「おいおい」とか「どうよ?」とかあれこれツッコミたいクリスチャンも多いでしょうが、それは別の機会で触れるとして、まずは、平和運動家らしく、被災地でキャンドルパフォーマンスをしていただければと期待しております。

〈新しい試みです、ワンクリックが小さないのちを守るサポートになります〉
サイト本体を経由せず読まれた方はこちらをクリックお願いします。
 「小さないのちを守る会」

| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 20:10 | - | - | - | - |
土肥氏が引責辞任
 民主党のクリスチャン議員、土肥氏が竹島問題で引責辞任だそうです。「日韓のクリスチャン議員」の交わりの中のことなので、いろいろと心配。詳しくはこちらを。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20110310-00000110-jij-pol

 明日11日(金)の国家晩餐祈祷会では、代表祈祷をされるはずなのですが・・・。どうなるのでしょう?
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 23:10 | - | - | - | - |
現役国立市長がクリスチャン新聞オピニオン執筆

 クリスチャン新聞の最新号、トップは当然ニュージーランド関連。本ブログでも紹介しましたJCFクライストチャーチの渋沢牧師の働きが大きく報道されております。

 同記事によれば、渋沢宣教師を支える会(原田浩司代表、峰町キリスト教会内)は、義援金を募っているそうです。郵便振替は以下の通り。
 00380・0・37229 渋沢宣教師を支える会
(領収書送付のため通信欄に住所を記入)

 そして、注目記事は、第三面のオピニオンであります。何と国立市長の関口博氏が執筆。同市長はクリスチャンであります。タイトルは「住基ネットをなぜ切断したか」。タイトルどおりの内容。

 冒頭でルカ2:1,2の住民登録の記事を引用。地方自治が、住民の人権、生命、財産を守ることを第一義とすべきであり、個人情報保護は自治体の使命との理由を記しています。同市長はキリストを「個の尊厳」の回復者として位置づけて、クリスチャンとしてこうした判断をしたとのこと。

 キリスト者としてこの情報社会、管理社会にあっての「個の尊厳」を改めて考えさせられる記事です。単なる議論ではなく、現実社会での決断と実行があるからこそ、真剣に受け止め考えたい記事です。

 過去の経緯などはクリスチャン新聞の過去の関連記事をご参照下さい。より問題の本質、市長の信仰理解が分かります。
http://jpnews.org/pc/modules/xfsection/article.php?articleid=2041

| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 17:05 | - | - | - | - |
山谷さんと石破さんに問いかけたい「ホンマでっか!?」

本ブログでは、国会議員から犯罪(容疑)者に至るまで、「自称クリスチャン」である有名人について、何度か記しました。実際、国会議員にはクリスチャンが多いです。

 政治というのはいい意味でも妥協は必要で、大きな目的達成のためにはより小さな妥協は避けられずクリスチャン議員と言えども、それに目くじらを立てるべきではないと考えております。ですから、靖国参拝以外については、マイナス発言は控えてきたつもりです。

 特に日本の政界では、「クリスチャンであること」と「保守政治家であること」は、カトリックとプロテスタントでは、事情は異なるでしょうが、一定の葛藤が生ずるわけです。日本社会全体の責任を持つのですから、他宗教を尊重するのもよいでしょうし、その信徒からの票をいただくことも必要でしょう。保守政治家であれば、日本の伝統的な価値を尊重することも、ある意味当然でしょう。しかし、それが自らのキリスト信仰を否定するレベルに至ってしまうと「それってどうよ」と思うわけです。

 実は今回、某ブログで知った「神社新報」掲載の記事内容に触れ、山谷さん(カトリック)と石破さん(プロテスタント)のお二人のあり方にはさすがに「それってどうよ?」と思ってしまいました。ここまでいくと、他宗教や日本文化や伝統的価値観の尊重というより、自らの信仰否定ではないかと思えるのですが、どうでしょう?私の信仰理解が狭いんでしょうかね?個人的には、ここまでくると、「それってどうよ?」を通り越して「ホンマでっか!?」のレベルだと感じるのですが・・・。

 某ブログの記事とはこちらです。両議員の「クリスチャン不適切疑惑発言?」はこちらのサイトでどうぞ。最後の二つの記事がそれに相当します。
http://yaplog.jp/shinkichi1109/archive/509

 石破氏のブログの2月16日の記事は、特に「ホンマでっか!?」の内容であります。
http://ishiba-shigeru.cocolog-nifty.com/blog/2011/02/post-9fb8.html

 「先生、毎年、2月11日に行くところが違うんではないですか?」「そんなところで何をなさっているのですか?」「来るのはこっちの2・11集会でしょー!」とこの記事を読んで、お怒りのクリスチャンも多いのでは?この記事には大量のコメントが寄せられていますが、「クリスチャン議員としてそれってどうよ」とか「先生がクリスチャンってホンマでっか?」などのコメントを差し上げても、きっと削除されてしまうのだろうなーと思ってしまいました。

 あれこれ思い巡らしましたが、日本の教育のために大いにご尽力されてきた山谷さんには、神父様より信仰の再教育を、長年にわたり防衛大臣としてご活躍であった石破さんには、自らの信仰の専守防衛をお願いしたい?などと皮肉の一つも言いたくなりました。はてさて、読者の皆さんは、クリスチャンである両議院のこうした言動、どう評価されるのでしょう?

| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 17:21 | - | - | - | - |
小野ヤスシさんも信仰表明?
 小林桂樹さんの死去の報道の中、長男のように可愛がられていたという小野ヤスシさんが小林さんの優れたユーモアのセンスを伝えるエピソードを紹介。小野さんの再婚時のこと、証人は小林さん夫妻。その時の挨拶はまさに痛烈なジョーク。

「小野ちゃんは敬虔なクリスチャンというより経験のあるクリスチャンです」とあいさつ。

 これは再婚であることへのジョーク。

 そう、挙式をしたのは都内の教会とか。小野ヤスシさんは、聖公会のクリスチャンです。このエピソードをテレビで披露することは、結果的に自分がクリスチャンであることを知らせることでもあります。テレビ的には、異例のことかもしれません。

 小林さんからは長男のように愛され、先日なくなられた谷啓さんからは弟のように可愛がられた小野ヤスシさん。それはクリスチャンとしての人格と無関係ではないのかもしれません。芸風も割と品位のある方だと思います。同時に事情は分かりませんが、再婚ということは、「小野さんの浮気かも?」と疑ってしまい、チョット心配。

 「人生いろいろ、総理大臣もいろいろ、クリスチャンもいろいろ」と思わせる今日この頃です。

| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 09:07 | - | - | - | - |
押尾学被告、クリスチャンであることを告白。
 名古屋にいるので分からないのですが、今朝の東京中日スポーツの第一面はスゴイです。

 「キリスト教徒告白 押尾被告 マリヤ様お許しを」
http://www.chunichi.co.jp/chuspo/article/tkshimen/CK2010091402100002.html

 押尾学被告がカトリック教徒であることを告白。拘置所では毎日、イエス様とマリヤ様に懺悔をしていたと証言。

 田中さんのご冥福をお祈りしているとの押尾被告の発言を受けて弁護人が質問「どのように祈っていますか」。それに対する押尾被告の返答は以下の通り。

 押尾被告「わたしはキリスト教なので、イエスさまとマリアさまに犯した過ちや今までやってきたバカなことのお許しを求めたり、田中さんのことを悔いたりしています」

 こちらの記事によれば、「宗教上、薬物は許されるのか?」と問われ、「許されないっすね」とタメ語で返答。懺悔とタメ語のどっちが本当かと突っ込まれています。

http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/entertainment/celebrity/439836/



 実は今までも、「押尾学カトリック説」は耳にしていたのですが、「うそだろう」と思っていました(結婚はハワイの教会でひっそりしているらしい)。本ブログでは「押尾クリスチャン」なる記事を書いたこともあるのですが。まさか本当に押尾被告がクリスチャンとは?

http://blog.chiisana.org/?day=20090820

 他にも「キリストの愛は逆押尾的愛」「クリスマスの羊飼いの役には押尾被告を選ぶ」などの内容を本ブログでは書いております。押尾ネタも多いのです。

http://blog.chiisana.org/?eid=1331978

http://blog.chiisana.org/?day=20091212

 もし、からしだね程でも信仰があるなら、どうか、「悔いている」のでなく「悔改めて」いただきたいもの。

 どうも、この信仰告白は、傍聴席の失笑をかってしまったもよう。残念ながら、この男は自己保身のためなら、神様でもマリヤ様でもキリスト教信仰でさえも利用するまでの自己愛の塊だと観察している方は少なくないでしょう。

 しかし、それでも神に不可能はありません。彼が、今後の裁判や贖罪の歩みの中で、真実な悔改めに導かれ、本物のクリスチャンとして歩むことを祈り願いたいです。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 09:28 | - | - | - | - |
確認事項としての「金賢姫元死刑囚と横田早紀江さんはクリスチャン」
 一昨日、クリスチャン新聞が我が家に到着。第一面はやはり、金賢姫元死刑囚と横田早紀江さんの会談。言うまでもなく、二人ともクリスチャン。同紙の報道によれば、人々に囲まれながら信仰のお話しもされた様子。

 金賢姫元死刑囚がクリスチャンになり、手記を通じて償いの人生を送り始めてからはあまり、日本の報道には出てきませんでした。韓国側の政治的理由もあったのでしょう。しかし、ある時テレビで知ったのは彼女の結婚

 お相手はボディーガードであった男性。周囲の反対を押し切り職業や地位を捨ててまでの結婚だったようです。テレビの画面には、結婚を肯定的に評価する市民と、激怒するテロ被害者遺族の様子が伝えられていました。私が観たテレビ報道では、お寺での結婚式でした。ちょっと複雑な思いが起こりました。

 また、ネットの情報によれば、結婚する数年前からは、普段は飲まないお酒を口にするようになり、講演やインタビューも辞退するようになっていたとのこと。現在は名前を変えて、二人のお子さんと四人家族で暮しているとの情報も。

 どんなに劇的な回心を経験したとしても、その劇的さが、生涯の信仰の持続を保証するわけではありません。彼女はある時期から罪の償いのために生涯を費やすことに疲れたのでしょうか?夫である男性はクリスチャンなのでしょうか?共に主にあって、償いの責任を負っていくパートナーなのでしょうか?子どもたちはやがて母親が本来死刑に値するテロリストであったという事実を知るのでしょうか?いろいろ考えてしまいます。

 罪の赦しは絶対です。しかし、同時に償いの責任は続き、罪の刈り取りはしなくてはなりません。罪というものについてこれほど考えさせられる事例もないでしょう。彼女自身、被害者と遺族、神様の視点、立場によっていろいろ考えさせられます。

 クリスチャン新聞の報道では横田さんに「同じ神様を信じている」と確認されたとか。少なくとも、信仰を持ち続けれいることだけは確認でき、個人的には一安心でした。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 05:49 | - | - | - | - |
谷垣氏・石破氏に学ぶ?クリスチャンの他者批判
 本ブログの読者はご存知でしょうが、谷垣総裁と石破政調会長はプロテスタントのクリスチャンであります。「クリスチャンに有名人はいない」とか「クリスチャンになると日本社会で活躍できない」など、全く根拠のないことを信じている方が身近におられたら、この事実をお伝えください。

 最近のお二人の管総理への質問や与党に対する批判は、野党らしくなってきたという声が聞こえます。当人たちにとっては野党が板に付くのも寂しいお話でしょうが。

 もう一つ人気と迫力がないと言われた谷垣氏も、最近は鋭い質問を発し、防衛オタクと呼ばれ、弁舌がもう一つ?だと評価されていたであろう石破氏も最近は立派な野党の論客振り。

 逆境の時にこそ、責任を背負い、成長していくのはクリスチャンらしいような気もします。それにしても、他者を批判したり、攻撃的な質問をする場合も、やはりクリスチャンとして最終的には国民や国政のことを思い、神の御心を念頭においているのでしょうか?

 ただでさえクリスチャン男性が日本の社会で職業人として責任を果たすことは並大抵のことではありません。クリスチャンだからと言って、「温厚で謙遜で、いかにもいい人クリスチャン」では、神に召された政治家としての使命を果たしえないでしょう。だからと言って、他者批判において、品性を疑われるようであってはならないでしょう。

 そういう意味で、自民党総裁と政調会長のお二人は「日本で最もごまかしのきなかいさらし者」になっているクリスチャンと言えるのでは?クリスチャンも、二人をクリスチャンの見本としてみているノンクリスチャンも、ある意味厳しい目で見ているわけです。

 政治家以外にも他者との論戦、他者批判を必要とする職業は多いものです。「クリスチャンとしての正当な批判」、「召しにふさわしい他者批判」、「主にある聖なる批判精神」・・・・。

 本ブログ自体がそうしたコンセプトの上に成り立っているのでしょうが、お二人を見本に、時には反面教師として、テレビ報道から学ばせていただいている今日この頃です。谷垣総裁のあるいは石破政調会長の立場なら、自分はプロテスタントの信仰者としてどう発言し、どう判断するか?当事者感をもって考えると結構学ぶことは多いように感じています。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 21:08 | - | - | - | - |
カルロス・サンタナ、ステージ上で求婚、引退後は牧師?
 サンタナがステージ上で共演者の女性ドラマーにソロ終了後に結婚プロポーズをしたのだとか。確か、シンディー・ブラックマンは実力派女性ジャズドラマーであったと記憶する。ロックもやっているのですね。記事によればサンタナは数年前に30年を共にしてきた妻と離婚しているようです。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100713-00000587-reu-ent 

 ここまでなら、本ブログでわざわざ記事にはしません。彼の計画では、引退後は、ハワイで牧師だって?!「リトル・リチャードのように」とインタビューで応えているのだとか。

http://jp.reuters.com/article/entertainmentNews/idJPJAPAN-34098220081005

 私の持っているサンタナのイメージでは「おいおい」であります。代表曲「ブラックマジック・ウーマン」なんかタイトルからして反キリスト。古典的名作「キャラバン・サライ」などは、インド宗教そのもの。ライブのレコードジャケットに横尾忠則が描いたのは、思わず拝みたくなるようなありがたい?密教画風のオーラとチャクラ満載の偶像ばかり。昔は、ジョン・マクラフリンと二人でスリ・チンモイだったかな?ヒンドゥーの指導者に傾倒して、ギターデュオをしていたと思います。

 それに数年前に離婚しているようだし。予定通りに再婚したら、シンディーはハワイの教会で黒人女性ドラマーとして牧師夫人兼音楽主事か

 そういうわけで、1970年・80年代のサンタナになじんできたおじさんには、「サンタナが牧師」は「ありえんだろー」なのです。そもそも「サンタナってクリスチャンだったの?」であります。

 もしかしたら、パット・ブーンリック・ウェイクマンが個人伝道をしたのか?それとも、シンディーが伝道したのか?

 性表現がヒンシュクだった歌姫ドナ・サマーも異教的ダンスミュージックのEW&Fのフィリップ・ベイリーも人気絶頂時にクリスチャンになったのですから、そうしたこともありえるのかも。

 日頃から「献身ホイホイ」に危惧をしている私としては、くれぐれも忠実な教会生活、クリスチャン生活を送ってから、しっかりと専門教育を受けて、宣教や牧会の現場に出て行っていただきたいもの。

 日本のキリスト教界も、引退後のサンタナをフューチャーして讃美しようとか、来日コンサートでロックおじさんたちに宣教しようとか、そういう安易な発想は止めましょう。実は、「サンタナのギターをフューチャーしてゴスペル歌ったら、すごいかも」と考えてしまった自分が情けない・・・。

 「おい、サンタナ聞いているか?
(絶対聞いてないだろうなー。日本語読めないし)
将来、めでたく牧師になって、来日した際には
忘れずに私のところを訪ねて・・・・

 サイン入りのギターちょうだいね。」

 おふざけはこれくらいにして、とりあえず、引退後のサンタナが一クリスチャンとして、自分の思いではなく、神の召しに従っていけるよう祈りたいと思った私です。(今日は?年振りかで「キャラバンサライ」か「哀愁のヨーロッパ」でも聴いてみよう。)
 
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 17:19 | - | - | - | - |
藤田朋子さん関連で(日本宣教会)代田教会がテレビに登場
 今朝は、腰が張っていたので、朝から念入りに腰痛体操。時間を有効にと願い情報収集のためテレビをつけてみると、何と、教会の礼拝堂が。藤田朋子さんとぐっさんが会衆席に!耳に入ってきたのは「トラクト」というキリスト教界の業界用語!藤田朋子さんは小学4年の時からこの教会に通っており、2005年の結婚時もこの教会で挙式

 さらには教会の名前をお聞きして二度ビックリ。日本基督教団の代田教会ではありませんか。お世話になっております雑誌Ministryの編集主幹である平野克己先生が牧会してられる教会です。

 藤田さんの話しでは、ご主人が、誓約の時は出来るだけ大きな声で応えたいと申し出ると、牧師はとても真面目な方で「皆さんに聞こえる程度で結構です」と返答されましたとのエピソードも披露。藤田さんは教会を「癒しの場所」としてご紹介。

 同番組の紹介はこちら。
http://www.nsttv.com/tv/info/2010/07/7908.php

(訂正)
 後日、日本基督教団の代田教会ではなく、日本宣教会の代田教会と判明しました。したがいまして、牧師も平野先生とは別の方となります。誤った情報を提供してしまったことをお詫び申し上げます。
| ヤンキー牧師 | この方もクリスチャン? | 09:40 | - | - | - | - |
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE