命と性の日記〜日々是命、日々是性

水谷潔が書き綴るいのちと性を中心テーマとした論説・コントなどなど。
 目指すはキリスト教界の渋谷陽一+デイブ・スペクター。サブカルチャーの視点から社会事象等を論じます。
小冊子「LOVE 〜愛するための7つの方法」のおすすめ
 今回は学生や青年煮を対象とした恋愛と性についての小冊子をご紹介。トラクト代わりになるかと思いますので、ぜひ、ご活用下さい。

タイトルは「LOVE 〜愛するための7つの方法」、愛知県は稲沢市にあるユースセンター(青年伝道の拠点)が、翻訳し、プロのデザイナーが素敵なイラストをつけた小冊子。価格は一冊200円

 案内ページのURLはこちらです。まずはご一読を。
http://www.hope-youthcenter.com/love-seven-ways-to-love/
購入方法は二つ
(1)ライフセンターには流通しているそうで、近くのライフセンター関連の書店に問い合わせていただければ、比較的簡単に手に入るだろうとのこと。

(2)直接ユースセンターへ注文の場合は、1部につき90円の送料がかかりますが、10部以上だと送料は無料。(代金のお支払方法はご注文の際、確認させていただきます。)

 本ブログや拙著と違い?オシャレで、スマートに愛について語りかける小冊子。お勧めですよ。
 
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 21:13 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
ファミリーフォーラムのアブステナンス教育のご案内
 ファミリー・フォーラム主催のアブステナンス教育講座が4月18日(土)に横浜で開催されます。教会での性教育に役立てていただきたく願いご紹介します。初級なので、初めての方でも大丈夫ですよ。

第11回アブステナンス教育・指導者養成講座開催要項
コース 初級コースのみ
主催 ファミリー・フォーラム・ジャパン(FFJ)
参加資格 クリスチャンで牧師か宣教師から推薦された方
参加費 申込金 2000円+参加費 10,000円(テキストおよび参考書籍等を含む)

日時 2009年4月18日(土)午前9:00 〜 午後 5:00
会場 日本ナザレン教団青葉台教会(神奈川県横浜市 東急田園都市線青葉台駅下車 徒歩8分)
締切 4月3日(金)

 申し込みや問い合わせなどは以下のサイトからお願いします。
http://www.ffj.gr.jp/new/newsOsaka-Kanagawa.html
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 10:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
性教育、最低限のお仕事
 野球の世界では「最低限の仕事」という表現があるそうです。たとえば、相手投手に追い込まれてしまった打者が、ヒットは打てず、アウトになっても走者を進塁させる、とても打てそうもない投手からは四球を選び、次の打者につなくとか、そういうお仕事です。つまり、試合に出ている限りは活躍でできなくても、最低限の責任を果たそうとする姿勢が、選手には求められずはず。

 それは子どもの性教育の世界でも同様。「子どもの性教育で一番大切なことは?」と問われると、私は親としての最低限の仕事をもって、回答としています。それは「両親である夫婦が愛し合い信頼しあっていること

 両親が愛し合い、信頼し合い、共に生きる姿から、子どもたちは性を学ぶものです。「ママとパパは愛し合っている」「父さんと母さんはお互いを大切にして生きている」と子どもが実感できれば、それは性教育、最強の基盤だと言えるでしょう。

 両親夫婦という見本に触ながら、子どもたちは性がと結びつくこと、性が相手を大切にすることや共に生きる絆であることを、教えられなくても、理解し、受け止めていくでしょう。私は性教育は知識の伝達ではなく、本来、家庭生活の場で両親から教えられずして身に付ける部分があるのだと思うのです。

 離婚の増加や長時間労働などで、子どもが両親夫婦に触れないで生活してしまう現代は、そうした性教育における家庭の教育力も著しく低下してしまっているのでしょう。そこにマスコミの快楽主義、商業主義的な性情報が襲ってくるのですから、子どもの性意識がゆがんでしまうのはある意味当然でしょう。

 愛より快楽や欲望と結びついた性、相手を大切にすることより自分を楽しませることを優先した性、共に生きることを願わぬ刹那的な関係の中での性、そうした性のあり方の背後には両親夫婦のあり方やそうさせてきた時代や社会的な要因も見逃せないでしょう。

 親である限りは親として最低限の仕事はしましょう。性を通じていのちを継承した親は、子どもにも正しく性を用いるよう見本となり、伝えていく責任があると思うのですが、どうでしょう。
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 20:31 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
夜回り先生の性教育(2)
会場には男女各25名ずつの高校生。夜回り先生の質問。「愛する人の子どもを妊娠したら、高校生だけど絶対産む」と返答した女子は25名中1名。「愛する彼女を妊娠させたら、産んでもらい父親となる」という高校生男子は25名中5名。

 このことは何を意味するでしょう?女子高生は万が一妊娠したら、最後の緊急非難として中絶を想定しているということです。一方で中絶が心身にもたらす傷については無知な様子。一方の「愛し合っているなら、いいだろう?」と言ってくる高校生男子の8割は最初から、妊娠したら、愛する彼女に中絶させようと思っているということです。それが本当の愛と言えるでしょうか?女子高校生の皆さんはここのところをよくお考えて欲しいのです。「愛しているからいいだろう」の次には「もし、妊娠した中絶するよな」という無言のメッセージがコミなのです。

 さらに私は思います。残念ながら、このことが現実になったら、5名の男子のうちの4名は、この思いを捨ててしまうでしょう。いよいよ、彼女が出産し、自分にリアルな責任が生じることを知り、家族からも圧力をかけられる中、実際にその5人が自己保身をせずに、彼女に対して一生の責任を負う決断をするとは思えません。私自身が接してきた事例や間接的に知っている事例からもそれは明らかです。

 日本では、10代で妊娠した場合は、70%以上が中絶となるそうです。妊婦が女子高生となれば、残念ながら、ほとんどが中絶でしょう。こうしたアンケートの中、「なぜ、中絶したのですか?」に対して「女子高生だから」という回答があったとか。

 「中絶した時、女子高生であったあなたは、妊娠する前から女子高生だったはず。さららにエッチする前から既に女子高生で、妊娠したら産めないと思っていたはず。それなら、最初から、妊娠の可能性のあることをすべきでは、なかったのでは?」と考えるのは、あまりに単純なのでしょうか?

 「今の選択や決断がどういう結果をもたらすか」を考えて、行動するのは人間として当然のことです。私たちの多くは、それがあるから、犯罪に手を染めたり、反社会的な行為をしないわけです。どうも、恋愛と性の世界だけは例外で「その場の雰囲気、盛り上がり、気分が大切」「その後どうなるかを考えるなど不純」「後先考えぬことこそ純愛」という風潮があるようです。

 聖書は「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして愛しなさい。」と命じています。みなみななみさんは「脳みそ使って愛せよ」と訳しています。これは正しい訳だと思います。相手と自分のその後の幸せを考えることが愛であるはず。愛は知、情、意の全力投球。頭を使い、想像力を働かせる面が欠けるなら、独りよがりの愛場当たり的瞬間時の感情的愛は、結果的には愛とは正反対のものになりかねません。
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 09:01 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
夜回り先生の性教育(1)
 ここ数日、かなり神経をすり減らし「アエラ報道」について書いてきましたが、疲れました。一定の役目?は果たせたかな?と思いますし、正義感や使命感が独りよがりになりそうなところもあるので、まずは、一休みです。

 一昨日、金曜深夜の「R30」なるテレビ番組の中で、夜回り先生、水谷修さんが、性教育の講義をされました。水谷修さんは、カトリックのクリスチャン、若い頃は、「神父になるか教師になるか」で悩まれた方です。夜回りはまさに隣人愛の実践、キリストの歩みそのものなのかも?

 そんな水谷修さんは夜回り先生となり、中高生の性の壮絶な問題にも対処してこられました。キリスト者として、様々な葛藤もあったでしょうが、「きれい事ではない、しかし、本当の性のあり方」を語ってくださいました。(背景には結婚相手とのみという思いがあることも伺えました)

 夜回り先生はあることで、非難されているそうです。それは、妊娠した女子中学生や高校生に中絶しないで出産をすすめるからです。もちろん、「産んで育てられないなら、自分が受け止めるから」とおっしゃいます。テレビでは「児童養護施設があるから」と説明していますが、カトリック系の団体も背後にはあるのでしょう。同じ使命に生きるものとしてどれだけ勇気付けられたことか。

性は好みや愛の確認作業だけではなく、いのちをつなぐこと」と性を聖書的に位置づける夜回り先生。最後は、いのちは自分だけのものではないことを訴えられ、「だから、いのちへの厳粛な思いと責任をもって、きれいな性と美しい愛で、いのちを引き継いで欲しい」とアピールされました。

 先日自分自身が公立中学でお話した内容と酷似していたこともあり、自分のことのように、感激しています。キリスト者が信仰を表明せずに、一般の社会で性といのちを語ることは、並大抵のことではありません。

 きれいごとで終わっては信頼を得ません。だからといって、本当の性のあり方を示さなければ、キリスト者としての責任放棄になりかねません。「きれいごとでなく、本当の性のあり方を示して」おられた今回の講義は、キリスト教界にとってもひとつのモデルとなると思います。

 勝手なお願いが一つあります。我が家はDVDで録画ができないので、ビデオ録画しかありません。読者の方で、同番組をDVD録画された方がいらしたら、お譲りいただけないでしょうか?コメント(非公開)かフォームメールにてご一報下さい。(連絡先をお忘れなく)
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 07:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
拙著「ヤンキー牧師・・・」使用法
 J+Passion Tokyoでは10団体ほどのブースも設置。よく見ればいつもお世話になっているPBAの方々もいらっしゃいます。ご挨拶申し上げますと、笑顔で応答。「先生の本にはまっています」とうれしい言葉。

 そして、とても有益なアドバイスをいただきました。なんと、その方は拙著のコントをスキットなどにして演じようと企画中だとか!中高生に上から目線で教えても、性や恋愛については心を閉ざしがち。そこで、そうした伝え方をしようというもの。

 これはグッドアイデアとは思いませんか?読者の皆様もぜひ、ご検討を。
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 15:34 | comments(2) | trackbacks(0) | - | - |
赤信号で交差点進入させる性教育?
 昨日は初めて、キリスト新聞社におじゃましました。拙著の愛読者だとおっしゃる記者の方から、以前に連絡をいただいており、今回の訪問となりました。

 おじ様だと思っていたら、出てきたのは、若くて超イケメンの記者!記者になる以前は学校教師で、青年・学生への宣教や性教育に重荷がおありということで、熱く語り合ってしまい、2時間近くお話しました。(ちょうど、今週のキリスト新聞イースター号は性教育の特集ページがあります。)お話の中で、格好のブログネタがありましたので、ご紹介。私の記者の方の会話を編集した合作です。(特に赤信号は記者の方のご指摘で秀逸)

 日本の性教育は、自動車学校にたとえるなら、運転技術や自動車のメカを教えながら、交通法規や交通マナーを教えないようなもの。体のことや避妊方法を教えながら、相手を思いやる心や恋愛のマナーやルールは教えないのですから。

 そこで、赤信号でも交差点内に進入してしまう中高生や若者たち。愛するということは相手を大切にすることという交通マナーを知らない男は、愛と欲を取り違えて「愛し合っていたら当然だろう」と要求。女性にとっては、この語りかけはまさに赤信号。停車して、青信号を待つべき。それなのに一旦停止することもなく、交差点内に進行。この運転行為は危険極まりなく、時には事故や取り返しのつかない悲劇に。

 なぜ、赤信号で交差点に進入してしまうのか?一つは交通法規を教えられていないから。もう一つは「みんなが赤信号でわたっている」から。

 まさに「赤信号 みんなで 渡れば 怖くない」の世界

 性の世界、赤信号で渡ったが故の事故や悲劇が、語られ、メディアで伝えられることは稀。莫大な数の人身事故と死亡事故は、報告されないために、本当に渡っても怖くないと信じている若者たち。事故は隠蔽され、安全な前例だけが報道されています。まさに、情報操作です。

 ビートたけしさんがヒットさせ、日本に定着させたこのギャグ川柳。これには次のようなパロディーがあります。

 「赤信号 みんなで渡った ほら死んだ」

 性の世界では赤信号で交差点に進入すれば、高い確率で事故るのです。ときには、中絶という死亡事故も。あるいは女性の人格が否定されるような人格上の死亡事故も。

 つくづく思います。メカと運転技術の前に、交通ルールと交通マナーの教育を!
 
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 11:16 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
はっきり聞きたい若者たち
 私の経験上、恋愛と性についての聖書の真理については、若い世代の態度は二極化しています。一つは「聞きたくないという態度」。つまり、性や恋愛というプライベート空間に神様の介入を拒んで、自分が主人公でありたいという態度。そして、もう一つは、純粋に「真理を知って従いたい」と願う態度。聖書が恋愛や性についてどう言っているかを知りたい、そして、従いたい、その分野も神様に祝福されたい」という姿勢です。

 今回は後者のタイプについて記しましょう。2月初旬には神学校で講義。一番多かった感想は「はっきり言ってもらってうれしかった」「スッキリした。」つまり「教会で不明瞭に伝え聞いていたこと」について「聖書は本当にそういっている」という確信になったもよう。将来指導的な立場になるであろう学生たち自身も性や恋愛にはなかなか確信をもてないのが現実。聖書からのストレートが基準が語られることは必須。

 先日はある教会で中高生担当の方から、うれしいご報告。その方は、性や恋愛について、はっきり中高生に語ったそうです。反発や「そうはいっても・・」の応答があるのでは?との危惧もあったそうです。しかし、高校生から帰ってきたのは、素直な心からの「ありがとう」。きっと、はっきりと伝えるその背後にある真実な愛を受け止めてくれたのでしょう。性や恋愛については、特に裁き心や自分の願いを伝えるのではなく、真実に若い魂を愛して語ることの大切さを思います。

 以前、ある青年は、「洗礼準備で、牧師先生から、女性との性関係はよくない程度の指導を受けた。自分ははっきりとそれは罪であり、神様を悲しませることだと聖書の通りに言って欲しかった」と不満をもらしていました。

 指導する側の躊躇ややりにくさはよく分かります。はっきり言えないのは自己保身ではなく、相手への愛の配慮の故だということも理解しているつもりです。しかし、はっきりと伝えないことが、結局、神を愛し従う気持ちのあるクリスチャンにも罪を犯させ、祝福の道から遠ざけることにつながりかねないのは事実でしょう。

 そして、実際に多くの若者たちははっきりと聞きたいのです。若さの素晴らしさは真理に対して素直に従っていこうとする純粋さです。指導的立場にあるベテランクリスチャンはそうした純粋さに期待して、恐れずに真理をまっすぐに語っていただければと願うばかり。

 義しさのない愛は、甘やかしに過ぎません。愛は相手が義の道を歩み祝福を受けることを願います。はっきりと何が罪で何が義の道であるか、教え示すことの難しさとともに大切さをあらためて実感。
| ヤンキー牧師 | 性教育関連記事 | 09:10 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>
+ RECOMMEND
+ RECOMMEND
+ SELECTED ENTRIES
+ RECENT COMMENTS
+ RECENT TRACKBACK
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE